非同期スニペット

「スマホ」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Retina(レティナ)対応について

投稿日:

img-apple

iPhoneやiPad、その他高解像度のスマートフォンやMacのパソコンの製品に詳しい方であればご存じかと思いますが、これらの機種に搭載されている「Retina(レティナ)ディスプレイ」とウェブサイトを制作していく上での関わりについて記載いたします。

Retina(レティナ)ディスプレイとは?

アップル社製製品のうち、高精細ディスプレイを搭載したモデルに与えられる名称、およびディスプレイそのものを指す名称である。「Retina」は英語で「網膜」という意味で、画素が細かく人間の目で識別できる限界を超えている、ということから命名された。レティナディスプレイは、前のディスプレイと比べ、画面解像度とコントラストが4倍ほどに達し、もっと鮮やかで深い色になる。

参考:wikipedia

参考のウィキペディアからもわかる通り、レティナディスプレイは従来のディスプレイと比べてかなり解像度の高いディスプレイになります。主にiPhone4以降のiPhoneやiPad、その他Appleの製品に搭載されています。最近ではAndroid携帯でも高解像度の端末が多く発売されています。

ウェブサイト、ウェブアプリとの関係

レティナディスプレイにウェブサイトやウェブアプリを対応させていない場合、従来のウェブサイトやウェブアプリでは、これらの高解像度の端末で一部分の写真や画像等を閲覧した際に、画像が荒く感じてしまう可能性があります。

これらの端末に画像を対応させるためには、掲載したいサイズの2倍の画像を用意する必要があります。
用意した2倍の画像を掲載したいサイズに調整し、ウェブサイトに掲載します。

この様に、ウェブサイトでこれらの端末に対応させるためには、画像の調整並びにサイトのコード等の調整を行う必要があります。

イメージやブランディングを重視するビジネスにおいては、信頼性を落とさないためにも、ウェブサイト等はこれらの端末にも対応したウェブサイトが必要となってくるでしょう。しかし、そのために画像全てを対応させるとトラフィックが増えてしまい、サイトが重くなる可能性があります。

スマートフォンで閲覧できる様にサイトを対応させる際と異なり、レティナディスプレイに対応するポイントや目的を検討する必要があるかと思います。
下記参考は、PCとモバイルの関係を記述した内容になります。

参考:Googleなどの検索エンジン、売り上げシェア減少

まとめ

現在の状況においては、iPhoneなどのスマートフォンやタブレットにしか影響を及ぼさないので、サイトを全てのディスプレイにに対応させるために修正する必要はないかと思います。
また、レティーナディスプレイ対応の端末でもブラウザの影響を受けて見え方が変わってしまう可能性もあるため特段対応を急ぐことは無いかと思います。

ビジュアルサーチエンジン、Pinterest(ピンタレスト)とは?

投稿日:

以前Instagram(インスタグラム)をご紹介しましたが、
今回は同じような形の画像共有サービス、ピンタレストのご紹介です。

このピンタレストですが、FacebookやTwitter、などテキストが主なSNS
と違い、画像や動画といった感覚だけで楽しめるものになります。

参考:話題のSNS「Instagram(インスタグラム)」とは?
http://www.wasabi3.com/2015/02/instagram/

ピンタレストとは

image-pinterest

アメリカで2008年にオープンした画像を共有するSNSサービスになります。

インターネット上で見つけたお気に入りの画像や動画を、自分のスペースである「ボード」に、pin=ピン(貼り付け)し、登録したメンバーのボードなどと共有することが出来ます。

感覚としては、スクラップブックに写真や雑誌の切り抜きを貼っていく作業になります。そのスクラップブックのコレクションをネットを通して友人や世間に見て共有するといった形になります。

人気の理由が説明文だけではわかりにくいですが、
主な魅力は下記になります。

  • ワンクリックで画像の投稿・共有が出来るので、コンテンツ作成のハードルが低い
  • シンプルでデザイン性が高いインターフェイスが美しく、閲覧性が良いので、眺めているだけでも楽しい
  • 自分の興味・関心、センスをビジュアルで表現できる

この様に、雑誌や写真集を眺める様にピンタレストを楽しんでいるユーザーも多く、
過度のコミュニケーションを必要としないため、いわゆる「SNS疲れ」を感じさせてないという点も人気の理由になります。

Pinterest(ピンタレスト)とInstagram(インスタグラム)違い

image-pinin

画像を共有するSNSであるピンタレストですが、同じ画像を共有するSNSであるインスタグラムとはどのような違いがあるのでしょうか。

インスタグラムの特徴としては、アプリの利用によって綺麗な写真を撮ることができ、自分の「ライフスタイル」を画像で共有する事ができます。
投稿される写真は「自分で撮影した写真」になります。

