非同期スニペット

「Web制作」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Retina(レティナ)対応について

投稿日:

img-apple

iPhoneやiPad、その他高解像度のスマートフォンやMacのパソコンの製品に詳しい方であればご存じかと思いますが、これらの機種に搭載されている「Retina(レティナ)ディスプレイ」とウェブサイトを制作していく上での関わりについて記載いたします。

Retina(レティナ)ディスプレイとは?

アップル社製製品のうち、高精細ディスプレイを搭載したモデルに与えられる名称、およびディスプレイそのものを指す名称である。「Retina」は英語で「網膜」という意味で、画素が細かく人間の目で識別できる限界を超えている、ということから命名された。レティナディスプレイは、前のディスプレイと比べ、画面解像度とコントラストが4倍ほどに達し、もっと鮮やかで深い色になる。

参考:wikipedia

参考のウィキペディアからもわかる通り、レティナディスプレイは従来のディスプレイと比べてかなり解像度の高いディスプレイになります。主にiPhone4以降のiPhoneやiPad、その他Appleの製品に搭載されています。最近ではAndroid携帯でも高解像度の端末が多く発売されています。

ウェブサイト、ウェブアプリとの関係

レティナディスプレイにウェブサイトやウェブアプリを対応させていない場合、従来のウェブサイトやウェブアプリでは、これらの高解像度の端末で一部分の写真や画像等を閲覧した際に、画像が荒く感じてしまう可能性があります。

これらの端末に画像を対応させるためには、掲載したいサイズの2倍の画像を用意する必要があります。
用意した2倍の画像を掲載したいサイズに調整し、ウェブサイトに掲載します。

この様に、ウェブサイトでこれらの端末に対応させるためには、画像の調整並びにサイトのコード等の調整を行う必要があります。

イメージやブランディングを重視するビジネスにおいては、信頼性を落とさないためにも、ウェブサイト等はこれらの端末にも対応したウェブサイトが必要となってくるでしょう。しかし、そのために画像全てを対応させるとトラフィックが増えてしまい、サイトが重くなる可能性があります。

スマートフォンで閲覧できる様にサイトを対応させる際と異なり、レティナディスプレイに対応するポイントや目的を検討する必要があるかと思います。
下記参考は、PCとモバイルの関係を記述した内容になります。

参考:Googleなどの検索エンジン、売り上げシェア減少

まとめ

現在の状況においては、iPhoneなどのスマートフォンやタブレットにしか影響を及ぼさないので、サイトを全てのディスプレイにに対応させるために修正する必要はないかと思います。
また、レティーナディスプレイ対応の端末でもブラウザの影響を受けて見え方が変わってしまう可能性もあるため特段対応を急ぐことは無いかと思います。

IE11でホームページが正しく表示されないときの対処方法

投稿日:

IE(インターネットエクスプローラー)でホームページを閲覧している際に、正しく表示されない時の対処方法をご紹介したいと思います。
対処方法を施すことによって表示が改善される可能性があります。

1.パソコンを再起動する

パソコンを再起動して、ホームページが正しく表示されるかどうかを確認します。お使いのOSによって再起動の手順が異なりますので注意してください。

2.互換表示を有効にする

ホームページが、IE11に対応していない場合は、レイアウトが崩れて画像や文章が誤った位置に表示されてしまいます。互換表示を有効にしてみましょう。

参考「互換表示とIE11」:http://www.wasabi3.com/2014/07/gokanie11/

3.信用済みサイトに登録する

IEのセキュリティ機能により、ホームページを表示する処理が一部制限されてしまうことがあります。ホームページを信頼済みサイトに登録して、キチンとページが表示できるかどうか確認してみましょう。

ie-2

1、「歯車マーク」→「インターネットオプション」をクリック
2、「セキュリティ」タブをクリック
3、「信頼済みサイト」をクリック
4、「サイト」ボタンをクリック
5、「このWebサイトをゾーンに追加する」の下に、登録するWEBサイトを入力
6、「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外す
7、「追加」ボタンをクリック
8、WEBサイト下に登録するサイトのURLが表示されているのを確認した後「閉じる」ボタンをクリック
9、「OK」ボタンをクリックして「インターネットオプション」を閉じます。

