非同期スニペット

「google」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

モバイル対応が検索結果に影響する?

投稿日:

blog-tablet

Googleがスマホ対応のサイトをモバイル検索結果で優遇する事を発表

Googleは、ウェブサイトがスマートフォンに対応しているかどうかを、モバイル検索のランキングの要因の一つとして使用する事を発表しました。

導入の日程として、2015年4月21日からを予定しています。

Googleはモバイルの検索結果において「スマホ対応」といったラベルの表示を行ったり、スマホ対応していないウェブサイトに対して、ウェブマスターツールから警告を行っており、スマホ対応の有無がランキング要因に使用されるのではないかと予想されていましたが、今回導入が正式に決定したようです。

参考:モバイル検索「スマホ対応」ラベル

blog-search02

検索結果への影響はあるのか?

今回の導入によって、検索結果にはかなり大きな影響を与えると予想されています。
具体的な影響範囲は不明ですが、目に見えて変動が起こる可能性もあります。
今回の要因の追加は、PCの検索結果とモバイルの検索結果の両方に影響するわけでなく、モバイルの検索にのみ影響されます。

そのため、PCでの検索結果とモバイルでの検索結果が大きく異なる可能性があるとされています。

検索結果の影響を考えると、モバイルの検索結果に対しては、スマートフォンやタブレットに対してのウェブサイトの修正を行わなければ、モバイルの検索順位が上位に表示されなくなりそうです。

モバイルへの対応方法

ウェブサイトをモバイル対応にするためには、どの様にしていけば良いのかは、
Googleはアナウンスの中で下記のツールを利用していくように推奨しています。

  • ウェブマスター向けモバイルガイド
  • モバイルユーザビリティレポート
  • モバイルフレンドリーテスト

ウェブマスター向けモバイルガイド

Googleが提供している、適切なモバイルサイトを構築するための公式のマニュアルになります。
ウェブサイトをモバイルに最適化する際には、参考にしてください。

参考:ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイルユーザビリティレポート

モバイルユーザビリティレポートは、ウェブマスターツールの機能のひとつで、モバイルユーザビリティに関するエラーをレポートする機能になります。
検索ロボットがモバイルに対応しているサイトかどうかの判断を行います。

レポートにでる可能性のあるエラーは6つになります。

  • Flash が使用されています
  • ビューポートが設定されていません
  • 固定幅のビューポート
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  • フォントサイズが小です
  • タップ要素同士が近すぎます

どのページでどのエラーが検出されたかもわかりますので、自身のサイトの問題点を把握する事が出来ます。

それぞれのエラーの詳細や対処法はヘルプを参照してください。

参考:ウェブマスターツール「モバイル ユーザビリティ」

モバイルフレンドリーテスト

このツールは、URLを解析し、ページの設計がモバイルフレンドリーであるかどうかをテストします。
サイトのURLを入力するとサイトがモバイルフレンドリーかどうか判断します。

モバイルフレンドリーの場合は下記の様に表示されます。
freiend-test01

モバイルフレンドリーで無い場合は下記の様に表示されます。
freiend-test02

参考:モバイルフレンドリーテスト

まとめ

今回の検索結果に影響を及ぼすのは、モバイル検索だけと言われています。

自身のサイトがモバイルが全く重要でないと完全に言い切れるならば対応する必要ありません。検索の結果から外されるわけではありませんが、検索結果が上位に表示されなくさる可能性があるため、モバイルからのサイトへの流入が多いウェブサイトは、今回の実施に対して対策行う必要があると思います。

今後、モバイルに対応していないサイトの検索結果への影響はどの様になるのかは、現時点では判断できませんが、まだモバイル対応を行っていない方は長い目で見て必要になる可能性があるという事を意識しないといけません。

Googleアナリティクス試験「GAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)」の日本語化

投稿日:

120430アナリティクス

GAIQとは

ウェブサイトの効果の検証などの際に必要になるものが解析ツールになります。
その解析ツールの中でも日本で多くの企業が採用している多機能でかつ、無料で出来るツールとしてGoogleアナリティクスがあります。
Googleでは、そのツールのプロの使い手の証明としてGAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)という資格を用意しています。

試験の変更

以前は有料で2時間の試験を行います。しかも全て英語での受験でした。
当時の試験は、回答後戻ることも可能で、しかも途中で止めて戻ることも可能でした。

しかし、そのAnalyticsの試験も、GooglePartnerに統合され無料で受験できるようになっていました。また試験問題も英語だけでなく日本語対応にもなりました。
今回の試験形式は、90分の試験で合格基準は80%となり、試験中は回答後戻ることが出来なくなっています。1週間後に再受験することも可能になります。

