非同期スニペット

「Network / System」カテゴリーのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

パスワードで制限されている場合、パスワード入力が必須になります。パスワードが必要な方は、お手数をおかけしますがこちらからお問い合わせください。

ダイナミックDNS(ダイナミックドメインネームシステム)とは

投稿日:

ダイナミックDNS(ダイナミックドメインネームシステム)とは動的に割り当てられるIPアドレスと、そのホスト名の対応を、動的に登録・管理する仕組みのこと(Wikiより抜粋)とあります。少し分かりにくいので少し詳しくみてみます。

IPアドレスについては下記なども参照下さい。
参考:Amazon Route 53
参考:サーバー変更時のDNSにかんする注意点

動的IPはISP(インターネットサービスプロバイダ)によって一時的に割り当てられるIPアドレスで、これを持つことによりコンピュータを識別することでインターネット等に接続できます。「動的」の言葉通り、変更される可能性があり昨日「203.0.113.1」だったのが今日は「203.0.113.3」に変わることもあります。その際は昨日までのIPアドレスは別の所で使われる場合もあります。一度割り当てられたIPアドレスは基本的に変更されませんがプロバイダーやルーターのメンテナンスで切断、再接続となった際に変更されます。

動的IPの問題点

例えばアクセス制限をかける際など動的IPだと問題が生じます。あるコンピュータからアクセスした時だけに見ることができるようページ等にアクセス制限をかけている場合、IPで登録していると登録時にはアクセスできても、しばらくしてプロバイダーメンテ等でIPアドレスが変更されてしまうとアクセスが出来なくなってしまいます

ダイナミックDNSを使うことで問題解決

上記問題の解決策としてダイナミックDNSを使う方法があります。ダイナミックDNSの説明の前にDNSとは何でしょうか。簡単に言うと人間が覚えやすいURL(例yahoo.co.jp等)とコンピュータが認識しているIPアドレス(183.79.135.206等)を紐づけ、URLを入力するとDNSサーバーからそれに対応するIPアドレスを割出しyahoo等の意図したページを出すシステムです。
DNSが考案された当初はURLとIPアドレスは基本変化しないものとして管理されていましたが、ネットワーク機器の増加に伴い動的にIPアドレスを割り当てる必要性が出てきたためそれに対応する技術として考案されたのがダイナミックDNSです。
ダイナミックDNSを利用することにより例えば●●●.dyndns.netを登録しておくことでIPアドレスが変更されても変更されたIPアドレスをdyndns.netという固定化されたURLに紐づけておくことでアクセスすることが可能になります。

ダイナミックDNSを使うには

MyDNS」など有料や無料でダイナミックDNSサービスを提供しているところがあるのでそこにユーザー登録をしてIPアドレスとURLを紐づける必要があります。但し、プロバイダーのメンテ等でIPアドレスが変更になった際はその都度登録しているIPアドレスを変更する作業が必要になります。その際には「DiCE」等この作業を自動化するツールもあるので活用してみて下さい。

参考:DDNS(ダイナミックDNSサービス)
参考:DNSとは

Googleの「ハミングバード」について

投稿日:

hummingbird

検索アルゴリズム

検索アルゴリズムとは検索結果の並び順を決める上での決定法則です。
このアルゴリズムですが、検索結果を上位にするために法則を解明をしようとしても解明することが出来ません。
なぜなら、このアルゴリズムは確実に決まっているというものでは無いからです。また、アルゴリズムは一つだけでなく多くの種類から成り立っています。この多くの検索アルゴリズムは絶えず変化している為、24時間後には別物になってしまうのです。
Googleの最近の大規模なアルゴリズム変更で有名なのが「ペンギンアップデート」、「パンダアップデート」、「ハミングバード」があります。今回は一番最新の対規模な変更である「ハミングバード」に触れていきたいとおもいます。

ハミングバードの特徴

ハミングバードの最も代表的な特徴として「Conversational Search」(会話型検索)の処理能力の向上です。この様な変更の背景としてモバイル端末からの音声入力による検索結果の向上があげられます。

たとえば「ラーメンが食べられる家から一番近い場所はどこ?」と検索したとします。
この場合、「場所」は文字通りの”場所”を意味するのではなく実際のラーメンが食べれる店舗のことを指します。また「一番近い」や「家」は人それぞれ違い同じ意味を持つわけではありません。東京に住んでる人と大阪に住んでいる人とでは同じ単語でも表す意味が異なってきます。検索エンジンでは文字通りに捉えるため、求めている結果と違った検索結果が出てきてしまいます。
しかし、この場合ハミングバードでは、意味を理解し自分の家から近いラーメン屋を検索結果として表示する事ができます。

この様な「言葉の背後にある意味」を理解できるのがハミングバードの特徴です。

ハミングバード対策は必要?