4.拡張保護モードを無効にする

拡張保護モードが有効だと、Flashなどが制限されて、ホームページが正常に表示されない場合があります。拡張保護モードを無効にし、確認してみましょう。

ie-1

1、「歯車マーク」→「インターネットオプション」をクリック
2、「詳細設定」タブをクリック
3、「拡張保護モードを有効にする」のチェックを外す
4、「OK」ボタンをクリックして「インターネットオプション」を閉じます。

5、アドオンを無効にする

プラグインなどの動作が、ホームページの表示に影響することがあります。
アドオンやブラウザー拡張を無効にし、表示されるかどうかを確認しましょう。

ie-3

1、「歯車マーク」→「アドオンの管理」をクリック
2、「ツールバーと拡張機能」をクリック
3、「右の一覧から、無効にするアドオンの名前をクリック
4、「無効にする」ボタンをクリックします。

6、設定を初期化する

Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)の影響により、ページが表示されないことがあります。設定を初期化し確認してください。

7、セキュリティ対策ソフトを一時的に停止する

セキュリティ対策ソフトによって、Internet Explorerの動作が制限されることがあります。
セキュリティ対策ソフトを一時的に停止し、ページが表示されるかどうかを確認します。

セキュリティ対策ソフトによって設定が異なりますので、対策ソフトに確認して、一時的に停止する方法を確認してください。

まとめ

以上のような対処方法をおこなっても表示が治らない場合は、ホームページの設定そのものを修正しないといけない可能性があります。

そのような場合は、弊社のようなWeb制作会社に相談してみてください。
サイトの中身を分析し、どのような対処が必要なのかご提案させていただきます。

 

ワードプレス(WordPress)の父「Matt Mullenweg」インタビュー記事のご紹介

投稿日:

株式会社THEBRIDGが経営するブログメディアにWordPressコミニティの長で、WordPress.comの運営元AutomatticのCEOであるMatt Mullenwegのインタビュー記事が掲載されました。

参照:http://thebridge.jp/2014/06/wordpress-automattic-matt-mullenweg

日本のWordPressコミニティについて

彼は今回アジア太平洋地域のWordPressコミニティを巡る中で日本に訪れた様です。その前に来日したのは5年前で、その当時の日本はスマホやタブレットが全盛というわけでなく、まだまだガラケーのシェアも高い状況でした。ガラケーで携帯用のページを見ている人もまだまだ多い状況でした。

しかし、現在の日本はスマホのシェアが非常に高く、ダブブレット等を通してウェブサイトにアクセスする割合も増えています。この様な現在の日本でのWordPressコミニティの状況に対し彼はこの様に答えています。

現在の日本の WordPress コミュニティの状況は、野球で言うなら、まだ1イニング。
だから、もっとWordPress を日本で広めたい。
そのためにも、日本から優秀な人を雇用したい。それが今回の来日の大きな目的の一つだ。

この様な日本のWordPressコミニティはまだ初期段階であり、2005~2006年位のアメリカのWordPressコミニティの状況に似ているようです。

運営元Automatticの日本人

現在Automatticの社員は250人程度います。世界中のどこで仕事をしてもいいことは、Automattic の雇用体系の特徴の一つで、250人の社員のうちサンフランシスコのオフィスに常駐する社員は15名程度しかいません。
残念ながら日本人社員は現在のところ、東京に常駐する高野直子氏の他には居ません。

それなりのユーザーが居る日本のWordPressコミニティにより良い環境にするためにも、日本人が入社することを望んでいるようです。

今後のWordPressについて

約1ヶ月ほど前、Automatticが投資ファンドから1.6億ドルの資金を調達したというニュースがありました。それに対する質問に対してこのように答えています。

典型的なIPOより、大きな金額をVCからの資金調達で賄えたんだ。
会社は自分達でコントロールしたいし、今のところIPOの必要は無い。
WordPress は2ヶ月前に11歳になった。
今回調達した資金は、WordPress のこれからの10年に備えるためのものだ。

今回調達した資金は、iPhoneやAndroid向けのモバイル最適化に向けて開発体制を作っていく様です。モバイルで欧米の先を行く日本から、WordPressの開発に加わってほしいと思うのは当然の事でしょう。

今後のWordPressの動向のなかで、日本だけに縛られず世界に飛び出していけるような人材が、WordPressを単なるブログ環境やCMSという概念に囚われるのではなく、新しいステージを生み出していってほしいと思います。

CMS導入のメリットとデメリット

投稿日:

CMSとは?