試験が無料になり、日本語にも対応されたことにより試験に取り組む壁が少なくなくなりました。アナリティクスの総合的な知識を持っている事を証明するためにも取得してみてはいかがでしょうか。

参考:https://support.google.com/analytics/answer/3424287?hl=ja

 

ペンギンアップデート3.0の実施予定

投稿日:

ec-google

アメリカグーグルのGary Illyes氏が2014年10月2日、新しいペンギンアップデートを来週にも実施することを明らかにしました。
先月、同社のジョン・ミューラー氏がペンギンアップデート3.0を2014年内に実施予定であることを明らかにしていましたが、具体的な時期については言及さてれいませんでした。

約1年ぶりのペンギンアップデートは、アルゴリズムの大きな書き換え、単なる更新以上の刷新になると言われています。

グーグルはこの様に検索者の入力した検索クエリに対して、表示するウェブページの順位を決めるために用いているアルゴリズムを常に更新しています。グーグルの大規模なアルゴリズム変更で有名なのが「ペンギンアップデート」、「パンダアップデート」、「ハミングバード」があります。

 

ペンギンアップデートはスパム的な要素に対してのペナルティ
参考:ペンギンアップデート

パンダアップデートは内容の薄い、質の低い要素を評価しないペナルティ
参考:パンダアップデートを日本語でも実施

ハミングバードについて
参考:Googleの「ハミングバード」について

この様に、グーグルのアルゴリズムのアップデートは様々なアップデートを重ねることで、質の高いウェブページを検索結果の上位に表示し検索者の元へ届けることを目的としています。

対策は必要か?

SEO対策等でこのアップデートにどのように対応すべきか心配する人もいると思います。
しかし、グーグルのアルゴリズムアップデートに対処するためにサイトを運営するのではなく、検索者に質の高い有意義な質の高い情報を提供することが大切になります。そうすることにより、検索エンジンのアルゴリズムアップデートに影響されないサイトが出来るのではないかと思います。

しかし、情報としてどの様なアルゴリズムなのかキチン理解しておくことも大切なことであります。ですので、情報をキチンと入手し、精査することが大切です。

約500万件Gmailのパスワード流出!?対象かチェックする方法

投稿日:

Gmailのユーザー名とパスワード流出か?

米国時間の2014年9月10日、約500万件にも及ぶGmailなどのユーザー名とパスワード情報の組み合わせが流出したと、複数のメディアが報じました。

報道によると、仮想通貨「Bitcoin」に関するロシアのオンラインフォーラムに、Gmailのログイン情報リストのファイルが「tvskit」と名乗るユーザーに投稿された様です。ファイルには、493万件のGmailアドレスとパスワードの組み合わせがプレーンテキストで記載されているとのことです。

ほとんどがロシア語、英語、スペイン語を話すユーザーのもので「tvskit」は「リストの60%は本物だ」と主張しています。

しかし、パスワードの多くは、長い間使われていない古いものか、あるいは別サイト用のものも含まれている可能性があるとのことです。

これに対し、米Googleは「グーグルのシステムに対する不正侵入によるものではない」とし、「公開されたユーザー名とパスワードの中で有効なもの(実際にログイン可能なもの)は2%しかない」と述べ、フィッシングサイトやマルウェア感染など、複数のソースで盗み取られた情報が組み合わせられた可能性を示唆している。

チェック方法

しかし、2%に過ぎないとしても、数万件の有効なアカウント情報が公開されてしまった恐れは残ります。Gmailアカウントを取得されている方は「自分も被害に合っていないか」と気になると思われます。

今回の流出事件に該当するかチェックできるウェブサイト「Check to see if your Gmail Account was Hacked」があります。

blog0912

参考(英語サイト):http://securityalert.knowem.com/

使い方としては、Gmailアドレスを入力欄に入れて頂き、「Search」を押すだけです。診断の結果、漏洩していなければ「Everything looks OK」と表示されます。

万が一漏洩していたり、自分のセキュリティ対策が不安であるのならばパスワードをリセットするよにした方が良いでしょう。

対策

また、対策としてセキュリティに関する設定を確認し、二段階認証の導入やログイン履歴の確認を行うように推奨してください。
さらにより根本的な対策として、強固で他者とはかぶらないパスワードを設定し、かつ複数のサービスで同一のパスワードを使い回さないことを推奨します。

