非同期スニペット

「ネットショップ」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

ECサイトに記述しなければならない特定商取引に関する記述

投稿日:

特定商取引とは

特定商取引法は、訪問販売や通信販売を行う際に、消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。
これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

ECサイトでも必要

ECサイト(ショッピングサイト)で、商品を販売する行為は「通信販売」に分類されます。
「通信販売」は、新聞、雑誌、インターネット等で広告し、郵便、電話等の通信手段により申込みを受ける取引のことです。「インターネット・オークション」も含みますが、「電話勧誘販売」に該当するものを除きます。
この様に、インターネットで商品を販売する場合、「特定商取引に関する法律に基づく表記」が必須になります。お客様の信頼を得るためにもしっかり作成しましょう。

表記すべき事

①事業者名
正式な会社名、屋号、住所、電話番号、FAX番号などを明記します。

②代表者氏名
代表者または業務責任者の氏名を明記します。

③商品の販売価格、その他必要費用
送料、振込手数料などの金額と条件を明記します。
その費用を店側が負担するか、お客様が負担するのかを明記します。

④代金の支払い方法、支払い時期
お客様が利用可能なすべての支払い方法と、それぞれの注意点。さらに、先払いか後払いかなど、支払いまでの期間を具体的に記載します。

⑤商品の引渡し時期
納期は少し余裕を見て記載するとトラブルが少なくなります。代金先払いの場合、入金確認後の引渡しとなることを明記しましょう。

⑥返品についての特約事項

返品を受け付けるかどうかを明記します。
受け付ける場合、条件や方法を必ず明記します。
商品到着後、何日以内までの返品を受け付けるかを明記します。返品時の手順や送料も明記します。

 

その他特定商取引法に関しては下記参照してください。
参考「消費生活安心ガイド」:http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204003.html

最後に

現在、ネット上で買い物をする人が増えてきています。
また逆に、ネット上で販売を行う業者も増えてきています。
しかし、ネットで販売を行う際には、しっかりと法律を理解しなければなりません。企業のEC担当、プロモーション担当、販促担当、マーケティング担当の方は是非参考にして頂きたく思います。

ネットショッピングでスマホ利用がPCを上回る

投稿日:

ネットショップのスマホ利用の拡大

Web媒体の効果測定企業「ニールセン株式会社」が、2014年2月におけるインターットサービス利用のスマートフォンへのシフト状況を分析しました。
その結果、「オンラインモール」は2014年2月時点で、PCからの利用者数とスマートフォンからの利用者数がほぼ同数になり、楽天市場では、2013年12月時点でスマートフォンからの利用者が上回っており、Amazonでは、2月に顕著となりました。

拡大の理由

理由としては、スマートフォンに合わせてユーザーの利便性を向上させたことにあります。
また、スマホの普及に伴いさらに利便性を向上させ、今後も利用数が増加していくと考えられています。

今後の私たちの対応

そのような中で、スマートフォンへのシフトに成功しているサービスや利用者属性といった情報は、自社サービスの改善を図る上で有益な情報となると言われています。
今後、スマホのネットショップに合わせたサービスや対応を行わなければならなくなるかもしれません。

モバイルサイト(スマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべき!?

投稿日:

モバイルサイトとPCサイトのコンテンツ

スマホの普及に伴いホームページの利用シーンも多彩になってきています。今まではデスクトップやノートPCの広い画面の前で落ち着いて閲覧していたのが移動中やちょっとした空き時間でもスマホを利用してホームページにアクセスできるようになってきています。ホームページの制作、管理者側もスマホ対策としてスマホ専用のページを作ったり、スマホ用表示とPC用表示を切り替えられるようにしたり、閲覧する画面の幅に合わせて自動的に表示を変更してくれるレスポンシブデザインを採用したりと様々です。その中で今回はモバイルサイト(主にスマホサイト)とPC用サイトのコンテンツは同じにすべきかという問題についてです。

モバイルサイトは表示エリアが限られるため必要最小限な情報だけ載せ見やすくすればよい、とも考えがちですがBaymard Instituteの発表によるとモバイルサイトでもEC系のネットショップサイトの場合、ユーザビリティの観点からPCサイト同様のコンテンツを掲載すべきで内容を省略するべきでないとのことです。

参考:M-Commerce Usability Report

ユーザビリティ

ユーザビリティとは簡単にいうとサイトの使い勝手のことです。例えば目的の商品がすぐに見つかったり、探したい情報がすぐ見つかる設計のサイトはユーザビリティが良いサイト、逆にフルフラッシュで見た目はカッコいいけれどメニューがどこにあるか分からなかったり目的のページに行くまでに複数ページを経ないとたどり着けないサイトはユーザビリティが良いと言えません。このためスマホ用サイトのユーザビリティをよくするために商品数を限って掲載したり、ヘルプページを必要なものに限って掲載した場合、Baymard Instituteの調査によると更にユーザビリティが悪くなってしまったとのことです。

