非同期スニペット

「プランニング」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

ドメイン名を考える際に気をつけたいポイント

投稿日:

ウェブサイト表示させる時に打ち込むドメイン(wasabi3.com等)は企業の名前と同じく長期間に渡って使われかつ、変更されることが少ない大切なものです。名刺交換した際などにもウェブサイトのアドレス(ドメイン)が記載されていたら検索してしまうかと思います。大切だからこそどういったドメインを取るべきか悩む所ですが取得時のポイントをいくつかご紹介します。

・分かりやすくイメージができる
当然ながら、geaoeig.comや6854687.comのようにアルファベットの羅列や数字の羅列したドメインは覚えることも難しく、サイトの内容もドメインからイメージが出来ず怪しい為、結果的に検索やクリックされることが無くなってしまいます。
企業名やブランド名を用いてドメインからサイト内容がイメージできるようにするのが良いです。

・打ち間違いがしにくい

ドメインは日本語表記でのドメイン取得も可能ではありますが、多くはアルファベット表記でのドメインかと思います。その際に間違えそうな綴り、例えば日本語的なカタカナ読みとスペルが異なっていたり、スペルに RとL が両方含まれる単語等々検索者さんが打ち間違えやすいドメインにしてしまった場合、検索しても表示されないという事態になり折角の機会を損失してしまいます。
また、ハイフン(-)やアンダーバー(_)なども間違いやすい記号です。

・短い

ドメインの長さも重要です。最大63文字は設定できるのですが、長ければ長くなるほどユーザーさんも入力したり覚えるのが大変になり結果的に検索をやめてしまうということが考えられます。

・他と同じようなドメインは避ける

出来れば競合他社とは全く違うドメインを取得する方が良いです。
全然内容が違うサイトでしたらあまり影響はないですが、同じような内容のサイトで同じようなドメインを使用しているサイトがあった場合、ユーザーが入力間違いをして別のサイトを閲覧してもそれに気づかずに終わってしまうことが考えられます。

大切だからじっくり考えて決定したいドメイン名ですが、取得は早いもの勝ちになり既に取得されているものは取ることができないのでドメインが決定したらすぐに取得されることをおススメします。

参考:JPNIC

ECサイトに記述しなければならない特定商取引に関する記述

投稿日:

特定商取引とは

特定商取引法は、訪問販売や通信販売を行う際に、消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。
これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

ECサイトでも必要

ECサイト(ショッピングサイト)で、商品を販売する行為は「通信販売」に分類されます。
「通信販売」は、新聞、雑誌、インターネット等で広告し、郵便、電話等の通信手段により申込みを受ける取引のことです。「インターネット・オークション」も含みますが、「電話勧誘販売」に該当するものを除きます。
この様に、インターネットで商品を販売する場合、「特定商取引に関する法律に基づく表記」が必須になります。お客様の信頼を得るためにもしっかり作成しましょう。

表記すべき事

①事業者名
正式な会社名、屋号、住所、電話番号、FAX番号などを明記します。

②代表者氏名
代表者または業務責任者の氏名を明記します。

③商品の販売価格、その他必要費用
送料、振込手数料などの金額と条件を明記します。
その費用を店側が負担するか、お客様が負担するのかを明記します。

④代金の支払い方法、支払い時期
お客様が利用可能なすべての支払い方法と、それぞれの注意点。さらに、先払いか後払いかなど、支払いまでの期間を具体的に記載します。

⑤商品の引渡し時期
納期は少し余裕を見て記載するとトラブルが少なくなります。代金先払いの場合、入金確認後の引渡しとなることを明記しましょう。

⑥返品についての特約事項

返品を受け付けるかどうかを明記します。
受け付ける場合、条件や方法を必ず明記します。
商品到着後、何日以内までの返品を受け付けるかを明記します。返品時の手順や送料も明記します。

 

その他特定商取引法に関しては下記参照してください。
参考「消費生活安心ガイド」:http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204003.html

最後に

現在、ネット上で買い物をする人が増えてきています。
また逆に、ネット上で販売を行う業者も増えてきています。
しかし、ネットで販売を行う際には、しっかりと法律を理解しなければなりません。企業のEC担当、プロモーション担当、販促担当、マーケティング担当の方は是非参考にして頂きたく思います。

ウェブに向いている商品と向いていない商品

投稿日:

最近は楽天ショップ、ヤフーショップ、アマゾン等簡単にウェブ上に自分のお店(ネットショップ)を持てるようになりました。ただ、ネットショップは自動販売機ではないので作ったからといって必ず売れるものではありません。ではウェブに向いている商品向いていない商品の違いはなんでしょう。

ウェブに向いている商品

・価格優位性がある→WEBでは比較検討が容易に出来るため価格優位性がある商品は強いです。
・重いもの。→配送の仕組みが整っており自宅まで届けてくれます。
・買うのが恥ずかしいもの
・マニアックなもの
・オンリーワンなもの
・プレミアムなもの

参考:ネットに向いている商品とは?