「2段階認証について」:https://www.google.com/landing/2step/

Googleなどの検索エンジン、売り上げシェア減少

投稿日:

173935

 

ネットマーケティング分野の市場調査データで定評のある専門メディア、米「eMarketer」によると、今ではスマートフォンやタブレットのアプリで様々なものを検索する人が増えているといいます。このことは、GoogleやYahoo!などの大手検索エンジンにとって、売上シェアの減少を意味しています。

報告書によるとアメリカのGoogleのモバイル広告の売り上げシェアは2012年から2014年までで17%も減少したと報告しています。Googleのモバイル広告は2年前では、22億4000万ドルの検索市場のうちなんと82.8%をも保有していました。

しかし、今年の合衆国のモバイル市場は177億3000万ドルという巨額なマーケットで、そのうちモバイル検索広告はその半分にあたる90億2000万ドルであったが、Googleのマーケットシェアは65.7%にまで減少しています。(上図下表)

 

検索の変化

このような現象の原因として、検索の仕方が変わってきていることが要因だといわれています。

スマートフォンやタブレットの普及により、物事を探す時にパソコンを立ち上げて検索エンジンを立ち上げるという形から、スマートフォンを利用して探すという形に変わりつつあります。

同時に検索の方法も多様化しつつあります。

Googleなどの検索エンジンは、何でも探せ様々な情報が掲載されている汎用検索エンジンと言えます。しかし、どこが良いレストランなのか、今ほしいものをいくらで売っているか、などは簡単には教えてくれません。その際には、レストラン情報や口コミなどが多数掲載されているアプリや、地元のお店や企業を探すアプリ、近くのコンビニを探すアプリなどが利用されます。

この様な変化に伴い、検索エンジンからアプリへという移行が起きつつあるのです。

この様なモバイルでの検索へ移行を示す調査もあります。
ニールセンの消費者調査によると、消費者がインターネットを利用する時間はモバイルでは月平均34時間、これに対しデスクトップでは月平均27時間という結果も出ています。

 

ローカル検索の上昇

eMarketerの報告書によると、特定地域に関する情報を検索するローカル検索の伸びが著しいことがわかります。(上図上表)

米国を中心に25カ国でサービスを展開している世界最大級の口コミローカル情報サイト「Yelp
の広告収入の成長率が群を抜いています。Yelp上の地域のお店や企業にに対する検索は今年の成長率が136%、モバイル広告の売上が1億1900万ドルという予想が立てられています。(上図上表)

GoogleやYahoo、Bingなどの広告売上に比べると少額ではありますが、行動が変わりつつあるサインということがわかります。

2016年では、Yelpの広告売上シェアが2012年の3倍強という予想に対して、Googleの売上シェアは64.2%に落ちると予想されます。Googleも、シェアは落ちても売上が減少するわけではありません。過去2年間でモバイル広告は70億ドル近く増加したが、その中でGoogleのモバイル広告の売上は60億ドル近いのです。(上図上表)

物事を調べる際にデスクトップで検索するという行為よりも、身近なモバイルで調べることが多くなっているという傾向にあります。そのことにより、検索エンジンでは無く、必要としている地域の欲しい情報に応じたアプリを利用するユーザーが増えています。この様な傾向は今後日本でも見られることが予想されるでしょう。

 

 

 

 

Googleの「ハミングバード」について

投稿日:

hummingbird

検索アルゴリズム

検索アルゴリズムとは検索結果の並び順を決める上での決定法則です。
このアルゴリズムですが、検索結果を上位にするために法則を解明をしようとしても解明することが出来ません。
なぜなら、このアルゴリズムは確実に決まっているというものでは無いからです。また、アルゴリズムは一つだけでなく多くの種類から成り立っています。この多くの検索アルゴリズムは絶えず変化している為、24時間後には別物になってしまうのです。
Googleの最近の大規模なアルゴリズム変更で有名なのが「ペンギンアップデート」、「パンダアップデート」、「ハミングバード」があります。今回は一番最新の対規模な変更である「ハミングバード」に触れていきたいとおもいます。

ハミングバードの特徴

ハミングバードの最も代表的な特徴として「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。この様な変更の背景としてモバイル端末からの音声入力による検索結果の向上があげられます。

たとえば「ラーメンが食べられる家から一番近い場所はどこ?」と検索したとします。
この場合、「場所」は文字通りの”場所”を意味するのではなく実際のラーメンが食べれる店舗のことを指します。また「一番近い」や「家」は人それぞれ違い同じ意味を持つわけではありません。東京に住んでる人と大阪に住んでいる人とでは同じ単語でも表す意味が異なってきます。検索エンジンでは文字通りに捉えるため、求めている結果と違った検索結果が出てきてしまいます。
しかし、この場合ハミングバードでは、意味を理解し自分の家から近いラーメン屋を検索結果として表示する事ができます。

この様な「言葉の背後にある意味」を理解できるのがハミングバードの特徴です。

ハミングバード対策は必要?

