非同期スニペット

「取材・編集・コピーライティング」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

ECサイトに記述しなければならない特定商取引に関する記述

投稿日:

特定商取引とは

特定商取引法は、訪問販売や通信販売を行う際に、消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。
これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

ECサイトでも必要

ECサイト(ショッピングサイト)で、商品を販売する行為は「通信販売」に分類されます。
「通信販売」は、新聞、雑誌、インターネット等で広告し、郵便、電話等の通信手段により申込みを受ける取引のことです。「インターネット・オークション」も含みますが、「電話勧誘販売」に該当するものを除きます。
この様に、インターネットで商品を販売する場合、「特定商取引に関する法律に基づく表記」が必須になります。お客様の信頼を得るためにもしっかり作成しましょう。

表記すべき事

①事業者名
正式な会社名、屋号、住所、電話番号、FAX番号などを明記します。

②代表者氏名
代表者または業務責任者の氏名を明記します。

③商品の販売価格、その他必要費用
送料、振込手数料などの金額と条件を明記します。
その費用を店側が負担するか、お客様が負担するのかを明記します。

④代金の支払い方法、支払い時期
お客様が利用可能なすべての支払い方法と、それぞれの注意点。さらに、先払いか後払いかなど、支払いまでの期間を具体的に記載します。

⑤商品の引渡し時期
納期は少し余裕を見て記載するとトラブルが少なくなります。代金先払いの場合、入金確認後の引渡しとなることを明記しましょう。

⑥返品についての特約事項

返品を受け付けるかどうかを明記します。
受け付ける場合、条件や方法を必ず明記します。
商品到着後、何日以内までの返品を受け付けるかを明記します。返品時の手順や送料も明記します。

 

その他特定商取引法に関しては下記参照してください。
参考「消費生活安心ガイド」:http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204003.html

最後に

現在、ネット上で買い物をする人が増えてきています。
また逆に、ネット上で販売を行う業者も増えてきています。
しかし、ネットで販売を行う際には、しっかりと法律を理解しなければなりません。企業のEC担当、プロモーション担当、販促担当、マーケティング担当の方は是非参考にして頂きたく思います。

(制作実績)LP(ランディングページ制作)・LPOサービス

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ゼロからホームページを作る

投稿日:

ホームページ制作、決定後の流れ

情報発信、商品販売、採用目的、企業ブランド向上、信頼度向上などホームページの用途は様々ですが年々ホームページの必要性は高まっており新規でホームページ制作する企業や既存のサイトをリニューアルする企業が増えてきています。
既に一度制作しており、コンテンツの見直しやデザインの見直しでのリニューアルであれば一度制作した経験値がありますし、素材のテキストもあるので比較的スムーズに進むと思いますが今までにホームページをもっておらずゼロから制作する場合は制作決定するまでに、また制作決定した後も色々と用意する事項など大変なことがあります。

発注決定から制作、完成フロー

今回はゼロからの制作決定後の流れの1例をクライアント側、制作会社側双方の立場からご紹介致します。(矢印は基本的なやり取りの流れです)
色々な経緯がありながらもホームページ制作が決定し、制作依頼をするホームページ制作会社も決定した後はまず何をすれば良いでしょうか?大きく分けて下記の流れになります。

1、ホームページの利用目的やコンセプトを決定する
(クライアント→制作会社)

2、コンテンツ内容を決定する
(クライアント→制作会社)

3、コンテンツ内容を元に大まかなページ構成(サイトマップ)を決定する
(クライアント←制作会社)

4、1ページ1ページの詳細なコンテンツ配置(ワイヤーフレーム)を決定する
(クライアント←制作会社)

5、トップページデザインに必要な素材を用意する(ロゴ、ヘッダー画像、バナーに使用する画像等)
(クライアント→制作会社)

6、トップページのデザインを制作する
(クライアント←制作会社)

7、各ページに必要なテキスト、素材を用意する
(クライアント→制作会社)

8、トップページデザインの確認、修正点を伝える
(クライアント→制作会社)

9、トップページデザインが固まった後他のページのデザインを制作する。
(クライアント←制作会社)

10、デザインと並行し完成ページのコーディング作業に入る。
(クライアント←制作会社)

11、リンクや全体の挙動を確認する。
(クライアント⇔制作会社)

12、各ページの誤字脱字や微調整など最終チェックを行う
(クライアント⇔制作会社)

13、テスト環境でのURLではなく正式なドメインで閲覧できるようにDNSの設定を行う。
(クライアント←制作会社)

14、納品、一般公開

15、ホームページ運用
(クライアント←制作会社)

お互いのスムーズなコミュニケーションが完成の近道

上記発注から制作、完成までのフローを通常1カ月を目途として工程設計をします。よく誤解されてしまうのがホームページの発注をしたから後は完成までほったらかしにしていたら完成するかというとそうでもなく、クライアント側でテキスト、画像の素材を用意したり、制作したページの確認や修正依頼が必要だったりとクライアント側、制作会社側双方のコミュニケーションが大切になってきます。このコミュニケーションとクライアント側の素材集めなどの協力がスムーズに行かないと完成まで1カ月以上の期間を要してしまい双方の負担や精神的ストレスも大きくなってしまいます。

