非同期スニペット

Moodle(ムードル)でのYoutube、Vimeo導入方法

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Moodle(ムードル)でのYoutube、Vimeo導入方法

更新日

以前Moodle(ムードル)でできることをご紹介させて頂きました。

参考:Moodle(ムードル)とは? 無料で試せるeラーニング

Moodle(ムードル)は応用範囲が広いので色々な使い方が出来ますが、動画コンテンツを利用することができます。
リアル講義の予習や復習用に動画を作成しそれを掲載しその後小テストという流れですね。
自前サーバーに動画をアップすることもできますが、動画コンテンツを利用する際に簡単なのはYoutubeを利用することです。

Youtubeの動画は自前でサーバーを持つ必要がなく管理画面で動画をアップすればURLとコードが発行されそれらを利用してウェブサイト等に埋め込み形式でアップすることができます。
ウェブサイト(ワードプレス)への埋め込みについては下記ご参考下さい。

参考:ワードプレスにYoutubeの貼り付け

今回はMoodle(ムードル)へのYoutubeの埋め込み方法ご紹介です。

Moodle(ムードル)へのYoutubeの埋め込み手順

コース作成が必要になります。コース作成の方法については下記ご参考下さい。

参考:Moodle(ムードル)導入

  • コース>活動またはリソースを追加する>選択肢一番下の「ラベル」を追加
  • blog moodle1

    blog moodle2

  • アイコンタブからメディアボタンをクリック
  • youtubeページのURLと適当に名前を付けて挿入
  • blog moodle3

  • 作成画面上の見た目は文字コードが入っただけですが、保存してコースに戻るをクリック
  • blog moodle4

  • コースに直接埋め込み動画が表示されます

Vimeoの埋め込みには設定変更が必要

Youtube以外にも色々動画配信サービスはありますが、クリエイターに人気なVimeoというサービスがあります。
参考:Vimeo

こちらの動画は上記と同じ手順で埋め込んでも外部リンクとして表示されるだけで再生画面の埋め込みがされません。
しかし設定を変更することで埋め込みが可能になります。

  • 管理>サイト管理>アピアランス>メディア埋め込み
  • blog moodle5

  • デフォルトではチェックが入っていないのでVimeoにチェック
  • blog moodle6

  • Vimeoの再生画面が表示されます
  • blog moodle7

様々な動画形式に対応しているMoodle(ムードル)

Moodle(ムードル)はYoutube,Vimeo以外にも

MP3オーディオ
Flashビデオ(.flvおよび.f4v)
Flashアニメーション(.swf)
HTML5オーディオ(.ogg、.acc)
HTML5ビデオ(.webm、.m4v、.ogv、.mp4等)
QuickTimeプレイヤー(.mov、.mp4、.m4aおよび.mpg)
Windowsメディアプレイヤー(.aviおよび.wmv)
Realメディアプレイヤー(.rm, *.ra、.ram、.rpおよび.rv)

と様々な形式に対応しています。

小テスト等他の方法と組み合わせて動画を活用しましょう

セミナー等で使用する場合、完了状況として閲覧をチェックすることはできますが中身をちゃんと見たかどうかまではYoutubeそのままでは確認できないので小テストなど他のコンテンツと合わせて利用するのが効果的です。

但し外部サービスを利用すれば確認も可能になるようです。

参考:UniVision 視聴時間管理[LMSセット]

ページトップへ

nakagawa