SEO対策等でこのハミングバードにどのように対応すべきか心配する人もいると思います。
しかし、何か特別なことをする必要はありません。
今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが第一です。ただ、ハミングバードによって意味を理解する力をGoogleが向上させたというだけなのです。
つまり、検索ユーザーの探しているものを与えるコンテンツ、検索ユーザーの要求を満たすコンテンツをサイト全体として提供していくことが大切だということはこれまでとなんら変わりません。

 

 

IEバージョン6~11に深刻な脆弱性

投稿日:

Internet Explorerのバージョン6~11に深刻な脆弱性が見つかりました。

脆弱性の発見について

米Microsoft(マイクロソフト)は現地時間2014年4月26日、同社のWebブラウザー、インターネットエクスプローラー(IE)バージョン6~11に、標的型攻撃に悪用される恐れがある脆弱性が見つかったと公表しました。

また、独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)などは28日、「この脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報がある」として、回避策をとるように呼びかけました。

攻撃の危険性について

悪意のある細工がされたコンテンツを開くと、仕掛けられた命令が実行されるというものです。
悪用されると、アプリケーションが異常終了したり、攻撃者にパソコンを制御されたりする可能性があります。

Microsoftの今後の対応について

現時点ではセキュリティーパッチは存在しません。
Microsoftは月例のセキュリティー更新プログラムでパッチを配布する予定としていますが、いつ配布されるかは今の所アナウンスがありません。
また、サポートが終了しているWindows XPには対応しない見込みです。

回避策について

修正プログラムが提供されるまでの間Microsoftは回避策として同社製の脆弱性緩和ツール「EMET」Enhanced Mitigation Experience Toolkit)の利用や、「VGX.DLL」の無効化を紹介しています。

▼MicrosoftサポートEMET
http://support.microsoft.com/kb/2458544/ja

また、IE以外のブラウザを使うという回避策もあります。
今回はIE以外のブラウザの一つである「Google Chrome」をご紹介いたします。

▼Chrome- このページからダウンロードできます
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/

▼Chromeのインストール手順 ⇒ ブログ管理画面へのログイン手順
http://help.busblog.jp/chrome_installationmanual.pdf?tp

 

 

レンタルサーバーにSSLは、必要なのか

投稿日:

ホームページ制作のご提案中に、最近SSLの話題がよく出ます。

導入するにこしたことはありませんが、年間何十万と支払ってまでの必要はあるのでしょうか。

「お問い合わせを増やすには」や「ネットショップには必須」みたいな売り込みはありますが、それはほとんどがサーバー業者であったりSSLサービスを取り扱っている業者からの提案です。

弊社も通信事業者(届出番号: E-23-03517)として、レンタルサーバーをサービスの一つとしてご提供しております。

ドメイン込みで2,000円とネット販売だけで提供している業者さんにはさすがに料金面だけでは勝てませんが、強みはコンサルタントが付いてこの料金という所。

これがSSL対応となると、共有型SSLでも倍以上の料金になってしまいます。

そこで各コンサルタントから提案するのは、「クレジットカード情報を入力するなどでしたらSSLは必須でしょう。しかしながらASPとして色々な業者がカートシステムを提供されています。その全て、もしくはほとんどがSSLに対応したものを提供しております。その為、意識する必要はないのでは?」と話しています。

では、お問い合わせはどうでしょうか。

確認メールやメールのやりとりになると、通常メールは平文(暗号化されていない状態)で送受信をするので意味はほとんどないと思います。
(ネットショップの場合は、購入情報である配送先住所や名前、購入した商品などは全て平文です。自動返信で送られるメールにクレジットカード情報の記述がされているシステムは私は見た事がありません。)

SSLを導入するだけでお問い合わせが増える?なんて、本当にあるのでしょうか。

形に残らないもので問い合わせをしたい場合は、番号非通知で電話をかければよいのでは?

また、一般的にhttpsが付いてるかを意識している人が何人いるのでしょうか。

我々があまり意識していない所で、googleの検索でSSLが使われる様になりました。

参考:ChromeのGoogle検索がSSL化、(not provided)が増えキーワード取得がさらに困難に
by 海外SEO情報ブログ
http://www.suzukikenichi.com/blog/chrome-moves-to-ssl-search/

上記のブログには私も同感で、検索のキーワードのやり取りが暗号化される事はよいのですがクライアントに提出する「アクセスログレポート」に「(not provided)」が上位に入ってしまうことはなんとかしたいなと考えております。

結論は、なぜSSLが必要かを考え分からない事は業者の担当の方に質問する。
(回答がよくわからないのであれば他の業者に変える事をお勧めします。)

自分で調べて、費用対効果を考える。

技術的な事を理解しようとする努力がないならば、ネットショップの運営はやめた方がよいのでは?