CMSとは【コンテンツマネジメントシステム】を省略したものです。ウェブサイトの内容などを管理・更新できるシステムのことを言います。

ウェブサイトの内容を編集するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの専門的な知識を使ってレイアウトの定義や装飾などを行ない、ページ間にリンクを設定するなどの大変手間のかかる作業を行なう必要があります。
CMSはこれらの作業をなるべく簡単に行えるよう、専門的な知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで簡単にウェブサイトを更新することができます。また、新着情報など、必要なリンクの更新を自動的に行うことが出来ます。
つまり、専門的な知識を学習することなく、ウェブサイトを更新・管理できるシステムです。

CMSのメリット

CMSのメリットを編集と運用の2つの視点から見てみたいと思います。

編集上のメリット

  • ・専門的な知識が無くてもページを作成できる。
  • ・編集の際に発生するミスを減らすことができる。
  • ・お知らせなどの更新が自動的に反映される。
  • ・サイト全体のデザインが統一される。
  • ・サイト全体のデザイン変更が簡単に行える。
  • ・デザインとコンテンツが分離されているため作業の分業体制が明確である。
  • ・作業を社内スタッフで行え、コスト削減と時間短縮が出来る。
  • ・サイトの内部構造が明確なのでSEOに強い。

運用上のメリット

  • ・複数の人間で管理、更新することができる。
  • ・更新管理できる部分の権限を細かく割り振ることができる。
  • ・更新管理を厳格にできる。
  • ・更新履歴により、すぐに修正可能で責任の所在が明確になる。
  • ・更新や修正に時間がかからない。
  • ・指定した時間に更新できるので時間に拘束されない。
  • ・サーバー等ををまとめることにより、運用コストが軽減される。

この様にCMSを導入すると様々なメリットを挙げることができます。
導入することで多くのメリットを得ることが出来ると同時にデメリットも発生します。

CMSのデメリット

  • ・CMSの操作方法や機能を習得しなければならない。
  • ・既存のコンテンツを移行させなければならい。
  • ・CMSの導入に結構なコストがかかる。
  • ・レイアウトが統一されているためデザインに制限がある。

以上のようなデメリットが挙げられます。

CMSを導入するかどうかはメリットとデメリットをしっかりと捉え判断する必要があります。
企業にとって、ウェブサイトを活用したマーケティングの重要性が増す中、ウェブでのマーケティングを行っていく上で、マルチデバイス対応、CRM連携、ソーシャルメディア対応など様々な要件が増えています。
その構築・運用コストを考える上で、CMS導入、クラウド化は必要不可欠であると思われます。

よくある質問ページについて

投稿日:

ホームページのコンテンツの中で「よくあるご質問」や「FAQ」、「Q&A」など頻繁に尋ねられる質問とその答えを集めたページがよく見られます。

なぜ多くのサイトで作られているのでしょうか?

「よくあるご質問」はよく見られている

とある企業がサイトをリニューアルする際、「ユーザビリティテスト」(※)を行いました。その結果、テストに協力した多くの方が、この「よくあるご質問」のページにアクセスすることがわかりました。

この様なテストで「よくあるご質問」のページはサイトを制作する上で重要なコンテンツであることがわかります。

ユーザビリティテスト
想定するターゲット像に近い被験者が実際にホームページを利用する様子を観察し、どのようにホームページ内を移動するのか、どんな気持ちでリンクをクリックしているのか、といった行動や心理を記録、分析する調査です。

「よくあるご質問」ページを用意する目的

①不明点のあるアクセス者に、適切な回答を提供する。

アクセス者からよく質問を受ける内容を、あらかじめまとめておくのが目的です。

よく質問を受けるということは、その点について同じような疑問を持つ人が多い、ということでもあります。そこで、あらかじめその質問と答えを掲載しておき、自己解決ができるようにしておきます。これにより、アクセス者は、いちいち問い合わせする手間がなくなり、また企業も、同じ質問に何度も答える必要がなくなります。

