非同期スニペット

「まとめ」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

ウェブサイト本番環境への移行、公開時にチェックするべきポイント

投稿日:

checklist

ウェブサイトを新規公開するにあたり本番環境で常に誰でも閲覧できる状態にしながら作業するということはあまりなく、まずはテスト環境で制作し全て問題無ければ本番環境に移行させるということが多いです。
その際には思わぬエラーが生じることもあるのでチェック項目をまとめてみます。

誤字脱字等コンテンツに問題はないか

基本的なことですが、再度誤字脱字等ないか確認しましょう。

パスやディレクトリ構造は正しいか

テスト制作時は絶対パスになっていたり構築過程でディレクトリが変更になることがあるので再度確認しましょう。

wwwの有り無しなどの統一

wwwあり、www無しが混在しているとアクセスが分断されサイト分析など後々大変になるのでURLを入力する際にwww有りでも無しでもどちらか一方にリダイレクトされるように設定しておきましょう。

タイトルタグは正しいか、hタグの使い方

下層ページをコピーで使い回しにしていた場合、タイトルタグが全て同じになっていたり、そもそも設定されていない場合もあるのでhタグ含め適切に設定されているか再度確認しましょう。

リンク切れ404エラーは無いか

ULR変更時の修正の手間を減らすためにテスト段階ではリンクを#で指定していることもあるので#のまま残っていないか確認しましょう。
また絶対パスで指定している場合もリンク切れの原因になります。

画像が表示されていない所はないか

本番環境で確認して最初は問題なく表示されていてもテスト環境でのURLを指定していたらテスト環境のデータを削除したら見えなくなってしまうこともあるのでパスの確認をしましょう。

記事表示数はクライアント要望通りか

ブログやお知らせ記事を表示させる場合、数が増えた時にどういう挙動を起こすかの確認も大切です。
全て表示させるのか、一定数のみ表示させるのか、ページネーションをつけるのか等。
テスト記事をアップして挙動確認しましょう。

固定ページと動的ページで複数のテンプレートを使っている場合修正漏れがないか

一つのサイトで複数のテンプレートを使用している場合は、片方だけ修正して片方に修正漏れがないか、サイドメニューやフッターは統一されているか確認しましょう。

Googleアナリティクス、Googleタグマネージャーは動作しているか

サイトの分析ツールとして何か導入することは必須といえます。
GoogleアナリティクスやGoogleタグマネージャーはおススメのツールになりますがそちらがちゃんと動作しているかの確認も必要です。
その際はリアルタイムサマリーを使い確認していけばタイトル表示の確認も同時に取れるので便利です。
CMSで構築していればあまり問題ありませんが、1ページ1ページFTPで公開している場合は全てのページにタグコードが入っているかも確認しましょう。

Google サーチコンソール(ウェブマスターツール)で所有権認証はとれているか

Google サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)もエラーチェックや制作後の運用にも色々と役立つので是非登録しておきたいです。
所有権確認の方法はいくつかありますが、一番簡単なのはGoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーでの所有権確認です。

所有権確認が取れないよくある失敗

所有権確認が取れないよくある失敗例としてはGoogleタグマネージャーで認証を取ろうとする場合にGoogleアナリティクスのリアルタイムサマリーではちゃんとデータが取れているけれど認証がおりない場合です。
その際はタグの設置場所を確認してみましょう。
タグマネージャーのコードの設置はの直下になります。Googleアナリティクスと同じく内に設置している場合でもデータとしては計測できるのですが、所有権確認はとることができません。

またもう一つの失敗例としてはワードプレスで構築している場合にメンテナンスモードのまま確認を取ろうとした場合も取ることができないので解除しましょう。

Google サーチコンソール(ウェブマスターツール)でクロールエラーは出ていないか

Google サーチコンソールではクロールエラーも確認できるのでリンク切れなどで404エラーが出ていないかなど確認しましょう。
但しクロールにはタイムラグがあるので補助的に考えた方が良いかもしれません。
テストURLが引っかかることもあるので問題無ければ削除しましょう。

スマートフォンでの動作確認はとれているか

レスポンシブデザインやスマートフォン用のデザインを制作している場合は実機でも挙動確認を行いましょう。
PCでは表示されているけどもスマホで表示されていない画像などあれば意図的な挙動かどうか確認しましょう。

