非同期スニペット

「メンテナンス」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

約500万件Gmailのパスワード流出!?対象かチェックする方法

投稿日:

Gmailのユーザー名とパスワード流出か?

米国時間の2014年9月10日、約500万件にも及ぶGmailなどのユーザー名とパスワード情報の組み合わせが流出したと、複数のメディアが報じました。

報道によると、仮想通貨「Bitcoin」に関するロシアのオンラインフォーラムに、Gmailのログイン情報リストのファイルが「tvskit」と名乗るユーザーに投稿された様です。ファイルには、493万件のGmailアドレスとパスワードの組み合わせがプレーンテキストで記載されているとのことです。

ほとんどがロシア語、英語、スペイン語を話すユーザーのもので「tvskit」は「リストの60%は本物だ」と主張しています。

しかし、パスワードの多くは、長い間使われていない古いものか、あるいは別サイト用のものも含まれている可能性があるとのことです。

これに対し、米Googleは「グーグルのシステムに対する不正侵入によるものではない」とし、「公開されたユーザー名とパスワードの中で有効なもの(実際にログイン可能なもの)は2%しかない」と述べ、フィッシングサイトやマルウェア感染など、複数のソースで盗み取られた情報が組み合わせられた可能性を示唆している。

チェック方法

しかし、2%に過ぎないとしても、数万件の有効なアカウント情報が公開されてしまった恐れは残ります。Gmailアカウントを取得されている方は「自分も被害に合っていないか」と気になると思われます。

今回の流出事件に該当するかチェックできるウェブサイト「Check to see if your Gmail Account was Hacked」があります。

blog0912

参考(英語サイト):http://securityalert.knowem.com/

使い方としては、Gmailアドレスを入力欄に入れて頂き、「Search」を押すだけです。診断の結果、漏洩していなければ「Everything looks OK」と表示されます。

万が一漏洩していたり、自分のセキュリティ対策が不安であるのならばパスワードをリセットするよにした方が良いでしょう。

対策

また、対策としてセキュリティに関する設定を確認し、二段階認証の導入やログイン履歴の確認を行うように推奨してください。
さらにより根本的な対策として、強固で他者とはかぶらないパスワードを設定し、かつ複数のサービスで同一のパスワードを使い回さないことを推奨します。

「2段階認証について」:https://www.google.com/landing/2step/

ホームページ運営をアウトソースする際の注意点

投稿日:


「ホームページは作ってからが大切」と言われても、実際に運営するとなるといろいろ心配かもしれません。
知識もなく、日常の業務で手一杯で、正直ホームページまで手が回らない-。

そんな場合は運営制作会社に外注することも視野に入れましょう。

運営には月額費が発生することが多いですが、中には「月額費無料」のプランを導入している制作会社もあります。

その際に注意したいのが、ホームページの管理が制作会社とのリース契約になっていないかどうかです。

このような場合、複数年契約で中途解約が不可のことが多く、完成したホームページが満足できないものであるとホームページの効果が最大限発揮されません。また、ページの更新依頼を受けつけていなかったり、受け付けていても更新費が高額であったりと、ホームページ運営で大切な「更新」について障害が生じる可能性もあります。

次に、制作会社に更新依頼をする場合の注意として、制作会社とのコミュニケーションがポイントとなります。

サービス一つとっても、ポイントを発掘し、それをホームページにて伝えていく必要があります。その際、製作会社とのコミュニケーションをしっかり取ることでより正確な情報発信を実現できます。こうした面をしっかり理解しているホームページ制作会社を探すことが大切です。
密なやりとりを嫌がり、理由もなく「当社にすべてお任せください」といった営利主義だけの制作会社はオススメできません。

ただサイトを作るだけの会社ではなく、ホームページの運営についてのコンサルタントを含めた会社に運営を依頼するのが理想的です。

Posted by T.fujii

HTMLとCSSについて

投稿日:

ホームページは、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定とそれらの配置をつかさどるレイアウトに関する指定を組み合わせて作っていきます。前者をHTML、後者をCSSと呼びます。

かつてはHTMLで構造からレイアウトまで担っていましたが、原則としてHTMLは構造に関する部分のみなので、レイアウトに関するCSSと呼ばれる基準が新たにつくられました。

CSSを使うと、フォントや文字の大きさ、文字飾り、行間などの見栄えに関する情報を文書本体(および構造を記述したHTML)から切り離すことができ、ユーザーが複数のレイアウトから適当なものを選択することができます。

CSSの導入の一番のメリットはサイトのメンテナンス性向上です。
複数のHTML文書からCSSファイルに関連付けることで、デザイン変更の際、CSSファイルに手を加えるだけで、そのCSSファイルを参照するすべてのHTML文書のスタイル変更に対応できます。

また、サイトの構造とレイアウトが分離されるため、ページを軽く作ることができ、ページの読み込み速度が速くなります。

藤井Posted by T.fujii

Web担当へのメッセージ その1

投稿日:

一般的にホームページは、情報発信だけの手段とお考えかもしれません。

でも、それだけではホームページを活用しているとは言えません。ホームページには情報発信以外にも活用方法があります。

その一つに営業ツールとして力を発揮してくれることです。

ホームページは営業力を強化できるビジネスツールであるからこそ、公開しただけで満足されている様でしたら非常にもったいない使い方をしてます。

ホームページを活用する事で、既存顧客だけでなく、潜在的顧客に対して商品やサービスをアピールする事も可能です。

また、訪問者がどのようなキーワードでホームページにやってきて、どのように行動していたかを分析することで、情報発信の精度を高めたり、商品展開に活用したりと、従来とは違うアプローチからのマーケティングも可能です。

そんな「営業ツールとしてのホームページ」は作って終わりでなく、成長させていくことが大切です。

成長と言うとなかなか大変そうですが、コツをつかめば業者に頼まなくて自社で運用が可能です。

このブログの目的のひとつは、ホームページの運用をお金をかけずに自社で行っていく為のコツをまとめさせています。

Posted by Fujii

wordpress メンテナンス

投稿日:

遅ればせながら、社長ブログっていうのを書くことにしました。

仕事の合間をぬってWordPressのインストールをした後は、テーマの編集になります。

どうもこの編集に時間がかかってしまうため、メンテナンス画面を出すことに。

Maintenance Mode

このプラグイン、一番有名なプラグインですが何が僕に向いてるかというとメンテナンス終了時間を設定できる。

この事により自分自身の宿題のごとく、時間に追われながら作業を行えるという事です。

その他、管理画面でHTMLの書き換えを行い意図した画面を出すことも可能。

もちろんなんですが、管理者としてログインしている場合その人にはちゃんとしたサイトが見られる!という機能も付いてます。

ページトップへ