このときの「質問」は、ホームページから寄せられたものだけにする必要はなく実際のご商売で受けた質問などをまとめても良いでしょう。

②サービス等に興味を持ったアクセス者に、こちらが伝えたい情報をQ&A形式で自然に読んでもらう

必ずしも実際の質問ではなく、企業がアクセス者に是非読んでもらいたいことを掲載するという目的です。
「よくあるご質問」ページはアクセス者がよく訪れるページです。
そのことを利用し、アクセス者に読んでもらいたこと、伝えておきたいことをQ&Aという形で載せておくのです。
そうすることで、アクセス者に的確にポイントを伝えることができ、企業にとってもメリットを伝えることができるので、両者にとって有用なページと言えます。

この様な「よくある質問」はWEB上でサービスを行うような、WEB上でアクセス者と企業の関係が完結する際や、サービスを行っている企業には必須項目とされています。
しかし、コーポレートサイトなどの企業自身の公式Webサイト等には載せていないこともあります。

誰もが1度は経験する悲劇!を防ぐため 秀丸エディタ自動保存設定

投稿日:

ホームページバックアップにおすすめ秀丸エディタ

ホームページのバックアップツールとしてお勧めするのが秀丸エディタです。文字コード等も変更できるためHTMLやCSSを保存する際には重宝します。

秀丸エディタ

ただ、1点デフォルト設定では起こりうる悲劇があります。それは、内容保存する前にPCが落ちてしまって数十分、数時間かけたデータが消滅してしまうこと・・・。ブルースクリーンの悲劇は秀丸エディタに限ったことではありませんが、普段Wordなどに慣れていたら最後の最後まで保存し忘れることも。(Wordは自動保存復活ができます。)

動作環境の設定で自動保存

但し、悲劇も設定次第で回避することができるのでご紹介します。

上部メニュー
→その他
→動作環境
→上級者向け設定にチェックをいれる
→ファイルをクリック
→自動保存
→指定フォルダに自動保存するチェック。任意のフォルダ選択
→更新回数(編集を加えた回数)、遅延時間(キー入力のブランク時間)を設定します。

例として更新回数1回、遅延時間6秒に設定した場合は一度編集を加え、かつ6秒以上秀丸で文字入力を行わなかった場合自動で指定フォルダにバックアップファイルが生成されます。せっかく長い文章作ったのに保存前に消えた・・・という悲劇に合わないためにも是非設定をしてみて下さい。
ちなみに正しく保存終了されたらバックアップファイルは残りません。

Posted by Nakagawa

Google と相性の良いサイト

投稿日:

google

ホームページを作成、公開するといよいよインターネットの世界で閲覧可能となります。ホームページに到達する道のりとしては、URLを直接入力することやリンクをたどってくることなどももありますが、一番ポピュラーなのが検索エンジンを経由することです。

検索エンジンは該当のページをデータベースに登録することで目的のキーワードで表示されるようになりますが、このデータベースへの登録をインデックスといいます。

検索エンジンの代表格にGoogleがありますが、そこにもやはりインデックスされやすいものとそうでないものがあり、ホームページを公開するにはその基準を知っておくことが大切です。

そのポイントとしては

  • ■ユーザーが探している情報を提供する
  • ■他のサイトからリンクが貼られるようにする
  • ■サイトを簡単にアクセスできるようにする
  • ■避けていただきたいこと

の4点がありますが、順を追って詳細を読み解いていきます。

まず「ユーザーが探している情報を提供する」について。
一言でいうと質の高いコンテンツ、サイトの内容と合致した情報を公開しているかということです。ユーザーにとって有用な情報が含まれているページはサイトの人気が上昇し、ほかのサイトからのリンクもされやすくなります。大切なのはそれぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述すること。ページを検索するときにどのような言葉を入力するかを考慮し、その言葉を使用します。