一方、ピンタレストで共有されるのは自分の写真だけでなく、自分がウェブサイトやブログで見つけた興味のある写真や、ピンタレスト上にある他のユーザーの写真を共有する為、自分の「興味・関心」を画像で共有する事が出来ます。
ピンタレストに投稿される写真は「お気に入りの画像」になります。

ピンタレストにイメージコンテンツを貼り付ける方法は2種類あります。

・ピン
・リピン

ピンとは、外部の画像共有サービス、Webサイトやホームページ、ブログなどに掲載された写真や動画をピンタレストに貼り付けることです。
リピンとは、ピンタレストに既にピンされた写真・動画を再度別の場所に貼り付けることです。

ユーザーがそれぞれの「ボード」に興味や関心がある画像・動画を収集し共有する事で他のユーザーの新たな興味や関心が生むことが出来るサービスになります。

参考:http://nanapi.jp/web/pinterest

ピンタレストの基本的な使い方

ピンタレストの登録方法

ピンタレストはメールアドレスがあればすぐに登録できます。
既に登録済みのSNSアカウント(Facebook、Twitter等)があれば、スムーズに登録出来ます。
「ユーザー名」「年齢」「性別」を入力をするだけで登録ができます。

登録が完了すると確認のため、登録したメールアドレスに確認メールが送信されています。

image-pin02

ピンタレストでのアクション

フォロー
ピンタレストのタイムラインに自分のお気に入りの写真を流すためには、
自分の興味や関心のあるボードをフォローする必要があります。
また、ボードを所有しているユーザー自体をフォローすることも出来ます。
ユーザー自体をフォローすると様々なボードを所持している為、興味のない画像や動画もタイムラインに流れて来ることもあるので注意しましょう。
Likes
TwitterやFacebookでよく使われている「Likes」になります。
感謝の気持ちや気に入った事を表したいのであれば、「Likes」を使ってみましょう。
リピン
本当に気に入った写真や動画を自分のボードに収集していきます。
カテゴリごとに収集した画像を分けることができるため、自分の興味が詰まったボードを作成する事が出来ます。

ピンタレストコミュニケーション

  • コメント
  • 共有
  • 送信

ピンタレストでは、他のSNSとは違ってあまりユーザー同士でコミュニケーションをする事は少ないですが、
画像や動画に対してコメントを行ったり、自分のFacebookに投稿して共有したり、その画像を友達に紹介する事が出来ます。

ビジネスでの活用

image-pin04

ピンタレストではFacebookのfacebookページと同様なビジネスアカウントがあります。
上記のようなピンタレストの特性や特徴を理解することで、ビジネスに上手く活用することが出来ます。

個人アカウントとの違い

個人アカウントとビジネスアカウントでの使用方法等に違いはありません。
しかし、一番の大きな違いはアクセスの解析が使える点になります。

ピンタレストでは、ユーザーの情報を知る事が出来るアクセス解析ツールも提供しています。
どの様な画像を共有しているか、興味は何なのか、どのような場所によく訪れているのかなど細かくユーザーやコンテンツを観察することで、ブランドのターゲティングやマーケティングに活かす事が出来ます。解析によって自社のボードにどのような画像を投稿すればよいかも見えてきます。

ウェブサイトへの誘導

ピンタレストはFacebookに次ぐサイト誘導率が特徴でもあります。
興味や関心が高いため、参照のリンクから自社サイトに訪れるユーザーが高いとされています。

現在、ピンタレストに適しているビジネスとされるのは、アパレル、食品、建築、インテリア、ウエディング、テクノロジー、スポーツ、ヘルスケア、パーソナルケア、家関連、ペット、子供用おもちゃ商品、旅行などがあげられます。
サイトへの誘導率を高めるための施策の一つとして、自社のあるいは自分のサイトやブログに掲載している写真・動画などのビジュアルコンテンツを見直してみるのもいかかでしょうか。