ライター、カメラマン等その道のプロに頼むのも完成への近道

クライアント側の協力が大切といってもゼロから会社の理念やメッセージなどのテキスト文章や写真素材を集めるのはやはり大変なことです。そんな時はテキストならライター写真ならプロカメラマン等その道のプロに依頼するのも完成への近道です。ホームページの制作会社に相談すれば付き合いの深い信頼できる人を紹介してもらえるでしょう。

Posted by Nakagawa

改めてメルマガの効用について考える

投稿日:

広告やSNSをはじめ、企業が用いるコミュニケーションツールはさまざまなものがありますが、その中でメルマガの効用は見逃せないものがあります。

それは、他のコミュニケーションツールにはないダイレクト性。

メルマガ購読、あるいは名刺交換してメールを贈る許可をもらったという段階があるため、他のアプローチに比べ直接その人に届けることが可能となります。
裏を返すと、そのショップ(あるいは会社)を知っている、または何らかの関心があるということです。

その「関心」をどうコントロールしていくのか、それがメルマガのポイントといえます。
コントロールは一言で言うと「質・量」に尽きます。
当然のことながら過剰・過少では意図した発信が難しくなります。

ここでどういった考え方が大切になるのでしょうか。
単に頻度や形式(テキスト・HTML)、分量、内容を考えるだけでなく、上記の「関心」を軸に考えていきましょう。

つまり、配信対象が決まっているので、彼ら彼女らがどういう人で、何を求めているのかといったことです。

それがまさに「コミュニケーションツール」としての意味であり、単なる宣伝とは違うところです。

言い換えると「関わり合い」です。

ただ「知っている」から「もっと知りたい」や「この人(会社)の情報は役に立つ」という段階へ進めることができるか。
相手を喜ばせるという観点が重要となります。
つまり、その情報を知ることにより嬉しい、有益、あるいは誰かに教えたいと思うと感じることができるか。

また、できるだけたくさんの回数接触できるということも大切です。
ただし、あくまで嫌われない範囲内であることが前提です。
そこは関係性の質(期間、親疎等)に応じてバランスを取りましょう。

それらを意識することで、以下の構成を考える参考になるのではないでしょうか。

  • ・配信頻度
  • ・文章量
  • ・売り込みの強さ
  • ・文体(口調、くだけ具合)

以上をまとめると、メルマガというのは関係づくりであり、相手に対してどうありたいか(こんな情報を持っている、この分野に関しては間違いない等)という姿、言い換えると企業イメージ作りにもつながってきます。

参考記事:メルマガはマインドシェアを高める営業ツール

posted by fujii

twitterの本当の魅力はリツイートから

投稿日:

ソーシャルメディアを使ったマーケティングや集客は当たり前のように行われていますが、それぞれのソーシャルメディアの性格を活かしたうえで取り入れることが大切です。

さまざまなソーシャルメディアの中で比較的始めやすいとされるtwitterですが、その特徴のひとつは速報性です。マーケティングや集客で活用するならニュースやイベント情報の告知が考えられます。

そしてもう一つの特徴が拡散性です。
twitterにはリツイートという機能があります。何らかの情報をフォロワーがリツイートすることで、その情報がリツイートしたユーザーのフォロワーに広がります。そこでさらにリツイートされると。。。というように他のメディアに比べ圧倒的な拡散効果があります。
twitterのフォロー/フォロワーの関係は実際の交友関係も含めて、「このユーザーの情報は面白い、あるいはためになる」と感じたことから成り立っていることが多く、そのため、リツイートされたものを「必要な情報」として認識することが少なくありません。

そのため、twitterでの情報発信はいかにリツイートを巻き起こすかという点がポイントとなります。つまり、見た人にとってメリットがある、誰かに教えたくなるような情報発信ができるかということです。単なる広告宣伝であるツイートはリツイートされる可能性は高くありません。
やはり「売り込み」が透けて見えるものよりも、「情報発信」といった好奇心を喚起する内容が求められます。twitterもコミュニケーションであるため、ポジティブな内容であることも見逃せません。
また、結論やキャッチフレーズを文頭に置き、興味を持たれるようにしましょう。twitterは速報性がベースとなっているため、斜め読みでき、かつ印象に残るような構成が大切です。
そして、リツイートは待つばかりでなくこちらからも積極的に進めていきましょう。そこから逆にリツイートしてもらえる可能性もあります。

リツイートを増やすにはそのベースとなるフォロワーを増やす必要があります。
フォロワーを増やすことで単純にツイートが見られる機会が増えるだけでなく、リツイートの効果も比例します。
まずはこちらから積極的にフォローしていきましょう。フォローされるとリアルタイムでそのユーザーに通知されますが、そこからどんなアカウントかをチェックし、フォローするかどうかを決めます。
アカウント開設当初は特に、存在を知らせることが何よりも大切です。

参考:リツイートを巻き起こしてフォロワーを増やすテクニック

posted by fujii

ページトップへ