非同期スニペット

「セミナー資料」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

レイアウトについて

投稿日:

唯一と言われる正解は無いため、ウェブサイトの目的やコンテンツ内容によってレイアウトを決定するということが大切になってきます。

ウェブサイトの目的やコンテンツ内容によってレイアウトを決定

目的の異なる2種類のサイト、企業サイトとメディアサイトのレイアウトの違いについて少し具体的な事例で紹介します。

企業サイトとメディアサイトでの違い

ウェブサイトには色々なページコンテンツが存在します。
企業概要、サービス紹介、アクセス、お問合せ等や定期的に追加されていく記事ページ(お知らせ、ブログ、導入事例等)です。
その中で企業サイトにおいては自社やサービス内容を知ってもらい、問い合わせなどの直接的成果に結びつけるために企業概要、サービス紹介、お問合せ等を優先し、記事ページの優先順位は、その次になります。
一方メディアサイトにおいては記事ページを優先し、その他のページは目立たせない傾向にあります。

分かりにくいサイト。と訪問者にすぐに離脱されないように企業のビジネス内容やどのようなコンテンツがどこにあるかサイト全体が想像できるようにヘッダー画像とナビゲーションを設置することが大切です。

メディアサイトではサイトでの滞在時間と回遊率をあげるための分かりやすさが大切

メディアサイトではいかにリピーターとなり複数記事を読んでもらってリピート率(ファン数)をあげるかが大切になるので、最新の情報についてや、関連記事、人気記事を目立つように配置することです。

記事も企業サイトのようにタイトルだけを表示するのでなく、記事内容に関連するアイキャッチ画像を設けて概要を掲載したり、カテゴリーを分かりやすく表記すること。
次の記事、次の記事へと繋げていくことが大切です。

★★参考イメージ★★
弁護士ドットコムニュース
https://www.bengo4.com/topics/
★★★★★★★★

スマートフォンでの閲覧も意識したレイアウトを考える

2015年末での統計では1年間にインターネットを利用したことのある人の中での利用端末としてパソコン56.8%、スマートフォン54.3%となっており、スマートフォンでの閲覧を意識したレイアウトというのは欠かせなくなっています。

参考:平成28年情報通信白書

スマートフォン用のデザインを作っていない場合はPCのサイトデザインがそのまま小さなスマホ画面に表示されることになるので、バナーやメニューの間隔をあけてタッチし易くする。画像内の文字サイズを大きくしたりすることなどが大切です。

また、検索エンジンのGoogleも推奨しているスマートフォンの表示にも対応したデザイン。レスポンシブデザインを導入することも大切です。
その際はタップすると出てくるメニューや電話がかけられるバナーをどこに配置するかなども考慮する必要があります。
メニューの主な表現方法4つほどご紹介します。

  • 右上もしくは左上にメニューボタンとしてまとめてしまうパターン
  • 一番良く目にするパターンかもしれません。3本線のメニューアイコンをタッチするとメニューが縦にズラッとドロップダウンで出てくるパターンです。横からスライドして出てくるパターンもあります。

    PC
    blog navi1
    スマホ
    blog navi2

  • 段組みを変えてしまうパターン
  • メニューデザインはそのままに、1段4列だったメニューを2段2列等に変えてしまいます。タッチをしないでも視覚的に全てのメニューを確認することができます。奇数のメニュー数の際は若干難しい場合もあります。

    PC
    blog navi3
    スマホ
    blog navi4

  • そのまま小さくするパターン
  • 元々のグローバルナビの数が少ない場合は同デザインのままメニューの横幅を狭くすることでも対応可能です。

    PC
    blog navi5
    スマホ
    blog navi6

  • メニューをアイコンボタン化するパターン
  • メニュー内容に対応したアイコンを作ることによりテキストのみのボタン化よりも視覚的にもタッチしやすくなります。

    PC
    blog navi7
    スマホ
    blog navi8

まとめ

レイアウトに決まった正解はありませんが、サイトの目的やコンテンツ内容を考慮したサイトレイアウトを意識しましょう。

Googleアナリティクス試験「GAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)」の日本語化

投稿日:

120430アナリティクス

GAIQとは

ウェブサイトの効果の検証などの際に必要になるものが解析ツールになります。
その解析ツールの中でも日本で多くの企業が採用している多機能でかつ、無料で出来るツールとしてGoogleアナリティクスがあります。
Googleでは、そのツールのプロの使い手の証明としてGAIQ(GoogleAnalytics Individual Qualification)という資格を用意しています。

試験の変更

以前は有料で2時間の試験を行います。しかも全て英語での受験でした。
当時の試験は、回答後戻ることも可能で、しかも途中で止めて戻ることも可能でした。

しかし、そのAnalyticsの試験も、GooglePartnerに統合され無料で受験できるようになっていました。また試験問題も英語だけでなく日本語対応にもなりました。
今回の試験形式は、90分の試験で合格基準は80%となり、試験中は回答後戻ることが出来なくなっています。1週間後に再受験することも可能になります。

試験が無料になり、日本語にも対応されたことにより試験に取り組む壁が少なくなくなりました。アナリティクスの総合的な知識を持っている事を証明するためにも取得してみてはいかがでしょうか。

参考:https://support.google.com/analytics/answer/3424287?hl=ja

 

提案書

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ページトップへ