具体的には、全ての商品を探そうとしたり、分からないことをヘルプページから探そうとしたのですがその内容がサイト内にあるかないか分からないまま探していたり、あるはずだと勘違いして探すことにより結果的に長時間かけても目的を果たすことができない結果になったそうです。これらの問題を解決するにはモバイルサイトと言えどもコンテンツの省略は行わない方が良いということです。

それではその中でユーザビリティを向上させるにはどうすれば良いでしょうか?方法としてはボタンサイズを工夫しクリックし易くしたり、商品詳細なども「詳しくはこちら」などの形で最初の画面では表示させず、それをクリックすると詳細ページが帯状に広がる形にするなどがあります。また、運用面や制作面を考えた場合ユーザビリティにも配慮したレスポンシブデザインでサイト構築するのも方法です。

参考:  

楽天市場で食品を販売する際の注意

投稿日:

食品の安全に関して関心が高まっていることから、楽天市場では食品を販売する際に必須記載項目が求められるようになりました。2か月の経過措置期間を経て9月から完全施行されたこの制度のポイントを見ていきます。

食品衛生法、JAS法等食品表示に関する各種法律が法定表示事項として定めている項目を商品ページ上に記載することです。前者が消費期限または品質保持期限、添加物、保存の方法、アレルギー物質の表記、後者が原材料、保存方法、原産地などです。

記載場所は商品説明文とは別に、商品化後の周囲に一括記載する必要があります。

対象商品は健康食品を含む食品全般です。なお、飲料品は対象外ですが、飲料原料の粉商品(インスタントコーヒーなど)は食品とみなされます。

各食品について以下のカテゴリに分けられ、それぞれ表記内容が異なります。

(1)農産物(丸ごと、カット単品、カット同種混合)
(2)玄米、精米

  • (2-1)単一原料米
  • (2-2)ブレンド米(検査米の場合)
  • (2-3)ブレンド米(未検査米の場合)

(3)畜産物

  • (3-1)食肉(パック詰めされているもの)
  • (3-2)卵

(4)水産物

  • (4-1)鮮魚(パック詰めされていないもの)
  • (4-2)鮮魚(パック詰めされているもの)
  • (4-3)生かき(パック詰めされているもの)

(5)加工食品

  • (5-1)国内で製造されたもの
  • (5-2)輸入されたもの
  • (5-3)牛乳

(6)有機食品
(7)アレルギー物質を含む食品
必ず表示すべき7品目(特定原材料)と表示が勧められる18品目(特定原材料に準ずるもの)があります
(8)遺伝子組み換え食品

詳しくは楽天市場店舗運営マニュアルをご覧ください。

posted by fujii

動画コンテンツの可能性

投稿日:

ホームページやネットショップの商品ページなど、サイト訪問者に興味を持ってもらうためにさまざまなコンテンツを設定しますが、その中で動画を活用するのも効果的です。

実はページというものはほとんど見られていません。大づかみに認識し、必要な情報がなければすぐ離れていってしまいます。
一説にはページ滞在時間3秒で必要かどうかを判断するといわれています。

そこで、ユーザーが求めている情報を瞬時に判断できるようページを構成していくことが大切になりますが、そのひとつとして動画の活用が考えられます。

動画の魅力はやはり「動き」があること。動きがあることによりアクセス者の興味を惹く効果は見逃せません。知覚情報の8割が視覚情報によるものなのでまずはそこを押さえておくことが肝要です。その視覚情報の8割が色による情報とされていることも重要です。つまり、単色よりも複数の色づかい、かつ変化が生じる動画を活用することで、より印象的なページ作りが可能となります。

同様に、アクセス者は画面をスクロールすることなく見ることができる領域(ファーストページビュー)をチェックしますが、そこに動画があるというのはひとつのポイントとなります。
一つのエリアに画像やキャッチコピーを複数表示できるため、小さなエリアに多くの情報を盛り込むことができます。全体の雰囲気や内容が分かると次のページへの回遊もしやすくなり、結果として質の高い訪問(本当にその情報を求めている訪問)につながります。

次にあげたい動画の魅力としてはコンテンツをひとつ加えることにより大きな変化が期待できるということです。見た目を整えるとなると全体のデザインの調整となりますが、それは費用面や時間面で必ずしも有効とはいえません。例えば季節に応じて、キャンペーンやイベントのためにデザイン変更というのは確かに魅力的ではありますが現実的ではありません。
その点、動画であれば作成したもの差し替えるだけで印象や発信する情報を簡単に変えることができます。