SEO対策等でこのハミングバードにどのように対応すべきか心配する人もいると思います。
しかし、何か特別なことをする必要はありません。
今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが第一です。ただ、ハミングバードによって意味を理解する力をGoogleが向上させたというだけなのです。
つまり、検索ユーザーの探しているものを与えるコンテンツ、検索ユーザーの要求を満たすコンテンツをサイト全体として提供していくことが大切だということはこれまでとなんら変わりません。

 

 

以外と知らない?Gmail 豆知識 「過去メール」

投稿日:

Googleのメールサービス「Gmail」。スマートフォンの普及と共に飛躍的に認知度もあがり色々と便利に使えるメールサービスですが時々こんなことはできないの?と思ってしまうこともあります。そんな時に知っていると得をする豆知識をご紹介します。
(既に知っていたらすみません・・・。設定やバージョンによっても画面の見え方が異なりますのでご了承を)

8000件あるメールの内3001番目のメールを見たい

件数や場所はさておき過去のメールを振り返るのに1つづつ「>」ボタンを押して遡ったりしていませんか?一度に表示される件数を100件にしていたら数百件程度なら問題ありませんが、1000件を超えるとしんどくなってきます。そんな時に便利なのが直接ページを指定してしまう技です。

一度だけ「>」ボタンを押して頂きアドレスバーを確認すると最後の方が#all/p2となっているのが確認できると思います。このp2がページ数を表しているので例えば3001件目を表示させたい場合はp2を→p31に変更すると3001件目が表示されます。

今まで使ったことがなかった方は是非使ってみて下さい。

Posted by Nakagawa

Google と相性の良いサイト

投稿日:

google

ホームページを作成、公開するといよいよインターネットの世界で閲覧可能となります。ホームページに到達する道のりとしては、URLを直接入力することやリンクをたどってくることなどももありますが、一番ポピュラーなのが検索エンジンを経由することです。

検索エンジンは該当のページをデータベースに登録することで目的のキーワードで表示されるようになりますが、このデータベースへの登録をインデックスといいます。

検索エンジンの代表格にGoogleがありますが、そこにもやはりインデックスされやすいものとそうでないものがあり、ホームページを公開するにはその基準を知っておくことが大切です。

そのポイントとしては

  • ■ユーザーが探している情報を提供する
  • ■他のサイトからリンクが貼られるようにする
  • ■サイトを簡単にアクセスできるようにする
  • ■避けていただきたいこと

の4点がありますが、順を追って詳細を読み解いていきます。

まず「ユーザーが探している情報を提供する」について。
一言でいうと質の高いコンテンツ、サイトの内容と合致した情報を公開しているかということです。ユーザーにとって有用な情報が含まれているページはサイトの人気が上昇し、ほかのサイトからのリンクもされやすくなります。大切なのはそれぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述すること。ページを検索するときにどのような言葉を入力するかを考慮し、その言葉を使用します。

次に「他のサイトからリンクが貼られるようにする」
他のサイトからのリンクがあるとクローラーがサイトを見つけやすくなり、それだけ検索結果に表示されやすくなります。リンクの存在を検索に重要かつ関連性のあるページとしていますが、例えばあるページA(リンク元)が別ページB(リンク先)にリンクを設定した場合、リンク元Aからリンク先Bに「重要度の投票」があったものと認識され、それを受け取ったページBはより重要なサイトとして判断されます。
ここで留意しておきたいのが「自然なリンク」と「不自然なリンク」です。「自然なリンク」はユーザーが便利、あるいは価値があると判断されたウェブサイトについて増えていくもので、「不自然なリンク」はページの人気を見せかけるために作られたものです.。Googleのウェブマスターツールにおける「品質に関するガイドライン」の基本方針でも、「検索エンジンではなくユーザーの利便性」や「検索エンジンのランキングを上げるための不正行為をしない」といったことがあげられており、「不自然なリンク」の設定は厳しくチェックされます。