ビジネスアカウントの活用例

ピンタレストを実際にビジネスアカウントで登録して活用しているサイトと業種を紹介していきたいと思います。

1.ECサイト、小売りショップ

多くの商品を所持しているショップ様では自社サイトとは別の切り口としてピンタレストを活用しています。

image-pin05

参考:楽天市場
http://pinterest.com/rakutenjp/

2.メーカー、ブランドなど

ブランディングのツールの一つとしてピンタレストを活用しています。
商品カタログとしてもレシピ等にも利用できるだけでなく、「自社ブランドの世界観」を伝えるツールとして活用しています。一つの画像で自社のブランドを認知したユーザーが、ページの世界観そのもののファンとなってくれる可能性も期待できます。ファンを獲得するためのツールという効果も期待されています。

image-pin06

参考:ネスレ日本
http://pinterest.com/nestlejp/

3.その他

キャンペーンの一環に、ピンタレストの活用を行っています。
キャンペーンの目的によっては思わぬ効果を生み出す可能性があります。

image-pin07

参考:ローソン 「ウチカフェスイーツの夏フォトコンテスト」
http://pinterest.com/lawsonofficial/uchicafe-sweets-summer/

ビジネスにおいては、ピン、ボード、ユーザーがより多く自分達のコンテンツを検索されるかがポイントになります。そのためには、ユーザーの役に立つ写真・動画などのイメージコンテンツを提供していくことが大切です。

まとめ

image-marke02

新しいSNSをビジネスに活用できるかどうか模索する事は大切なことです。
しかし、TwitterやFacebookと同様に、キチンと目的を立て効果の検証や、修正をおこなう「マーケティング」をしっかり行う必要があります。
それぞれのツールの特性をしっかりと理解し、着実にマーケティングに取り組んでいく事が大切になります。

モバイル対応が検索結果に影響する?

投稿日:

blog-tablet

Googleがスマホ対応のサイトをモバイル検索結果で優遇する事を発表

Googleは、ウェブサイトがスマートフォンに対応しているかどうかを、モバイル検索のランキングの要因の一つとして使用する事を発表しました。

導入の日程として、2015年4月21日からを予定しています。

Googleはモバイルの検索結果において「スマホ対応」といったラベルの表示を行ったり、スマホ対応していないウェブサイトに対して、ウェブマスターツールから警告を行っており、スマホ対応の有無がランキング要因に使用されるのではないかと予想されていましたが、今回導入が正式に決定したようです。

参考:モバイル検索「スマホ対応」ラベル

blog-search02

検索結果への影響はあるのか?

今回の導入によって、検索結果にはかなり大きな影響を与えると予想されています。
具体的な影響範囲は不明ですが、目に見えて変動が起こる可能性もあります。
今回の要因の追加は、PCの検索結果とモバイルの検索結果の両方に影響するわけでなく、モバイルの検索にのみ影響されます。

そのため、PCでの検索結果とモバイルでの検索結果が大きく異なる可能性があるとされています。

検索結果の影響を考えると、モバイルの検索結果に対しては、スマートフォンやタブレットに対してのウェブサイトの修正を行わなければ、モバイルの検索順位が上位に表示されなくなりそうです。

モバイルへの対応方法

ウェブサイトをモバイル対応にするためには、どの様にしていけば良いのかは、
Googleはアナウンスの中で下記のツールを利用していくように推奨しています。

  • ウェブマスター向けモバイルガイド
  • モバイルユーザビリティレポート
  • モバイルフレンドリーテスト

ウェブマスター向けモバイルガイド

Googleが提供している、適切なモバイルサイトを構築するための公式のマニュアルになります。
ウェブサイトをモバイルに最適化する際には、参考にしてください。

参考:ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイルユーザビリティレポート

モバイルユーザビリティレポートは、ウェブマスターツールの機能のひとつで、モバイルユーザビリティに関するエラーをレポートする機能になります。
検索ロボットがモバイルに対応しているサイトかどうかの判断を行います。

レポートにでる可能性のあるエラーは6つになります。

  • Flash が使用されています
  • ビューポートが設定されていません
  • 固定幅のビューポート
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  • フォントサイズが小です
  • タップ要素同士が近すぎます

どのページでどのエラーが検出されたかもわかりますので、自身のサイトの問題点を把握する事が出来ます。

それぞれのエラーの詳細や対処法はヘルプを参照してください。

参考:ウェブマスターツール「モバイル ユーザビリティ」

モバイルフレンドリーテスト

このツールは、URLを解析し、ページの設計がモバイルフレンドリーであるかどうかをテストします。
サイトのURLを入力するとサイトがモバイルフレンドリーかどうか判断します。

モバイルフレンドリーの場合は下記の様に表示されます。
freiend-test01

モバイルフレンドリーで無い場合は下記の様に表示されます。
freiend-test02

参考:モバイルフレンドリーテスト

まとめ

今回の検索結果に影響を及ぼすのは、モバイル検索だけと言われています。

自身のサイトがモバイルが全く重要でないと完全に言い切れるならば対応する必要ありません。検索の結果から外されるわけではありませんが、検索結果が上位に表示されなくさる可能性があるため、モバイルからのサイトへの流入が多いウェブサイトは、今回の実施に対して対策行う必要があると思います。

今後、モバイルに対応していないサイトの検索結果への影響はどの様になるのかは、現時点では判断できませんが、まだモバイル対応を行っていない方は長い目で見て必要になる可能性があるという事を意識しないといけません。

話題のSNS「Instagram(インスタグラム)」とは?