ここまで動画の魅力をあげていきましたが、そもそもの動画作成が大変だという声もあります。しかし、写真をスライドショーのように切り替え、適宜メッセージを発信するというものも上記の効果を期待できますので、動画の構成や伝えるメッセージをしっかり練ってから作成すればそれほど複雑な動画である必要はありません。ウィンドウズムービーメーカーなど、写真配置やメッセージ挿入などを感覚的に操作できるソフトも数多くありますので比較的手軽に動画作成することができます。

また、作成した動画はページ内に埋め込むだけでなく、youtubeやfacebookに投稿することをオススメします。youtubeやfacebookは検索に強いので、社名や商品名などのキーワードを設定することでページの「入口」を増やすこともできます。

posted by fujii

改めてメルマガの効用について考える

投稿日:

広告やSNSをはじめ、企業が用いるコミュニケーションツールはさまざまなものがありますが、その中でメルマガの効用は見逃せないものがあります。

それは、他のコミュニケーションツールにはないダイレクト性。

メルマガ購読、あるいは名刺交換してメールを贈る許可をもらったという段階があるため、他のアプローチに比べ直接その人に届けることが可能となります。
裏を返すと、そのショップ(あるいは会社)を知っている、または何らかの関心があるということです。

その「関心」をどうコントロールしていくのか、それがメルマガのポイントといえます。
コントロールは一言で言うと「質・量」に尽きます。
当然のことながら過剰・過少では意図した発信が難しくなります。

ここでどういった考え方が大切になるのでしょうか。
単に頻度や形式(テキスト・HTML)、分量、内容を考えるだけでなく、上記の「関心」を軸に考えていきましょう。

つまり、配信対象が決まっているので、彼ら彼女らがどういう人で、何を求めているのかといったことです。

それがまさに「コミュニケーションツール」としての意味であり、単なる宣伝とは違うところです。

言い換えると「関わり合い」です。

ただ「知っている」から「もっと知りたい」や「この人(会社)の情報は役に立つ」という段階へ進めることができるか。
相手を喜ばせるという観点が重要となります。
つまり、その情報を知ることにより嬉しい、有益、あるいは誰かに教えたいと思うと感じることができるか。

また、できるだけたくさんの回数接触できるということも大切です。
ただし、あくまで嫌われない範囲内であることが前提です。
そこは関係性の質(期間、親疎等)に応じてバランスを取りましょう。

それらを意識することで、以下の構成を考える参考になるのではないでしょうか。

  • ・配信頻度
  • ・文章量
  • ・売り込みの強さ
  • ・文体(口調、くだけ具合)

以上をまとめると、メルマガというのは関係づくりであり、相手に対してどうありたいか(こんな情報を持っている、この分野に関しては間違いない等)という姿、言い換えると企業イメージ作りにもつながってきます。

参考記事:メルマガはマインドシェアを高める営業ツール

posted by fujii

ネットショップをお考えの方へ

投稿日:

ホームページの制作やネットショップを現在検討中、もしくは気になっている方に是非参考にして頂きたい情報をお伝えします。ネットショップはコストをあまりかけることなく作れば売れる夢のツール!と考えている方は一つ落ち着いて考えてみて頂ければと思います。まずはネットショップを考えるならリアル(対面)での販売との違いメリット、デメリットについて考えてみましょう。

リアルでのメリット

  • 対面なので人間関係が作りやすい
  • 現物を触ることができる
  • 個別に最適な提案ができる

リアルでのデメリット

  • 個々の営業スキルに依存
  • 1対1での対応しかできない
  • 限られた範囲でしか活動できない

ネットでのメリット

  • 時間や場所を問わず、同時に複数の潜在的顧客に営業できる
  • 対面営業では詳しく伝えきれないことを伝えられる
  • カタログ、パンフレットなどのコストを削減できる
  • 商品仕様の微修正や価格などの変更も容易
  • 動画やSNSなど色々なサービスとの連動ができる

ネットでのデメリット

  • 実際に触れてみることができない不安感
  • 値段勝負に陥りやすい
  • 作るだけで「見てもらえる」「売れる」ものではない

比較してみると決して万能のツールではないことが分かったと思います。このネットショップにおけるデメリットをいかに解消し成功させるかのポイントは大きく分けて以下の4つに分けられます。