Posted by Taro Miki

ドメイン移管(レジストラ変更)

投稿日:

ドメインとレジストラ

ホームページ制作においてしばしばドメイン移管レジストラの変更という言葉が聞かれます。ドメイン(例、wasabi3.com)とはホームページをブラウザに表示させる為に必要となるものですが、無料で使えるものではありません。
レジストラと呼ばれる管理団体が管理しておりそれをレンタルしているような形になります。ドメイン移管とはその管理団体を変更することを意味します。

参考:レジストラ

ドメイン移管目的

ドメイン移管を行うタイミングとしては色々ありますが、主にホームページのリニューアル、新規でホームページを立ち上げる時等があります。理由としても色々あるのですが、費用面だったり、サーバー,DNS要件に適したサービスを利用する為だったり、一元管理する為だったりします。

では具体的にはどうすればよいのでしょうか?大まかには以下の流れになります。

ドメイン移管フロー

A:ユーザー
B:レジストラ(旧)
C:レジストラ(新)

AというユーザーがBというレジストラから新しくCというレジストラにドメイン管理をお願いする場合です。

①A⇒B
ドメインを移す申請をします。その際にAuth Code(オースコード)、Authorization Codeと呼ばれる認証コードを発行してもらいます。
誰でも彼でも簡単にドメインを移すことができたら大変なのでオースコード(Auth Code)で権限管理します。このコードはドメイン情報(Whois)に登録されている管理メールアドレスに届きます

②B⇒A
オースコードを発行します。

③A⇒C
オースコードを用い移管申請を行います。

④C⇒A
移管確認のメールを送ります。

⑤A
移管承諾、Aproveします。

⑥C⇒A
再確認のメールを送ります。問題が無ければドメイン移管完了です。

ドメイン移管は余裕をもって

上記一連の流れですが、色々な確認や設定作業が絡むため通常は1週間程かかるということを頭に入れておいた方があせらずにすみます。また管理会社やドメインの状態によっては移管できない場合もあるので事前のチェックが必要です。

  • ・新規取得したばかりのドメイン
  • 【.com】【.net】【.org】【.biz】【.info】などのドメインは取得後60日間は管理会社を移動出来ません。

  • ・ドメイン更新日から30日以内
  • 更新したばかりのドメインは30日間管理会社を移動する事が出来ません。

  • ・有効期限切れのドメイン
  • まずは更新する必要があります。ドメイン更新が出来る場合と出来ない場合があるので注意が必要です。

  • ・ドメインの有効期限切れ間近
  • 14日以内に有効期限が切れてしまうドメインの移管は行えません。

  • ・Whois情報のadmin(administrative)に登録されているメールアドレスが利用出来ない
  • 移管申請を行うと、Whoisに記載されているadmin(administrative contact)宛に承認依頼メールが届きます。こちらを承認しないと移管ができません。

  • ・ドメインの残り有効期間が9年以上
  • 移管を行うと、現在のドメイン有効期間に1年が追加されます。残りの有効期間が9年以上ある場合、最大契約期間を超えてしまう為、移管できません。

参考:ドメイン移管

参考:ドメインの移管が出来ない場合

Posted by Nakagawa

タブレット向けサイトのガイドライン

投稿日:

タブレット端末に最適化するにはどのようなサイト構築をすれば良いのか。
そのガイドラインがGoogleより、公開されました。

どんどんとスマートフォン用のサイトが出来ているなか、タブレット端末にはどのような対策をとれば良いでしょうか。
パソコンより画面が小さく、スマートフォンよりは画面の大きなタブレット端末
それぞれの規格にあわせたサイト構築が必要でしょうか。

【レスポンシブ・デザインの利用】
パソコン、スマートフォン、そしてタブレットと、それぞれのデバイスにあわせたウェブページを表示させるには、
別々のhtmlファイルを読み込ませる必要があります。
しかし、別々のhtmlファイルを制作するとなると、ウェブ制作会社に依託しても相応の金額がかかります。
レスポンシブデザインを利用すると、同じhtmlを読み込んでもcssはそれぞれのデバイスにあわせたものを自動で読み込んでくれるため、手間をかけずに(ついでに、お金や時間の節約にも…)、様々な端末に最適化したページを表示することが出来ます。
詳しくはレシポンシブデザインのブログをご覧下さい。