次に「他のサイトからリンクが貼られるようにする」
他のサイトからのリンクがあるとクローラーがサイトを見つけやすくなり、それだけ検索結果に表示されやすくなります。リンクの存在を検索に重要かつ関連性のあるページとしていますが、例えばあるページA(リンク元)が別ページB(リンク先)にリンクを設定した場合、リンク元Aからリンク先Bに「重要度の投票」があったものと認識され、それを受け取ったページBはより重要なサイトとして判断されます。
ここで留意しておきたいのが「自然なリンク」と「不自然なリンク」です。「自然なリンク」はユーザーが便利、あるいは価値があると判断されたウェブサイトについて増えていくもので、「不自然なリンク」はページの人気を見せかけるために作られたものです.。Googleのウェブマスターツールにおける「品質に関するガイドライン」の基本方針でも、「検索エンジンではなくユーザーの利便性」や「検索エンジンのランキングを上げるための不正行為をしない」といったことがあげられており、「不自然なリンク」の設定は厳しくチェックされます。

では「サイトを簡単にアクセスできるようにする」とはいったいどういうことでしょうか。

サイトを論理的なリンク構成で作成します。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

とありますが、これだけではまだ見えてきません。さらに読み進めると、

JavaScript、Cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Macromedia Flash などの機能が使われていると、テキスト ブラウザではサイト全体が表示されません。

とあります。これは言い換えるとアクセシビリティ、構成が整理されたHTMLであるかどうかといった点です。

最後に「避けていただきたいこと」
過剰なキーワードといった不正なクローキングやユーザー向けでないページやリンク、テキスト(隠しリンクや隠しテキストなど)は絶対に避けてください。Googleにより不正と判断され、インデックスされないことがあります。
これは意外と盲点かもしれませんが、重要な名前やコンテンツ、リンクに画像を使用しないことも大切です。Googleのクローラーは画像内のテキスト情報は認識できないからです。そのため、画像を使用する場合はALT属性を使用します。

【参考】
Googleと相性の良いサイト
Googleウェブマスターツール

posted by fujii

動画コンテンツの可能性

投稿日:

ホームページやネットショップの商品ページなど、サイト訪問者に興味を持ってもらうためにさまざまなコンテンツを設定しますが、その中で動画を活用するのも効果的です。

実はページというものはほとんど見られていません。大づかみに認識し、必要な情報がなければすぐ離れていってしまいます。
一説にはページ滞在時間3秒で必要かどうかを判断するといわれています。

そこで、ユーザーが求めている情報を瞬時に判断できるようページを構成していくことが大切になりますが、そのひとつとして動画の活用が考えられます。

動画の魅力はやはり「動き」があること。動きがあることによりアクセス者の興味を惹く効果は見逃せません。知覚情報の8割が視覚情報によるものなのでまずはそこを押さえておくことが肝要です。その視覚情報の8割が色による情報とされていることも重要です。つまり、単色よりも複数の色づかい、かつ変化が生じる動画を活用することで、より印象的なページ作りが可能となります。

同様に、アクセス者は画面をスクロールすることなく見ることができる領域(ファーストページビュー)をチェックしますが、そこに動画があるというのはひとつのポイントとなります。
一つのエリアに画像やキャッチコピーを複数表示できるため、小さなエリアに多くの情報を盛り込むことができます。全体の雰囲気や内容が分かると次のページへの回遊もしやすくなり、結果として質の高い訪問(本当にその情報を求めている訪問)につながります。

次にあげたい動画の魅力としてはコンテンツをひとつ加えることにより大きな変化が期待できるということです。見た目を整えるとなると全体のデザインの調整となりますが、それは費用面や時間面で必ずしも有効とはいえません。例えば季節に応じて、キャンペーンやイベントのためにデザイン変更というのは確かに魅力的ではありますが現実的ではありません。
その点、動画であれば作成したもの差し替えるだけで印象や発信する情報を簡単に変えることができます。

ここまで動画の魅力をあげていきましたが、そもそもの動画作成が大変だという声もあります。しかし、写真をスライドショーのように切り替え、適宜メッセージを発信するというものも上記の効果を期待できますので、動画の構成や伝えるメッセージをしっかり練ってから作成すればそれほど複雑な動画である必要はありません。ウィンドウズムービーメーカーなど、写真配置やメッセージ挿入などを感覚的に操作できるソフトも数多くありますので比較的手軽に動画作成することができます。