  • 1、人気(ひとけ)の演出
  • 2、新鮮な情報の発信
  • 3、特徴や他との違いの比較
  • 4、コンテンツの充実

ネットショップを商品カタログとして捉えてしまうとホームページは得てして無機質なものになりがちです。もちろん、型番勝負であったり、ある程度価格勝負であるなら商品数やスペック等々を優先するのもありです。ただ小規模で始めるネットショップには向かない場合もあるのでまずは人気(ひとけ)の演出を考えてみましょう。具体的にはスタッフや店長さん、現場の雰囲気が分かる内容を写真やブログ的な記事内容を通して伝えることで実際にリアル店舗に訪れたような意識にさせホームページに訪れてきてくれたお客様、ユーザーに安心感を与えることができます。

ネットショップの場合ユーザーからの反応、レビューは大切な財産です。これに小まめに応え新鮮な情報の発信をすること、またそれが他のユーザーに見える形になれば、実際に商品に触れられないことへの不安を多くの人が評価しているという安心感に変えることができます。

ネットのメリットとして場所を問わず同時に複数のユーザーに情報発信できるという点がありますが、逆を返せばそれだけ同様の物を販売しているライバルが多いということになります。ポイントはどういったユーザーがどういった商品を購入するかを想定するターゲット設定と、その際商品を選ぶ上で生じる疑問や不安を解決できるように商品特徴や比較などのページ作りをすることです。

上記の、「人気の演出」 「新鮮な情報発信」 「特徴や他との違い」 の3ポイントを押さえれば自然とコンテンツは充実していることと思いますが商品カテゴリーや商品数を増やしたり、限定キャンペーンを実施するなどショップ全体のコンテンツを充実させていくことで、商品を探しているユーザーの目にページがとまる機会が更に増えネットショップの成功に繋げることができます。

ネットショップは作れば自動的に売れていく夢の自動販売機ではありません。「人気(ひとけ)の演出」「新鮮な情報の発信」「特徴や他との違いの比較」「コンテンツの充実」の4ポイント以外にも重要な点が最後に1つだけあります。それは「スピード」です。商品数がまだ少ないからやめよう、とかASP型ショッピングカート機能をどれにしようか迷っているからやめよう等の理由でネットショップオープンを先延ばしにするのではなく、少しでも早くオープンしユーザーの目に触れられる機会を作るべきです。初めは誰も貴方のショップの存在を知りません。検索で引っかかるのを待つだけでなくパンフ、名刺等へのurlの記載、既存客、取引先への紹介、メルマガ、リスティング広告等の外部プロモーションも必ず必要になってきます。より多くのユーザーにアクセスしてもらう機会を作った上で、その中の成果を高める為今回ご紹介させて頂いた4点を念頭にショップ作りを進めていってもらえればと思います。

「早く小さく」はじめて「大きく」育てましょう!!

Posted by Nakagawa

ネットショップ開設に不可欠な表記

投稿日:

ネットショップはもちろん通信販売の一形態ですが、通信販売は「特定商取引」に区分され、「特定商業商取引に関する法律」(いわゆる特商法)の規制を受けます。

この法律は目的に「特定商取引を公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護」とあるように、不正な事業者による商取引で購入者が損害を被らないように種々の規制を定めています。

特商法11条は通信販売の広告に関する規制で、商品の広告をする場合は(つまり商品ページを作りこんで買い物かごを設定すること)以下の記述を表示する必要があります。

(1)商品若しくは権利の販売価格又は役務の対価(販売価格に商品の送料が含まれない場合には、販売価格及び商品の送料)
(2)商品若しくは権利の代金又は役務の対価の支払の時期及び方法
(3)商品の引渡時期若しくは権利の移転時期又は役務の提供時期
(4)商品若しくは指定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(第十五条の二第一項ただし書に規定する特約がある場合には、その内容を含む。)
(5)前各号に掲げるもののほか、主務省令で定める事項

(1)は商品代金のみならず、その他料金(送料、消費税、手数料など)すべてを表記してください。なお、クレジットカード決済の手数料は購入者負担にできません。
(2)は支払いの方法と期限についてです。取り扱う支払方法を表記し、後払いの支払いは納品前何日以内、前払いの場合は注文後何日以内かという期限設定の表記です。
(3)は後払いの場合は注文後何日以内、前払いの場合は入金後何日以内で発送可能かの表記です。地域や条件(メーカー取り寄せ等)で期間が異なる場合はその場合の日数を表記します。
(4)は返品についてです。納品後、何日以内なら返品可能といった返品の期限や、返品の送料負担です。
(5)は上記の補足です。

遠隔地で品物や金銭のやり取りが発生するので、それらについて明確にしておくことが必要です。さらに以下の表記を加えることで購入者がより安心できる取引の下地になります。