【デバイスに応じたコンテンツ制作】
スマートフォンでPC用サイトを閲覧した際、ページの上部に「スマートフォンの方はこちらをタップ」のバナーや、
ページ下部に「PCサイト切替」「スマートフォンサイト切替」などのリンクを見た事があるかもしれません。
それは、スマートフォンで閲覧した時のみ表示され、PCでPC用ページを閲覧しても「スマートフォン用ページは…」という切替は表示されません。

それぞれの端末に最適化されたページを望む場合もありますし、
「昨日パソコンで見ていたあのページが今、もう一度見たい!」と思い、異なったデバイスからアクセスする場合もあります。

デバイスに最適化したページは確かに見やすく、操作しやすい利点もありますが、
ユーザーの希望に応じたページを自由に表示出来ることが最も理想的であるとGoogleガイドラインで紹介されています。

参考サイト:【Google公式】タブレット向けサイトの推奨ガイドライン
http://www.suzukikenichi.com/blog/guildelines-for-tablets/

Posted by Fujita

Viper’s Video Quicktags

投稿日:

WordPressでウェブサイトを構築した際、お知らせ更新や新規のページ制作でYouTubeの動画を載せることができます。
動画ファイルを載せる際、動画をそのままアップロードすることも可能ですが、YouTubeの動画を掲載するのことでウェブサーバーの容量などを気にしなくて良くなります。

YouTubeの動画を載せる方法は、YouTubeの共有タグをHTML形式でコピペするだけなので簡単ですが、この際、更新する権限には<iframe>のタグの使用を許可する必要があります。
<iframe>とは指定した箇所に別のウェブページを引っ張ってくること。
お知らせの更新など、最低限の更新権限のみを許可したい場合に、この<iframe>タグの使用を禁止したい場合もあるかと思います。

<iframe>タグの権限を許可したくないが、YouTubeの動画は自由に更新出来るようにしたい…。
この場合、Viper’s Video Quicktagsというプラグインをインストールすることで、<iframe>タグの使用が許可されていないアカウントでもYouTubeを掲載した更新が可能となります。
更新方法も明快で、YouTubeの載せたい動画ページのURLを貼付けてOKボタンを押すだけ。
HTMLの知識がなくても問題なく更新が出来、YouTubeページからわざわざ共有タグを探す手間も省けます。

製品やサービスを動画を使って説明している方や、動画そのものを制作されている方には、是非使用をおすすめしたいプラグインです。

Posted by Fujita

サーバー変更時のDNSにかんする注意点

投稿日:

ホームページのリニューアルや管理会社を変更する際にドメイン(wasabi3.com等)はそのままだけどサーバーを変更するということがあります。サイトを閲覧している人や更新担当の人にとっては特にサーバーが変更になっても変わりありませんが、システム担当やサイトオーナーにとっては注意する点があるのでご紹介します。

IPアドレス・ドメイン・DNS

ホームページを閲覧するには検索画面でキーワード検索するか直接ドメイン(wasabi3.com等)を打ち込む必要がありますが、このドメインのwasabi3.comが直接ホームページに結びついているわけではありません。コンピューターは「123.124.125.191」のように,3桁の数字を4個で区切ったIPアドレスと呼ばれるもので情報を判断しており、人間にとって分かりやすいようにこのIPアドレスとドメインを結びつけるものがDNSと呼ばれるものです。サーバーを変更しドメインを引き継ぐ際はこのIPアドレスの変更を記述しなければいけません。また、旧サーバーのコンテンツ、メールアカウントを新サーバーに設定する必要があります。

参考:メールサーバー移管

新旧サーバー並行管理

これらの設定変更が完了したらDNSの変更を行うわけですが、変更後すぐに新しいサーバーのIPアドレスを辿ってホームページが見れるようになるわけではありません。世界中のDNSサーバーに変更情報が行き渡るには時間がかかり、またブラウザなどでキャッシュ(一時保存されたファイルやデータ。残しておくことで表示速度が上がり接続無く閲覧することなどができる)されていることがあるため一定期間は旧サーバーと新サーバーで並行して管理する必要があります。サーバー変更したので旧サーバーを即解約などしてしまうとホームページが見れなくなるという事態にも陥るためサイトオーナーは注意しましょう。