投稿日:

インスタグラムとは?

instagram-home

Instagram(インスタグラム)とは、TwitterやFacebookといったSNSの一つになります。

世界で月間アクティブユーザーが3億人も利用している、注目の写真共有サービスになります。

Twitterの様に、フォローしている人の写真がタイムラインとして流れてき、アップロードされている写真に「いいね!」やコメントを付けることが出来ます。

最大の特徴としては、独自のフィルタ加工機能が備わっており、スマートフォンなどで撮影した写真や動画をオシャレにカスタマイズして投稿できるのが特徴になります。
また、TwitterやFacebookなどの他のSNSとの共有を行うことができます。

スマ―トフォンを利用する人が増え、オシャレで手軽なアプリとして世界中で支持を集めており、日本でもモデルやアーティストが利用していることもあり、そのフォロワーとなる若い女性を中心に人気となっています。

Twitterがリアルタイムのコミュニケーション、Facebookがコミュニティ形成に向いているSNSに対して、「Instagram」は写真の共有に特化しているので、他のSNSとのサービス違いをしっかり確立した形になります。

ビジネスでの利用

インスタグラムは画像や動画を共有できるSNSになるため、ファッション、旅行、ブライダル、スポーツ、小売、飲食などさまざまな場面で利用されています。

印象的に仕上げた写真をスマートフォンに直接届けることができ、よいビジュアルに「いいね」やコメントを集められる直感的なコミュニケーションは、女性の普及率が高く、若い女性をターゲットとする商品への活用が多くみられています。

また、イメージを直接ユーザーに届ける事が出来るため、自社のブランディングや、ユーザーとのコミュニケーションを深めるツールとしての活用が期待されています。

アカウント登録も無料で簡単の為、手軽に始めることが出来ます。
アカウント作成後、商品や店舗写真を投稿したり、フォトコンテストを開催してユーザーから作品を募ったり、という使い方ができます。

「ユーザーを巻き込んだキャンペーン」によって、企業への愛着や親しみ・信頼を増すという、活用法もインスタグラムにはあります。

企業側から写真を投稿する場合、他のソーシャルメディア同様、あまり宣伝が強くならないよう、ユーザー視点に立ったコンテンツが求められます。

「宣伝のガイドライン」が設けられているためそちらに留意しながら使用してみましょう。

参照:宣伝ガイドライン
https://help.instagram.com/179379842258600

日本での活用例

instagram-gu

ユニクロが有するGUが商品やイベントの様子を発信しています。
参照URL:https://instagram.com/gu_global/

今後の発展が注目されているSNS「Instagram(インスタグラム)」ですが、プライベートでの活用に注目しつつ、ビジネスでの活用を考えてみてはいかがでしょうか。

「AIDMA」の変化とWEBマーケティングについて

投稿日:

「AIDMA」理論とは?

消費者が購買行動を起こすプロセスとして、マーケティングの世界では「AIDMA」理論に基づき段階を経て行動するとされています。
消費者が広告で商品を認知し、購入に至るまでの段階をローマ字の頭文字で表しています。

Attention(注意)

Interest(興味)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

Action(行動・購買)

この理論はマスマーケティング、ダイレクトマーケティング等、様々なマーケティングでの黄金律として、これまでのマーケティングの基本とされています。
新聞・テレビ・雑誌などのマスメディアに予算をかけれはかけるるほど顧客へのリーチ数が向上するといったように、予算を多くかけて消費者にアプローチしていき効果を得るといった図式になっています。

WEB上での購買行動「AISAS」とは?

インターネット時代なり「AIDMA」ではなく、インターネットでの購買行動は「AISAS」というプロセスを行うといわれています。

Attention(注意)

Interest(興味)

Search(検索)

Action(行動・購買)

Share(情報の共有)

ここで重要なのが「Search(検索)」が来るところです。商品を購入する前に必ず「Search(検索)」、つまり同様の商品・サービスの比較検討が入るようになったということです。実際にネット上で買い物をする場合を思い浮かべると想像しやすいと思います。
ネット上では常に「Search(検索)」とういう段階を経るということが分かると思います。

ここで必要になってくるのが他社との違いとなる「付加価値」なのですが、重要なのは比較に至るまでの流れをしっかりと作らなければいけないということです。
その流れを作るためには、まずしっかりとした商品やサービス自体の魅力が必要となります。
その上で、それをきちんとネット上で表現することが必要です。ネット上での表現とは、広告やWebサイトにおけるキャッチコピー等のメッセージはもちろんのこと、Webサイトのコンテンツの中身(テキストや写真)やデザインが醸し出すトーン、お問い合わせに対するフォローメール等、ネット上での全ての情報発信活動が大切にになります。
つまり、ネット上で重要なのは「Search(検索)」の前段階である「Attention(注意)」や「Interest(興味)」の流れをしっかりと表現しなければならないということです。

ソーシャルメディア時代の「SIPS」とは?