IE(インターネットエクスプローラー)、GoogleChrome(グーグルクローム)等での動作確認はとれているか

ブラウザ間の確認も大切です。
普段は2種類以上のブラウザを使うことがあまり無く、使いやすいブラウザだけを使うので気付きにくいですが、別のブラウザだと表示が崩れていることもあるのでサイト制作の際には他の環境での確認も必要です。

問い合わせフォームは機能しているか

必須、任意が分かりやすく設定されているか。
実際の挙動も必須、任意の表示通りになっているか。
エラーの場合の表示はどうなるか。
管理者に届くメールにはちゃんと項目毎に入力内容が反映されているか。
自動返信はどうなっているか等システムが絡むので色々と確認が必要です。

グーグルマップは機能しているか

アクセス情報にGoogleマップを使うことはよくあります。
ちゃんと住所表示があっているか、またPC版では問題が無くてもスマートフォンで閲覧した時には地図が画面一杯に広がってしまい操作しにくくないか等も確認しましょう。

テストページ、テスト記事が残っていないか

お知らせやブログ等で投稿テストの為に入力した記事が残っていないか確認し残っているようでしたら消してしまいましょう。
ワードプレスでしたら非公開として公開し、ログイン状態で確認すれば一般には表示させずにテスト記事での挙動確認もできます。

パンくずのリンクは正しいか

パンくずもページ個別で設定している場合はリンク切れや構造が間違っていないか確認しましょう。
ホームへのリンクがテストページのままという場合もあります。

クロール制限の解除ができているか

正式にサイトを公開するまでは検索エンジンにインデックスされたくないということでクロールの制限をかける場合があります。
公開後も制限がかかったままで無いか確認しましょう。

複数カテゴリーにチェックした際の挙動

ワードプレス等でブログ、お知らせ、イベントといった記事の内容に応じてカテゴリー分けをしている場合複数のカテゴリーにチェックを入れた際の挙動も確認しましょう。
どちらかが優先されてしまうのか、両方に表示されているのか等。

また次の記事へ、前の記事へボタンを設置している場合はカテゴリーをまたいで遷移していないか確認しましょう。

投稿はできるか。投稿者権限は

ウェブサイトを制作する時に制作会社がいくつか代行でお知らせ記事を投稿することもあります。
ただ公開後の運用時にはクライアントが自分達で記事を制作していく場合は過去の記事も編集できるように投稿者権限を変更してあげましょう。
ワードプレスの場合お知らせ投稿権限のみだと管理者が作った記事の編集ができません。

サイトマップxmlやFetch as Googleでクロールを促す

時間をおけばいづれかはグーグルにインデックスされ検索結果に表示されることになりますが、そのタイミングは少しでも早い方が良いです。
xmlサイトマップを作成したりGoogle サーチコンソールのFetch as Googleを利用してインデックスを促しましょう。

ウェブサイト診断。 御社のウェブサイトは大丈夫?

投稿日:

ご自身で独学で勉強しながら作成したウェブサイト。
テンプレート式のデザインを利用して作成したウェブサイト。
制作会社に依頼してオリジナルデザインで作成したウェブサイト。
更新システムやEC機能等デザインだけでなくシステムも組み込んだウェブサイト。

一口にウェブサイトといっても色々とありますしその目的や予算によって作り方も異なりますが多くの場合で訪問者目線や検索エンジンからして好ましくない例をいくつかご紹介します。

御社のウェブサイトは大丈夫でしょうか。

自分達で自社のサイトをずっと見ていると慣れてしまって気づかない点もあるかもしれません。クライアントに雑談程度に聞いて見たり第三者の意見を求めるのも良いでしょう。
自分達が良いと思うサイトを作るのも大切ですが、最終的には訪問者目線に立って作ることも大切です。

参考記事も記載しますので併せてご確認下さい。

メールアドレスに独自ドメインを使用していない

ビジネスでメールは必須のツールです。
ウェブサイトでは独自ドメインを使用していてもメールではプロバイダーのメールやフリーメール(メールアドレスの@より後ろがocn.ne.jp、gmail.com等になっている)場合はメリットの大きい独自ドメインでのメールを運用しましょう。

参考:プロバイダーメールで大丈夫?独自ドメインでのメール運用

iOS系の端末(iphone等)で画像の一部がひっくり返ってしまっている。

PCやアンドロイドスマートフォンで確認したら問題ないのに、iphoneでは写真の表示がおかしくなっている場合があります。
その場合Exif情報のorientation属性が原因のことがありますので確認してみましょう。
Wordpressでしたらプラグインでの対応も可能です。

