「取材・編集・コピーライティング」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 03-6876-2707 or 078-585-6383(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

お知らせ

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • TEL. 03-6876-2707
  • 受付時間: 平日 -
  • 本社・デザイン室・開発室
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  • TEL. 078-585-6383
  • 受付時間: 平日 -
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

twitterの投稿と履歴

投稿日:

先日twitterの概念についてのブログを更新しました。ポイントは「独り言、立ち聞き」「今・現在」に重きを置いているということです。

知っておきたいtwitterの特徴

今回の記事はその続編として、「投稿の履歴」について考えてみます。

twitterのことを「ミニブログ」ともいいますが、一般的なブログと違って過去記事がカテゴリや投稿順に整理されるわけではありません。twitterの投稿は過去から現在へ一方向の「タイムライン」であるからです。もちろん、過去の投稿をチェックする(「プロフィールを見る」>「ツイート」で自分の投稿を見ることができる)ことは可能ですが、遡ることができるのは過去3200件までです。

参考記事:Twitterのつぶやきは3,200件までしか遡れません。

ニュースやブログ、コラム記事にツイートボタン(記事タイトルやURLを自分のタイムライン上に投稿できる)とその投稿数が表示されるボタンが設けられていることも多いですが、それらの投稿の検索は過去一週間分に限定されます。ボタンに表示されている投稿数がゼロでないのに、検索結果に「ツイートはありません」と出てくるのはそういった理由からです。

また、投稿の分類やキャンペーンの一環としてハッシュタグが用いられることもあります。投稿内に「#○○」と入れて投稿すると、(例えば、「#スカイツリー開業」) その記号つきの発言が検索画面で一覧できるようになります。そのことで同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人のさまざまな意見が閲覧しやすくなります。

このハッシュタグの過去ログについても注意が必要です。過去投稿やキャンペーン参加状況を抽出するためにハッシュタグで検索することで効率よくできますが、最後の投稿から2週間以上経過したハッシュタグは検索で拾わなくなってしまいます。

以上から、twitterは原則として「今・現在」に着目していることがわかります。トレンドやニュースといった速報性、現在性との親和性は非常に高くなります。翻って、長期的なキャンペーン等でtwitterの活用を考えておられる場合は注意が必要です。

fujiiPosted by Fujii

Web担当へのメッセージ その2

投稿日:

ホームページは、運用さえ間違えなければ確実にビジネスツールとして使えます。

しかし、現状は「スキルがあるスタッフがいない」「費用が発生する」などの理由で放置されているホームページが数多くあります。
わたし達から見るとそれは、会社やお店の看板が草に覆われているように思われ、清潔感や信頼性といった魅力を感じることが難しいです。
つまり、作られたまま放置されているホームページは、その役割を十分に発揮することができていないのです。

逆に、新鮮な情報を提供したりセールスポイントをわかりやすく掲載しているホームページは親しみがあり、商品の購入や問い合わせに繋がると考えています。

ホームページは育てるのには時間がかかりますが、教えたことはしっかりと実行してくれる心強いスタッフです。広報だけでなく営業やマーケティングでも力を発揮し、対外イメージの向上や、もしかすると新規顧客を発掘してくれるかもしれません。

ホームページは長く使ってこそ最大限の力を発揮します。最初は必要最低限から始めて、運営や管理を実際にやってみて気づいたことを元に徐々に大きくしていくという、「小さく始めて、大きく育てる」ことが大切です。

一番大切な、伝えたいことをしっかりまとめたホームページ

それを少しずつ洗練し、体質強化していく地道な作業が、長い目で見ると大きな効果を発揮します。そのことがホームページの潜在能力を最大限発揮し、最終的にはブランドイメージ向上にもつながるのではないかと考えています。

Posted by T.fujii

Web用のライティングについて

投稿日:

ホームページの情報は画像や動画を含むとはいえ、やはりメインはテキスト情報が多くなります。

そこで、テキスト情報をいかに整理できるかということがホームページ作りで重要になってきます。

ホームページに掲載する文章の作成(Web用のライティング)で大切なのは誰が見てもわかりやすい点、つまりユーザビリティーを意識することです。パソコンのモニターでテキストを読む時に、どういった配慮や工夫があれば、よりわかりやすくなるのかといったことです。

Webライティングでは、結論を頭にした「結・起承転結」とするのが有効です。
なぜなら、ユーザーは基本的に文章を読まずに眺めることが多いからです。

まずは一番伝えたい内容で、細かな説明はその後に配置しましょう。最後にもう一度「結」を持ってくることで、スムーズな流れを作ることができます。

また、見出しを有効利用して文章はなるべく短くしましょう。
最も大きな文字である「見出し」があるとそこに目をやります。長文は文章の文法構成が複雑になるため、ユーザーからはわかりにくいと感じられがちです。理解するのに少しでも労力を要すると、別ページへとユーザーは移動してしまいます。
そして1文の長さは40~60文字程度に抑えるのがよいとされています。
短時間で目に入る、という意味でも箇条書きにするのも有効です。

また、サイトを開けたとき、スクロールなしで見える範囲を意識しましょう。一画面内で読みやすいものは300文字前後と言われています。
短文を段落分けしたり箇条書きにして一画面に上手く収めましょう。

最後に。人が読みやすい文章はそれだけ情報が整理されており、検索システムにもわかりやすい文章であるといえるので、適切なWebライティングはSEOにも有効です。
結論を先にする以外にも、「これ」や「それ」などの代名詞をキーワードに置き換えてみること、略語を使わないこと、言い換え(パソコン―PCなど)を用いてみること、具体的に述べることが大切です。

検索システムはキーワードおよび類義語、関連語を結びつけて検索結果に表示させるため、適切なキーワード設定が重要です。

Posted by T.fujii

ページトップへ