スマートフォンやSNSの普及により新たに「SIPS」という消費者行動のプロセスがあるといわれています。

Sympathize(共感)

Identify(確認)

Participate(参加・行動)

Share・Spread(共有・拡散)

スマートフォンやSNSの普及によって、消費者は自分達で企業や商品の概要や口コミ情報を取得したり、また写真や動画とともに発信したりできるようになりました。
消費者は企業のマスメディア媒体を使った広告を一方的に信じることはなくなり、インターネットで形成される友達や信頼できる人のネットワークを併用して比較検討するようになっています。

この様な変化に伴い、これまではお金をかけなければ実現しにくかった効果を少ない予算で、企業の大小にかかわらず行えるようになりました。
また、行える施策の選択肢が増えたこともあり、お金をかけてもほとんど効果がない場合や反対にほとんど手間意外のことをかけずに大きな効果があげられる場合があり、費用と効果が見えにくくなってきています。
つまり、工夫やアイデア次第で中小企業も少ない予算で大きな効果を出すことができることもあるということです。

これからのWEBマーケティングについて

これからのWEBマーケティングで重要になるのが「データを読み取る力」となります。
行える施策の選択肢が増え、費用と効果が見えにくくなるなかで、行った施策をしっかりと評価分析を行い、その分析結果をもとに改善を行い新たな施策を打ち出していく。そして、その新たな施策を評価分析する。
このような流れをしっかりと行い、費用対効果の高い方法を行っていくことがこれからのWEBマーケティングに必要になります。

リッチコンテンツの魅力とその活用

投稿日:

リッチコンテンツとは?

リッチコンテンツとは静的なテキストや静止画像だけでなく、動画(ビデオ、アニメーション、CG)や音声(ナレーション、音楽)などを利用した表現豊かなコンテンツのことです。
通信環境がより高速化、大容量化するなど通信環境の向上や、スマートフォンやタブレットでも大容量データの閲覧が容易になった事でより注目されているコンテンツです。

魅力としては

  • 多彩な表現力により、短時間に多くの情報を提供できる。
  • 自社の伝えたいイメージを情感豊かにアピールできる。
  • ユーザーの主体的な操作で、自社の伝えたいメッセージへアクセスしてもらえる。
  • 楽しみながら利用していただくことで、WEBサイトでの滞在時間を伸ばせる。

活用法

商品やサービスの販売促進コンテンツ
複雑なしくみのサービスや他社との差別化の難しい商品、営業や宣伝担当者にとって説明の難しい商品をわかりやすく解説出来る。
広報活動支援コンテンツ
企業における採用やIRなどを動的に見せることができ、イメージを掴んでもらいやすくなる。
ブランド力や商品価値のアップ
動画などによる自社商品のPRにより自社の強みを知ってもらい易い。

このようにWEBでの表現が豊かになっていくことで、企業はユーザーに与えるメッセージがより伝わりやすくなってきています。

ネットショッピングでスマホ利用がPCを上回る

投稿日:

ネットショップのスマホ利用の拡大

Web媒体の効果測定企業「ニールセン株式会社」が、2014年2月におけるインターットサービス利用のスマートフォンへのシフト状況を分析しました。
その結果、「オンラインモール」は2014年2月時点で、PCからの利用者数とスマートフォンからの利用者数がほぼ同数になり、楽天市場では、2013年12月時点でスマートフォンからの利用者が上回っており、Amazonでは、2月に顕著となりました。

拡大の理由

理由としては、スマートフォンに合わせてユーザーの利便性を向上させたことにあります。
また、スマホの普及に伴いさらに利便性を向上させ、今後も利用数が増加していくと考えられています。

今後の私たちの対応

そのような中で、スマートフォンへのシフトに成功しているサービスや利用者属性といった情報は、自社サービスの改善を図る上で有益な情報となると言われています。
今後、スマホのネットショップに合わせたサービスや対応を行わなければならなくなるかもしれません。

ページトップへ