ウェブに向いていない商品

価格が高いもの(不動産等)→価格が高いほど購買には慎重になるので短期的な成果には結びつけにくいです。

実際に触ってみないと違いなどが分かりにくいもの(靴、アパレル商材、生鮮食品等)→肌触りや素材品質、鮮度などネット上で全て伝えるのは困難です。

何処ででもすぐ手に入れられるもの(日用雑貨等)→ネットショップだとどうしても配送時間や送料などがかかってしまいます。

ウェブに向いていない商品は売ることができないのか?

ではウェブに向いていない商品は売ることができないか?というと必ずしもそうではありません。弱点を補う工夫をすることで売ることは可能です。
その際のポイントとしてはウェブには向いていない=実店舗の方が向いている、を意識し実店舗と比較した際の弱点を補うのか、何か付加価値をつけるのかになります。

返品無料、「買ってから選ぶ。」靴とファッションの通販サイト ロコンド

ロコンドというショップは靴や服などを実際に購入後30日間は使用後でも無料返品可能というサービスを行っています。実際に触ることのできない不安感を解消する仕組みです。

参考:ロコンド

当日お届け可能な日用品ショップLOHACO

LOHACOは最短で注文当日にお届けが可能なサービスで一定金額以上で送料も無料になります。商品カテゴリーも豊富なので色々な店舗を回る手間なく、日用品からペット、医薬、家電なども一括で購入可能です。Tpointなどの共通ポイントが利用できる所もポイントです。

参考:LOHACO

売れる自動販売機に

ウェブに向いている商品でネットショップを展開するのが成功の近道にはなりますが、例え一般的にウェブに向いていない商品でネットショップを展開している場合は実店舗に負けない工夫仕掛けを作りそのネットショップを売れる自動販売機に変えていきましょう。

コーチングやカウンセリングを営んでいる人のウェブマーケティング戦略

投稿日:

コーチングやカウンセリングを営んでいる人のウェブマーケティング戦略とはどのようなものがあるでしょうか。前提条件としてウェブマーケティング=ウェブを使って売上・集客を上げる施策とし、ウェブサイトを持っているものとします。

ゴールと目標設定

売上を上げる為の手段は何があるでしょうか。相談に訪れてもらう、企業等と個別契約を結ぶ、主催セミナー等に参加してもらう、教材を買ってもらう等々。色々あると思います。
手段によって戦略フローは様々でしょうが、ウェブ戦略の基本としてゴールを明確に設定することが大切です。例えば売上目標として○○万円、相談者○人、個別契約○社、セミナー参加者○人、教材○セット販売。それぞれのゴールに対してウェブサイト上に誘導経路、仕掛けを施していきます。

例えば、相談に訪れてもらいたいのであれば、「トップページ」→「ご相談について」→「よくあるご相談内容」→「料金」→「アクセスマップ」→「予約フォーム」等の流れを想定します。そして、最終的に10人予約を取りたいのであれば、各ページでの離脱率(全体の成約率)を想定し逆算していき、トップページには○人訪問してもらう必要があるという具体的な数値目標ができます。

訪問数を上げるか、成約率(コンバージョン率)を高めるか

目標と逆算の過程で2つの指標が出てきました。訪問数と成約率(コンバージョン率)
この2つはどちらを重視したら良いのでしょうか。もちろんどちらも改善できたら良いのですが、優先的には成約率(コンバージョン率)の改善を重視しましょう。成約率(コンバージョン率)が低い状態で訪問数を増やしてもざるで水をすくっている状態になってしまいます。ページ毎の離脱率を元にコンテンツの改善を図りましょう。もしくは次のページへの進み方が分からず離脱されている場合は分かりやすく誘導用のバナーを作るのも方法です。

成約率(コンバージョン率)を高めるのに大切なこと

全般的にいえることとして人と関わる仕事になるので、カウンセラー、主催者の人となりを知ってもらうということは大切になります。
例えばウェブサイトでコンテンツ内容などは同じなのですが、顔写真一つ載せていないウェブサイトと、カウンセラーの写真や経歴などが沢山使われているウェブサイトでしたら比較された場合後者の方にお客さんは流れていきます。

