非同期スニペット

「ブラウザ,Google,Microsoft,Mozilla,Apple,Opera」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

IE11でホームページが正しく表示されないときの対処方法

投稿日:

IE(インターネットエクスプローラー)でホームページを閲覧している際に、正しく表示されない時の対処方法をご紹介したいと思います。
対処方法を施すことによって表示が改善される可能性があります。

1.パソコンを再起動する

パソコンを再起動して、ホームページが正しく表示されるかどうかを確認します。お使いのOSによって再起動の手順が異なりますので注意してください。

2.互換表示を有効にする

ホームページが、IE11に対応していない場合は、レイアウトが崩れて画像や文章が誤った位置に表示されてしまいます。互換表示を有効にしてみましょう。

参考「互換表示とIE11」:http://www.wasabi3.com/2014/07/gokanie11/

3.信用済みサイトに登録する

IEのセキュリティ機能により、ホームページを表示する処理が一部制限されてしまうことがあります。ホームページを信頼済みサイトに登録して、キチンとページが表示できるかどうか確認してみましょう。

ie-2

1、「歯車マーク」→「インターネットオプション」をクリック
2、「セキュリティ」タブをクリック
3、「信頼済みサイト」をクリック
4、「サイト」ボタンをクリック
5、「このWebサイトをゾーンに追加する」の下に、登録するWEBサイトを入力
6、「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外す
7、「追加」ボタンをクリック
8、WEBサイト下に登録するサイトのURLが表示されているのを確認した後「閉じる」ボタンをクリック
9、「OK」ボタンをクリックして「インターネットオプション」を閉じます。

4.拡張保護モードを無効にする

拡張保護モードが有効だと、Flashなどが制限されて、ホームページが正常に表示されない場合があります。拡張保護モードを無効にし、確認してみましょう。

ie-1

1、「歯車マーク」→「インターネットオプション」をクリック
2、「詳細設定」タブをクリック
3、「拡張保護モードを有効にする」のチェックを外す
4、「OK」ボタンをクリックして「インターネットオプション」を閉じます。

5、アドオンを無効にする

プラグインなどの動作が、ホームページの表示に影響することがあります。
アドオンやブラウザー拡張を無効にし、表示されるかどうかを確認しましょう。

ie-3

1、「歯車マーク」→「アドオンの管理」をクリック
2、「ツールバーと拡張機能」をクリック
3、「右の一覧から、無効にするアドオンの名前をクリック
4、「無効にする」ボタンをクリックします。

6、設定を初期化する

Internet Explorerの設定や、一時ファイル(キャッシュ)の影響により、ページが表示されないことがあります。設定を初期化し確認してください。

7、セキュリティ対策ソフトを一時的に停止する

セキュリティ対策ソフトによって、Internet Explorerの動作が制限されることがあります。
セキュリティ対策ソフトを一時的に停止し、ページが表示されるかどうかを確認します。

セキュリティ対策ソフトによって設定が異なりますので、対策ソフトに確認して、一時的に停止する方法を確認してください。

まとめ

以上のような対処方法をおこなっても表示が治らない場合は、ホームページの設定そのものを修正しないといけない可能性があります。

そのような場合は、弊社のようなWeb制作会社に相談してみてください。
サイトの中身を分析し、どのような対処が必要なのかご提案させていただきます。

 

IEバージョン6~11に深刻な脆弱性

投稿日:

Internet Explorerのバージョン6~11に深刻な脆弱性が見つかりました。

脆弱性の発見について

米Microsoft(マイクロソフト)は現地時間2014年4月26日、同社のWebブラウザー、インターネットエクスプローラー(IE)バージョン6~11に、標的型攻撃に悪用される恐れがある脆弱性が見つかったと公表しました。

また、独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)などは28日、「この脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報がある」として、回避策をとるように呼びかけました。

攻撃の危険性について

悪意のある細工がされたコンテンツを開くと、仕掛けられた命令が実行されるというものです。
悪用されると、アプリケーションが異常終了したり、攻撃者にパソコンを制御されたりする可能性があります。

Microsoftの今後の対応について

現時点ではセキュリティーパッチは存在しません。
Microsoftは月例のセキュリティー更新プログラムでパッチを配布する予定としていますが、いつ配布されるかは今の所アナウンスがありません。
また、サポートが終了しているWindows XPには対応しない見込みです。

回避策について

修正プログラムが提供されるまでの間Microsoftは回避策として同社製の脆弱性緩和ツール「EMET」Enhanced Mitigation Experience Toolkit)の利用や、「VGX.DLL」の無効化を紹介しています。