参考:iPhoneが原因?ブログ写真が自動回転してしまう原因と解決法

外部リンクを集めたリンク集ページがある

内部リンクを集めたサイトマップでなく、リンク集という形で外部リンクを集めたリンク集ページがある場合があります。
協会での会員一覧ページや訪問者の利便性を考えた上でのリンク集などでしたら問題ないかと思いますが、関連性が全くない相互リンクの為のリンク集でしたら意味がないのでやめましょう。

参考:リンク集ページは必要?相互リンクとSEO

ウェブサイトにエラーが出てアクセスできない

検索エンジンからウェブサイトにアクセスしようとすると「この接続ではプライバシーが保護されません」等と警告メッセージが出てウェブサイトを見ることができない場合があります。
折角の機会を損失することにもなりますし、信頼性も損なわれてしまう為早急に確認して対処しましょう。

参考:「この接続ではプライバシーが保護されません」表示されてるけど大丈夫?

ドメイン内部でブログを構築せずにアメブロ、FC2ブログ等の外部ブログサービスを利用している

アメブロやFC2ブログが悪いというわけではありませんが、折角労力をかけてブログを更新するのであれば同じドメイン内で更新できる内部ブログシステムを構築しましょう。
外部ブログと内部ブログを併用するのもおススメです。

参考:外部ブログサービス(アメブロ、FC2ブログ等)の利用だけで大丈夫?

トップページと下層ページのデザインが異なる

デザイン上あえてトップページと下層ページを変えるということもありますが基本的にはトップページを元に下層ページのデザインも作っていきます。
トップページだけをリニューアルしたケースやご自身でページの継ぎ足し継ぎ足しで作成していきトップページと下層ページのデザインが異なった場合、訪問者にとっては分かりにくく(迷いやすく)、意図せずにリンク切れなどが発生してしまう原因になります。

参考:トップページだけのリニューアルで大丈夫なのか

問い合わせフォームがない

ビジネスの都合上問い合わせフォームを設置せずに電話だけの対応という場合もありますが、メールは24時間365日利用できるツールです。訪問者のペースで気軽に問い合わせや資料請求ができ、管理者側も情報を整理しやすくなるので問い合わせフォームを設置していない場合は導入を検討しましょう。
メールという手段でしたらメールアドレスを記載し、メーラーを立ち上げるようにすることもできますが、問い合わせフォームの方がおススメです。

参考:問い合わせフォームなくて大丈夫?ビジネスチャンスを損失しているかも。

お知らせ、ブログの詳細ページがない、更新システムが入っていない

トップページにお知らせとして1行テキスト表示はされているけれど詳細ページが作られていない場合があります。
詳細ページを作ることにより一つ一つの記事が検索エンジンにインデックスされて間口が広がり訪問者を増やすことに繋がります。
手動でやろうと思うと大変ですが、更新システムを入れることにより一つの記事を作成すれば自動的にトップページ、アーカイブ(一覧)ページにもリンクを設定することが可能でSEOにも強くなります。

参考:コンテンツマーケティングにおいてブログ更新が重要な5つの理由

ページタイトルが重複している。正しく設定されていない

検索エンジンはページタイトルを重視しています。ここでいうページタイトルは見た目のメニュー名ではなく、タイトルタグtitle /titleの部分です。
右クリックしてソースの表示などから確認できます。
検索結果にも表示されますのでページ毎に個別のタイトルを設定し適切に訪問者を誘導しましょう。
例えば英名表記の社名でそのまま検索が難しそうな場合はカタカナ読みを併記するのも方法です。

参考:ホームページ タイトルの作り方

人気(ひとけ)が無いウェブサイト

こちらは検索エンジンには直接関係ありませんが、文章だけで人気(ひとけ)が無いサイトより、代表挨拶やスタッフ紹介、それぞれの写真、社内風景など人気(ひとけ)を出した方が訪問者への安心信頼に繋がります。
また写真だけでなくお知らせ・ブログや更新履歴を表示しているのであれば数年も更新履歴が変更されていないよりも定期的に更新した方が安心感に繋がります。
更新できない、更新する必要が無いのであれば外してしまいましょう。

参考:スタッフ紹介のページを作る際に大切なことは?

ページトップへ