また、最終目標の一つ前に中間目標を作りましょう。いきなりウェブサイトを訪れて即契約というのはハードルが高くなります。
「相談に訪れてもらう」であれば無料のメール相談
「企業等と個別契約を結ぶ」であれば実績資料送付
「主催セミナー等に参加してもらう」であれば無料ミニセミナーへの招待
「教材を買ってもらう」であればサンプル送付
等々。中間目標から最終目標への引き上げはウェブを離れる場合もありますが、リアルな営業活動というのも大切になってきます。

訪問数、成約率UP主な施策

情報発信ブログ→仕事内容に関連した情報を分かりやすく定期的に発信することにより検索エンジンにキーワードがヒットし興味関心ある訪問者を誘導することができます。

ステップメール→単発、単発のメルマガ配信ではなく、シリーズとしてメルマガ配信することにより、効果を上げることができます。

セミナー日程の更新→最新の情報を常に更新することにより認知してもらえます。

利用者の声の掲載→生の声、できれば顔写真や手書きメッセージなどを掲載することにより第三者からの説得力を持たせることができます。

SNSとの連動→ツイッターやフェイスブックも活用することにより繋がりによる口コミ効果を期待できます。

リスティング広告とLP(ランディングページ)→悩みなどにダイレクトに訴求する広告文を制作し、それに対しての回答的なLP(ランディングページ)と最後に資料請求や予約問い合わせフォームを制作することにより関連性の高い(見込み度の高い)顧客を誘導することができます。

参考:コンバージョンとは

エスクローって何?

投稿日:

img_escrow

エスクローという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
エスクローとは商取引の際に、信頼の置ける第三者を仲介させて、取引の目的を担保することです。具体的にはどういうことかというとインターネット上の取引などに用いられるのですが、Aさんが売り主Bさんが買い主とします。Bさんはある商品をネット上で購入したいがAさんとは面識もなく初めての取引になるため不安です。また代金を先に入金しないと商品が送られてこないため目的のものと違うものが届いた場合、Bさんの責任において代金の返還を求める必要がありますが、それも大変な作業です。
こんな場合に活用するのがエスクローです。

エスクローの第三者としてサービス提供をしている機関は色々とありますが、銀行などの金融機関が多いです。
上記のようなケースだとBさんはAさんに直接代金を入金するのではなく第三者であるC銀行に入金します。C銀行からAさんに入金があったことを伝え、AさんはBさんに商品を送ります。Bさんは商品の到着を確認できたらC銀行に伝え、C銀行からAさんに初めて入金されるという形です。(取引が正常に成立しなかった場合はBさんにエスクロー金が返金されます)

インターネット上はお互いの顔が見えず空間的にも離れている場合が多いので金銭や商品のやり取りに不安を感じる場合はこういったサービスを利用するのも良いでしょう。

参考:取引安心信託

参考:エスクロー

リッチコンテンツの魅力とその活用

投稿日:

リッチコンテンツとは?

リッチコンテンツとは静的なテキストや静止画像だけでなく、動画(ビデオ、アニメーション、CG)や音声(ナレーション、音楽)などを利用した表現豊かなコンテンツのことです。
通信環境がより高速化、大容量化するなど通信環境の向上や、スマートフォンやタブレットでも大容量データの閲覧が容易になった事でより注目されているコンテンツです。

魅力としては

  • 多彩な表現力により、短時間に多くの情報を提供できる。
  • 自社の伝えたいイメージを情感豊かにアピールできる。
  • ユーザーの主体的な操作で、自社の伝えたいメッセージへアクセスしてもらえる。
  • 楽しみながら利用していただくことで、WEBサイトでの滞在時間を伸ばせる。

活用法

商品やサービスの販売促進コンテンツ
複雑なしくみのサービスや他社との差別化の難しい商品、営業や宣伝担当者にとって説明の難しい商品をわかりやすく解説出来る。
広報活動支援コンテンツ
企業における採用やIRなどを動的に見せることができ、イメージを掴んでもらいやすくなる。
ブランド力や商品価値のアップ
動画などによる自社商品のPRにより自社の強みを知ってもらい易い。

このようにWEBでの表現が豊かになっていくことで、企業はユーザーに与えるメッセージがより伝わりやすくなってきています。

(制作実績)LP(ランディングページ制作)・LPOサービス

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

ページトップへ