TTL設定

何もしなくても1、2週間すれば変更情報が浸透し全て新しいサーバーでホームページを読み込むことができるのですがDNSのTTL値を短くすること(300秒等)でより早く対応することができます。TTL(Time To Live)とはDNSでキャッシュを保持する時間のことです。例えば300だと300秒たったら新しく情報を取得しに行きその後300秒間はその情報を元に表示させます。このTTLが長ければ長いほど古い情報を使いまわす時間が長くなり、短ければより新鮮な情報を使えることになります。これだけだとTTLが長い方が悪いように思いますがメリットもあります。TTLを長くすることでアクセスごとに無駄な通信を発生させることがなくキャッシュされた情報を提示すればよいので表示などのパフォーマンスがよくなります。通常は少し長めに設定しておき、サーバー変更時にはより早く情報を更新、浸透させる為にTTLを短めに、そして2、3日新旧サーバーで並行管理したあと旧サーバーの解約などの検討をすると安心です。

Posted by Nakagawa

ウェブサイトのセキュリティ

投稿日:


ウェブサイトは作ってからがスタートです。
新鮮な情報をどんどん発信することも大切なですが、もう一つ大切な事があるとすれば、それはウェブサイト自身のセキュリティ性を向上させることでしょう。
せっかく作ったウェブサイトがいきなり見られなくなってしまったり、ましてや顧客情報などが漏洩してしまっては大変です。
信用問題に大きく関わることですので、ウェブサイトを管理されている方には是非いま一度、セキュリティのチェックをお願いしたいと思います。

ウェブサイトのセキュリティを向上させるために出来ることはどんなことがあるでしょうか。
下記に4点挙げてみます。

  • パスワードのチェック

  • 社内で出来る、基本中の基本です。
    想定されにくいパスワードを設定することは勿論ですが、社外に持ち出すものにパスワードを書かない、他人から見えるところにパスワードを書かない、他のパスワードと同じものを設定しない等徹底しましょう。
    また、管理する人物やメンバーが変わったときにパスワードも変更する習慣を付けていたいものです。

  • 管理権限の分別

  • 弊社が作成するウェブサイトは通常、異なったIDとパスワードを用い異なった権限を以てログインすることが可能です。
    ウェブサイトの簡単な記事やお知らせの更新が出来る権限、ページの作成や編集等が出来る権限、全体のデザインやシステムまでもが全て触れてしまう権限と区別されています。
    もちろん、お客様のウェブサイトですのですべての管理権限をお渡しすることが可能ですが、こうすることで「誤って消してしまった!」を防ぐことが可能です。

  • バックアップの作成

  • 上記の続きになりますが、実は誤って消してしまった場合も弊社ではウェブサイトのアックアップをとっているので、ある程度の復元が可能です。
    データをいじる場合はバックアップを取る事も必ず癖付けておきたいです。

  • システムのアップグレード

  • 最近ではCMSを使ったウェブ構築が主流となっています。
    使用しているワードプレスやムーバブルタイプ等、また入れ込んでいるプラグインを常に最新のバージョンに保つこともセキュリティ面で大きな役割を果たします。
    ワードプレスなどは、1〜2年周期でバージョンアップが来ると言われており、バージョンアップと同時にウェブページに不具合が出てしまう例があります。
    ここまでくるとウェブ担当というよりは制作会社の役割が大きくなりそうです。
    だからこそ、システム変更時にきちんとアージョンアップ、動作確認を保障してくれる制作会社を選びたいものです。

    Posted by Fujita

    スマートフォン最適化

    投稿日:


    スマートフォンの普及が進む今、ユーザーの約7割がスマートフォンを用いて毎日何かを検索しています。
    しかし、まだまだスマートフォン対応でないウェブサイトをお持ちの企業も多いのではないでしょうか。

    スマートフォンに対応していないウェブサイトでは、パソコンで見るウェブサイトと同じものが表示されます。
    そのため、表示される画面が小さくなったり、パソコン用の大量のデータを読みこみ表示するのに時間がかかったりというデメリットがあります。

    そんな中GoMoとDudaMobileは、パソコン用のウェブサイトを簡単にスマートフォンに最適化できるツールの提供をはじめました。

    使い方はすごく簡単で、howtogomo.com/jp/getstartedにアクセス、ウェブサイトのURLを入力しデザインをテンプレートから選んでカスタマイズするだけです。
    この最適化を行えば、スマートフォンユーザーにとって必要な機能を、使いやすいナビゲーションで提供できるようになります。

    実に6割もの企業が、スマートフォン対応にして効果があったと答えたデータも残っています。
    本来、上記は有料のサービスですが、1年間は無料で使用できるようです。
    試験的にでもスマートフォン最適化を行い、反応をみてみるのはいかがでしょうか。

    参考:GoMo と DudaMobile が提供するツールで、わずか数分で PC サイトをスマートフォンに最適化!

    Posted by Fujita

    ページトップへ