非同期スニペット

「メール」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 03-6876-2707 or 078-585-6383(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • TEL. 03-6876-2707
  • 受付時間: 平日 -
  • 本社・デザイン室・開発室
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  • TEL. 078-585-6383
  • 受付時間: 平日 -
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Outlook2016 同一アドレスの複数設定方法(メールサーバー変更等)

投稿日:

メールサーバーの変更などで一時的に旧サーバーと新サーバーの設定が必要になる場合、新しいメールアカウントを追加しようと思っても同じアドレスだとOutlook2016で通常のやり方の場合、「このメールアドレスは既に追加されています。」と拒否されてしまいます。
そんな時は下記の方法を試してみて下さい。

同一メールアドレスの登録方法

まずはコントロールパネルを表示させます。
Windows10などでコントロールパネルがどこにあるか見当たらない場合は下記のショートカットで確認して下さい。

Windowsキー+Rキー 
→ファイル名を指定して実行が立ち上がるので「control」と入力

コントロールパネルが表示されます。
OSや右上の表示方法の設定により表示の仕方も変わりますが、

・コントロールパネル(カテゴリー表示の場合)
ユーザーアカウント>Mail(Microsoft Outlook2016)>電子メールアカウントを選択

・コントロールパネル(アイコン表示の場合)

Mail(Microsoft Outlook2016) >電子メールアカウントを選択


後は通常通りに新規からアカウントを作成します。

この方法だとOutlook管理画面からの設定画面も一緒に表示させることができるので設定情報をコピーするのにも効率的です。

まとめ

あまり同一メールアドレスを複数設定するという機会はないかもしれませんがメールサーバーの変更などを検討している場合こちらの方法を試してみて下さい。
メールサーバーの移行に関しては下記ご参考下さい。
参考:メールサーバー移管

Macメールでのエラー解決!識別情報を確認できません。

投稿日:

ビジネスでメールを送る機会は多いですが、メーラーを立ち上げる度に毎回アラート(警告)が表示されると気になってしまうものです。

Windowsのアウトルックなどでは特に問題なく使えるメール(メール設定)もMacではエラーが表示されることがあるのでその解決法ご紹介します。

メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。

Macメール立ち上げ時に下記のようなアラートが表示されることがあります。

「メールはサーバー○○の識別情報を確認できません。
このサーバーの証明書は無効です。”pop.○○.co.jp”に偽装したサーバーに接続している可能性があり、機密情報が漏えいするおそれがあります。それでもこのサーバーに接続しますか?」

続けるを押すとメールの送受信はできますが、不安にもなりますし気持ち悪いものです。

アラートが表示される原因としては独自ドメインを使用したメールの送信設定の際に表示されるケースがあるようです。

企業によっては○○@○○.ocn.ne.jpのようなインターネットプロバイダー(OCN等)のメールを使用しているケースもありますが、多くはホームページで使用している独自ドメイン(例、wasabi3.com)を使用したメールアカウント(例、○○@wasabi3.com)を使用しているかと思います。

設定自体に問題が無いのであれば毎回アラートがあがって続けるを押すのも大変なので表示されないようにしましょう。

Macメールエラー解決法

  • 「証明書を表示」をクリック
  • 「”○○” への接続時に“○○を常に信頼”」にチェックを入れて「続ける」をクリック
  • 暗証番号の入力を求められるので入力して終了

まとめ

Macメールでの「識別情報を確認できません」の対処法の一例をご紹介しました。
但し、MacのOS、メールサーバーの種類、設定自体が間違っているなどMacメールでの不具合は多岐に渡るので解決しない場合は管理会社やMacに直接確認するのが良いです。

ページトップへ