非同期スニペット

「ネットワーク」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

サイバー安全保障

投稿日:

昨今のウェブの積極的な活用により、個人のみならず企業にも恩恵がもたらされ、社会構造にも少なくない変化を与えています。

しかし、そのことはウェブネットワークシステムの脆弱性あるいはシステムに依存した社会に対する攻撃の機会を増やすことにもつながり、それらの攻撃(以下サイバー攻撃とする)は個人や企業のみならず、国家の安全保障にとっても重要な課題といえます。
今や社会を形作る大きな要素の一つのなったウェブに対する危機管理のありかたが国家の危機管理を左右するといっても過言ではありません。
ウェブに対する危機管理を特に「サイバー安全保障」といいます。

ここで、「サイバー安全保障」の前提として「サイバー攻撃」とは何かといったことを改めて整理します。
サイバー攻撃とはサイバー空間、つまりコンピューターネットワークを通じて情報流通が行われる空間で行われる電子的な世界での脅威です。
目に見える物理的な破壊や生命や財産の喪失が生じるわけではないので被害が想定されにくい面がありますが、一度攻撃が行われるとその被害は決して仮想空間にとどまらず、適切な防御措置が取られていないと被害は加速度的に広まっていきます。
これはウェブが一元的に管理されている空間でなく、ユーザーそれぞれが持つ空間を無限につなげたものであることと表裏一体の関係です。
つまり、ウェブ空間が便利になればなるほど、サイバー攻撃がより深刻化するというパラドクスが生じます。

ではより具体的にサイバー攻撃の脅威について考察しますが、大きく分けて2つのパターンがあります。
一つはコンピューター端末に対する機能攪乱、あるいは破壊活動です。
いわゆるウイルスやワーム、トロイの木馬などによる攻撃をさします。これらはデータを破壊したり、動作の不具合を生じさせたり、ほかのコンピューターへの攻撃などを自動的におこなうプログラムです。ウイルスによる攻撃が不特定多数の端末に行われるのに対し、特定のコンピューターに処理能力以上の接続により負荷をかけるいわゆるDoS攻撃もこの中に含まれます。

もう一つがいわゆる不正アクセスです。
不正アクセスも不特定の端末に対するものと特定の端末に対するものが存在しますが、前者はDoS攻撃の前段階に行われ、セキュリティーの甘いサーバーのルート権限を奪取することが多いです。
後者は特定の情報の価値に着目し、それを不正に窃取ないし改ざんするために行われます。ライバル企業の開発データを窃取し、それらのデータをもとに先に商品発表するといったことが現在も少なくありません。

サイバー攻撃は社会に対する重大な挑戦であるといえます。
それらの危機管理は社会一体で取り組むべき課題ですが、まずはノウハウを持つ者が積極的に行動することが求められます。
さまざまなつながりから生じる「多様化」のすすむウェブ社会の将来をつくるには、旧来のようにノウハウを手元にとどめていては何も進みません。
積極的なノウハウ開示、組織の垣根を超えた対話で多様な対策を形作ることが重要です。

posted by fujii

ネットワークを構築する~ルーターとハブ~

投稿日:

パソコンとネットワークは切っても切り離せない関係にあります。
パソコンをネットワークにつなぐ機器としてハブルーターが存在します。
どちらも似たような形をしており、ケーブルをつなぐ口があり、一目見ただけでは同じ機械に見えますが、果たす役割はまったく違います。(以下「ルーター」は「ブロードバンドルーター」をさします)

結論から述べると、ルーターはモデムとつなぐために存在し、ハブネットワークに接続する数を増やすために存在します。

インターネットは原則として電話回線を介してやり取りしますが、その際デジタル信号とアナログ信号の変換がおこなわれます。その変換をおこなうのがモデムです。なお、光回線の場合はモデムは必要としませんが、モデムに相当するものとして光回線終端装置が存在します。

次にインターネットに複数のパソコンを接続する場合を考えます。ここで登場するのがルーターハブです。ルーターをみると「WAN側」と「LAN側」がありますが、前者がADSLモデムやCATVモデムなど外部と接続するためのポートで、後者がパソコンなどを接続するためのポートです。これは内部と外部の区別ができることを意味しており、簡易ファイアウォールとしての役割もあります。またルーターはLANとLANをつなぐためのものでもあり、流れてきたデータがどこのLANあてなのかを調べ、そのLANの方向のケーブルにデータを送ります。そこでルーターはデータに含まれる宛先のIPアドレスを手がかりに送る方向を決める処理をします。

対してハブは内部ネットワークの接続口を増やすためのものであり、内部と外部の切り分けやIPアドレスの処理はなされません。
そこから考えられるのが、ルーターハブ代わりに使うとIPアドレスの処理が行われ、インターネットの接続に不調が起こりうるということです。

LANを作るのがハブ、LANをつなぐのがルーターの役割です。それぞれをうまく使い分けることでネットワークの構築を進めていきます。

参考
ハブとルーターの違いは何?
モデムとルーターの違い
ルータの仕組みを学ぼう

Posted by T.fujii

ページトップへ