・いったいどんな会社が運営しているのか
販売業者、運営統括責任者、郵便番号、所在地
・特殊なもの、販売資格が必要なものを取り扱っている
資格、免許
・サイトについて詳しく知りたい
屋号・サービス名、電話番号、メールアドレス

posted by fujii

ヤフーショッピングに出店する

投稿日:

以前ネットショップについてのブログで、楽天市場への出店にフォーカスしましたが、今回はヤフーショッピングについてです。

参考:楽天出店の基礎知識

ヤフーといえば検索やオークションのイメージが強いかもしれませんが、ネットショップとしても魅力があります。

ポータルサイトとしてのヤフーの導線や集客力をそのまま活用できるのは大きな強みです。トップページの「Yahoo!サービス」からショッピングにアクセスするだけでなく、サイト中央部の「おすすめセレクション」、さらには検索結果に連動させて「ショッピング検索結果」を表示することができるので、見られる機会はそれだけ多くなります。

また、ヤフーショッピングはTポイントが使える点も見逃せません。レンタルビデオやコンビニなど、日常で使われる機会の多いTポイントとの連動は浮動的なユーザーを引き留めるのに少なくない効果があります。

商品ページの作りこみもテンプレートから可能なので、HTMLにそれほど詳しくなくても整理されたページ作りが実現できます。ただし、ある程度形が決まっているので他との差別化という観点だと少し気になるかもしれません。これは「ゴールドページ」という自由に作りこめるページがある楽天との違いです。

サービスや料金面からも、楽天との違いが見えてきます。
ネットショップを始めるのに最適な「レギュラープラン」は月額が20790円で、売上ロイヤリティ(楽天でいうシステム利用料)が3.0~4.5%の範囲です。また、登録可能商品数は20万点なので、手軽に初めて本格的に作りこむのにも向きます。

ヤフーショッピングと楽天は必ずしも競合しません。ネットショッピングのユーザーは取得したポイントを活用する傾向が強いため、客層は違ってきます。また集客や販促の方法も変わってきます。単純に値段だけで比較するのでなく、商材や販売戦略も含めて大局的に検討するのがネットショップ開設の第一歩です。

参考:ヤフービジネスセンター

posted by fujii

楽天出店の基礎知識

投稿日:

ネットショップを開設する場合、オリジナルで作りこむのもひとつですが、楽天市場等のショッピングモールへの出店を視野に入れることも多いと思います。

いわば自分の土地に店を作るか、スペースを借りて店を開くかということ。楽天への出店は当然出店料がかかってきますが、あえて出店料をかけて店を開くメリットはどこにあるのでしょうか。

まず考えられるのが集客力です。楽天はネット上における商店街なので、潜在的に「そこに行けば何かある」というユーザー心理があります。会員数は約7500万人とされ、楽天への出店することでそれだけ見られる機会、買われる機会が増加します。(実際に売り上げを伸ばすには商品の魅力やそれを伝える広告戦略等が必要となってきますがここでは触れません)

また楽天はショッピングモール以外にも様々なサービスを連動させており、「ついでに立ち寄る」可能性も高まります。ポイントも共通化されているため、別のサービスでたまったポイントで買い物するユーザーも少なくありません。

次にシステムがある程度完成されていることです。楽天のシステム(RMS)は多少癖がありますが、慣れると受注管理のみならずメール配信、顧客管理、アクセス解析など店舗管理に不可欠な作業が一元的に管理できます。

楽天では目標、商材、予算に応じて選べる出店プランがありますが、それぞれの特徴は以下のとおりです。

月額19500円と低コストで始められる「がんばれ!プラン」
システム利用料がやや割高ですが、月商132万円までは一番低コストになります。

長期的に継続したい場合は「スタンダードプラン」
商材単価が高めであったり、月商132万円以上を目指す場合のプラン。
月額料金は上がりますが、登録可能商品数が増え、システム利用料は下がります。

まずは試してみたいという場合は「ライトプラン」
契約期間3カ月で、その間にネットショップの可能性を判断することができます。

上記の補足ですが、「月額」は出店そのものの費用、「システム利用料」は売り上げに対する手数料と捉えてください。売り上げに対して2.0~6.5%の利用料が発生します。また、楽天に出店するとオークション、共同購入、頒布会・定期購入やポイント付与などができますが、出店料とは別にその都度利用料金がかかってきます。

以上の料金が高いか安いかは一概に判断できません。ただ、自前でRMSに類するシステムを作る場合との比較や、商品購入というコンバージョンにつながるかどうかいった観点からの検討が大切です。

参考:楽天市場 出店プラン・出店費用

posted by fujii

ページトップへ