では「サイトを簡単にアクセスできるようにする」とはいったいどういうことでしょうか。

サイトを論理的なリンク構成で作成します。各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。

とありますが、これだけではまだ見えてきません。さらに読み進めると、

JavaScript、Cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Macromedia Flash などの機能が使われていると、テキスト ブラウザではサイト全体が表示されません。

とあります。これは言い換えるとアクセシビリティ、構成が整理されたHTMLであるかどうかといった点です。

最後に「避けていただきたいこと」
過剰なキーワードといった不正なクローキングやユーザー向けでないページやリンク、テキスト(隠しリンクや隠しテキストなど)は絶対に避けてください。Googleにより不正と判断され、インデックスされないことがあります。
これは意外と盲点かもしれませんが、重要な名前やコンテンツ、リンクに画像を使用しないことも大切です。Googleのクローラーは画像内のテキスト情報は認識できないからです。そのため、画像を使用する場合はALT属性を使用します。

【参考】
Googleと相性の良いサイト
Googleウェブマスターツール

posted by fujii

パンダアップデートを日本語でも実施

投稿日:

グーグルは、Googleウェブマスター向け公式ブログの7月18日付けエントリー で、パンダアップデートを日本語や韓国語サイトでも実施したことを発表しました。「パンダアップデート」とは、質の低いサイトの検索順位を下げ、検索結果を向上させるためのアルゴリズム変更の通称です。

パンダアップデートの目的はユーザーの役に立っていないと考えられるサイトをフィルタリングすることにあるため、以下のようなサイトが対象となります。

  • コピーコンテンツ
  • ユニークなテキストがほとんど追加されていないECサイト
  • 中身が薄いコンテンツ(テキスト情報がほとんどない)
  • 広告過多のサイト
  • いわゆるリンク集

この変更で最大5%のクエリが影響を受けるとされています。

結局のところ、自らコンテンツを生み出す独自性がないと品質の高いサイトとはいえないということです。
他のサイトからコピーしてきたものやテキストが少ないサイトは独自性に劣るため、今後は必要性の低いサイトとして認識されていきます。

本当に必要とされるウェブサイトとは何か、改めて検証される時期に入ったのかもしれません。

余談ですが、「パンダ」とは白黒はっきりさせるという意味が込められているとの事です。

参考:Google Panda Hits Japanese & Korean Languages

posted by fujii

サイトマップについて

投稿日:

初めて訪れるホームページの場合メニューやバナー、リンクを辿ることで色々なページを見つけられる楽しさがあります。ただ目的としているページがありそれを探している場合、ページ数がある大きなホームページになればなるほど見つけるのが大変です。そんな時便利なのがサイトマップというもので、例えるなら百貨店のフロア案内みたいなものです。よくホームページで見出しタイトルが一覧となりそこをクリックするとそのページにとべるページがありますがそれがサイトマップです。全てのページを一目で見ることができるので分かりやすく目的とするページが探しやすくなります。

今回は一般にホームページでよく言われるサイトマップとは別のサイトマップ、XMLサイトマップのご紹介をしたいと思います。冒頭でご説明したサイトマップはホームページを見ている人、人間のユーザーに向けての案内表示なのに対してXMLサイトマップはGoogle検索エンジンに対しての案内表示になります。

ホームページを作成してGoogleの検索窓からキーワードを入力すると誰からも見れるようにするにはまずGoogleにホームページが出来ましたよと報告しないといけません。Googleからは定期的に巡回のロボットがインターネット上を巡っているのでいずれかは見つけてもらえますが、ロボットも忙しくて大変なのですぐには来てもらえず、来てくれても隅々まで見てもらえるとは限りません。

参考:Googleへのサイトの追加

フロア案内の例でも服を売っている店の場所と名前は分かったけど実際にどういうブランドを取り扱っているかは行かないと分かりません。なので全ての取り扱いブランドを知ってもらうにはそのリストを店側で用意しないといけません。それがXMLサイトマップでありGoogleに対する詳細な案内表示みたいなものです。XMLサイトマップには表示されていないページなどホームページに含まれる全てのページデータが含まれます。よってXMLサイトマップを用意しそれをGoogleに報告することでホームページがあることを知ってもらう(インデックスされる)とともにホームページの問題やどういったページからリンクされているかなども教えて貰えます。

Posted by Nakagawa

ページトップへ