▼MicrosoftサポートEMET
http://support.microsoft.com/kb/2458544/ja

また、IE以外のブラウザを使うという回避策もあります。
今回はIE以外のブラウザの一つである「Google Chrome」をご紹介いたします。

▼Chrome- このページからダウンロードできます
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

▼Chromeのインストール手順 ⇒ ブログ管理画面へのログイン手順
http://help.busblog.jp/chrome_installationmanual.pdf?tp

 

 

各ウェブブラウザの特徴

投稿日:


インターネットとブラウザは切っても切り離せない関係です。
PCやタブレット、スマートフォンで最も多くの人に利用されているのは恐らくブラウザであり、ウェブアプリの普及でますます依存度は高まっていくと考えられます。
今回は主なウェブブラウザを簡単に特徴をまとめてみました。

  • Internet Explorer
  • パソコンの代名詞 Windowsに初めから搭載されているウェブブラウザだけあって利用者が多い。
    他のブラウザと比べてとりたてて特筆する機能はないが、利用者が多いので、とりあえず IE を中心にページが制作されるので不便を感じることが少ない。
    多くの人が使っているので、必然的にウイルスの標的になりやすい IE 。
    他のブラウザへ移る理由として、感染のリスクを減らすというものがあります

  • Google Chrome
  • 検索最大手の Google が開発。
    2008年リリースと歴史は浅く、主要ブラウザでは最後発ながら、並み居る先輩ブラウザを矢継ぎ早に追い落とし、これまで10年以上に渡り独占状態だった IE までも迎撃態勢に入っているとんでもない新人。
    初登場時から、表示されるのはタブとアドレスバーのみ、ムダをことごとく省いたシンプルな構成。
    サクサクと軽快に表示する快適さ、とても最後発とは思えない完成度の高さ。
    その他シークレットウィンドウやサイトの要素検証など便利な機能があります。

  • Firefox
  • Mozilla(モジラ)社が開発。
    Google Chrome が出る前までは、Firefox が IE の対抗馬として今も多くの方に利用されています。
    特筆すべきはブラウザ自体に様々な機能を持たせる「拡張機能」。
    今では他のブラウザにもある機能ですが、充実した拡張機能を武器に Firefox はのし上がっていきました。
    今でもこれがあるから Firefox から離れられない人も多くいます。

  • Safari
  • iPhone でお馴染みの Apple が作っているブラウザ
    Mac では標準ブラウザの Safari 。
    現在は Windows 版も利用できます。Windows 版での特長はなんといっても美しく表示される文字でしょう。
    独自技術により他のブラウザとは明らかに違う、読みやすく美しい文字で読むことができます。
    Safari のブックマークや表示履歴は「Cover Flow」と呼ばれるサムネイルでパラパラとめくるようなアニメーションで見ることができます。
    その他の部分でも随所に Apple らしさが見られる独特なブラウザです。
    iCloudで iPhone や iPad と連携し、Apple製品同士での連携に強い Safari.。
    機能自体はいたってシンプルなブラウザですが表示も速く使いやすいブラウザと言えるでしょう。

  • Opera
  • ノルウェーの Opera 社が開発している超古参ブラウザ
    Opera のブラウザ市場のシェアは、調査結果にもよるが大抵 1% 程度かそれ以下と非常に小さく、ページの対象ブラウザからほぼ外されている。
    ただ、熱心なファンからの支持は他のの比ではなく、Operaのファンはブラウザの話題になると必ず登場します。
    Operaの特長は懐の深さ。
    通常装備でも普通に使えるのに、設定画面をのぞくと無限のカスタマイズが待っています。
    拡張機能を入れなくても、マウスジェスチャーなど Opera だけで自分だけの “マイブラウザ” が作れてしまうのです。
    Opera は昔から低い性能のパソコンでも軽快に動作するように作られており、特に表示スピードには定評があります。
    現在では競合ブラウザの進歩で、この分野でのアドバンテージはなくなりつつありますが、それでも軽快に使えるブラウザのひとつには違いありません。
    ちなみに Opera は現在では当たり前になった「タブ」搭載の草分け的存在です。

    一口にブラウザと言っても各社に違いがあります。
    ブラウザを使い分けてみて、自分に合ったものを選べばネットライフがより充実するのではないでしょうか。

    参考記事:乱立するウェブブラウザー比較(PC版)

    Posted by Date

    ページトップへ