非同期スニペット

「参照元」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Googleアナリティクスで参照サイト(リンク元)の調べ方 

投稿日:

children

ウェブサイトを新規公開したらアクセス数はとても気になるところで日々の増減に一喜一憂するかもしれません。
ただ感じ方は人それぞれで1日に10人もサイトに訪問してくれてると感じる方もいれば、1日に100人しか訪問してくれていないと感じる方もいます。

業種や業態、サイトの目的にもよるので何人が多い少ないというのは言えないですが、あまり競合のサイトや数字自体のことは気にせずにまずは一定期間で出てきた数字をそのまま受け止め、その後その数字をどのように伸ばすかに注力することが大切です。

但し、初めの1,2カ月に出てくる数字に関しては参考程度にとどめた方が良いです。
というのはサイト公開時には身内からのアクセスが多く、エラーチェックや修正でも色々とサイトを細かく見ていくことが多いので今後の指標となるような健全なデータとはいい難いからです。

注目するべきはリンク元(参照サイト)

ウェブサイトのアクセス分析にはgoogle analytics(Googleアナリティクス)を使用するのがおススメです。
色々な指標があり便利なツールなのですがその分複雑でどこから見たらいいの?となるかと思いますが、注目するポイントの一つとしてリンク元をご紹介します。

リンク元はgoogle analyticsの用語で言えば正式には参照サイトといいます。
例えば外部サイトに御社のウェブサイトのURLが貼られていてそこのリンクをクリックした時に参照元となった外部サイトのドメイン(例、matome.naver.jp、 m.facebook.com等)が記録されます。

左サイドメニュー、集客>すべてのトラフィック>参照サイトから確認できます。

blog analytics1

参照サイトは評価の証。SEOにも効果

何故参照サイトが注目かというとウェブサイトの評価の証になるからです。

御社のウェブサイトを皆に知らせたいからリンクを貼ってくれるわけで、参照サイトとしてネットメディア、fc2やアメブロといった個人ブログ、フェイスブックやツイッターといったSNSからのリンクが増える=それだけ評価をしてくれているということにもつながります。

またリンクを貼ってもらい参照サイトが増えることは2つのプラス効果をもたらします。

2つのプラス効果。アクセス数のアップ

外部サイトからリンクが貼られるということはそれだけ間口が増えることになり、外部サイトの集客力にもよりますがその分自社サイトのアクセス数も増えます。
アクセス数はgoogle analyticsの用語で言えばセッション数やページビュー数、ユーザー数といった指標になります。
用語の意味など詳しくは下記をご覧下さい。
参考:アクセスログの見方

2つのプラス効果。SEO効果(検索順位の向上)

外部リンク(被リンク)の獲得はSEOに対してプラスの評価になります。簡単に言うと検索した時に検索結果の上位に表示されやすくなることにつながります。
ウェブサイト制作においてコンテンツ(サイトの中身)はとても大事なのですが、検索エンジンがその善し悪しを図ろうとすると何か指標が必要になってきます。
検索エンジンも日々進化しているので適切に制作すれば文章の意味なども伝えることもできますが、人間の感覚的にこれは良いコンテンツ、悪いコンテンツと判断するのは難しく外部リンクがサイト評価の一つの指標になります。

リファラースパムには注意

オリジナルで魅力的なコンテンツを日々追加していけば参照サイトも増えていきます。
参照サイトを定期的に確認して新しいサイトからの訪問がないか注意してみましょう。

但し、1点注意事項としてはリファラースパムに気を付ける必要があります。

リファラースパムとは実態としては存在しないのに参照サイトとして足跡を残していくものです。
安易にリンク検索しないことが大切です。
リファーラースパムについて見分け方など詳しくは下記をご覧ください。

参考:ウェブ集客アップ成功!実はリファラースパムかも。見分け方。

また応用編ともいえる参照URLの確認方法は下記をご参考下さい
参考:LPOの為にGoogleアナリティクスで参照URLを調べる

ページトップへ