また、作成した動画はページ内に埋め込むだけでなく、youtubeやfacebookに投稿することをオススメします。youtubeやfacebookは検索に強いので、社名や商品名などのキーワードを設定することでページの「入口」を増やすこともできます。

posted by fujii

Googleアドワーズを始める

投稿日:

ホームページは作ってからが大切といいますが、作ったホームページに集客し、そこからコンバージョンへと成果を上げていきます。その方法の一つとしてあげられるのがGoogleアドワーズです。

他の誘導手段として考えられるSEO、twitterやfacebookといったソーシャルメディア、メールマガジンとの違いを考えてみます。

SEOは適切なキーワード設定やディスクリプションにより、検索による誘導を最大化することができます。ただし即効性は低く、不適切あるいは余計なキーワードの設定によりペナルティを受けることもあり、確実な上位表示ができるとはいえません。

次にソーシャルメディアですが、バイラルマーケティングを発生させ、広げることで集客力は加速度的に上昇します。しかし、その効果はあくまで一過性であり、また意図した方向に口コミを広げられるかはかなり不透明です。

メールマガジンはリスト化された見込顧客に直接アプローチできるため、信頼関係に基づいたアプローチが可能です。ただし、リストの件数以上のアプローチは物理的に不可能であり、また継続的に適切な情報発信ができないと見込顧客は離れていってしまいます。

つまり、「費用対効果」で考えると、上記の手段はあまり魅力的でないといます。ここでアドワーズ(検索連動型広告)について検討してみます。

その特徴としてキーワードを自由に設定できるため、より効果の高いユーザーを誘導することができます。またキーワードは定期的に変更ができるため、より効果的な集客につながります。

ここで注意しておきたいのが、キーワードの価格は入札制になっており、競合の多いキーワードはそれだけコストが高くなるということです。

そんなアドワーズは制作会社が制作後のオプション、あるいは運用プランとして使うことが多いですが、自社でアドワーズを利用しているとクライアントへの提案が多くなります。あたりまえのような話ですが、アドワーズを提案する制作会社は自社でのノウハウがあるからこそできるといえます。

アドワーズ利用の最初の壁と考えられるのがスキル面、営業や社内のリソース、具体的な利用方法がわからないなどがありますが、それらを解決するステップになるのがGoogleオープンビジネスパートナーというプログラムです。
アドワーズの概要、運用ノウハウ、提案活動におけるポイントという3つのステップに分かれたスターターキットを無償で手に入れることができ、5000円のアドワーズお試し券も発行されます。

ホームページは作ってからが改めてスタートです。それはホームページをどう運用・活用していくかを考えていくということですが、その手段の一つとしてアドワーズは非常に魅力的といえます。

Posted by Fujii

Web担当へのメッセージ その2

投稿日:

ホームページは、運用さえ間違えなければ確実にビジネスツールとして使えます。

しかし、現状は「スキルがあるスタッフがいない」「費用が発生する」などの理由で放置されているホームページが数多くあります。
わたし達から見るとそれは、会社やお店の看板が草に覆われているように思われ、清潔感や信頼性といった魅力を感じることが難しいです。
つまり、作られたまま放置されているホームページは、その役割を十分に発揮することができていないのです。

逆に、新鮮な情報を提供したりセールスポイントをわかりやすく掲載しているホームページは親しみがあり、商品の購入や問い合わせに繋がると考えています。

ホームページは育てるのには時間がかかりますが、教えたことはしっかりと実行してくれる心強いスタッフです。広報だけでなく営業やマーケティングでも力を発揮し、対外イメージの向上や、もしかすると新規顧客を発掘してくれるかもしれません。

ホームページは長く使ってこそ最大限の力を発揮します。最初は必要最低限から始めて、運営や管理を実際にやってみて気づいたことを元に徐々に大きくしていくという、「小さく始めて、大きく育てる」ことが大切です。

一番大切な、伝えたいことをしっかりまとめたホームページ

それを少しずつ洗練し、体質強化していく地道な作業が、長い目で見ると大きな効果を発揮します。そのことがホームページの潜在能力を最大限発揮し、最終的にはブランドイメージ向上にもつながるのではないかと考えています。

Posted by T.fujii

ページトップへ