非同期スニペット

ワードプレス公開日時の編集で大切なお知らせを目立たせる方法

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

ワードプレス公開日時の編集で大切なお知らせを目立たせる方法

更新日

door

お店をオープン。ブログ先行公開で集客を

ウェブサイトは情報発信のツールとして適しています。BtoC、一般向けにお店をオープンする際などはウェブサイトを作成し、積極的にお知らせやブログを発信していきたい所です。
但し、ウェブサイトの公開にあたっては素材を準備したり、デザインの詰め合わせをしたり、各ページを作っていったりと時間が掛かってしまうのも事実です。
オープン予定日に合わせて逆算して作成する場合でも1,2カ月ぐらいはかかってしまいます。
公開してもインデックス(グーグルやヤフーの検索エンジンで検索して表示されるようになる)までに時間もかかりますし、告知集客の為にもなるべく早くウェブサイトを公開したいということで先行でトップページにお知らせとブログだけを公開する場合もあると思います。

その際に折角オープン案内のお知らせを掲載しても、カテゴリー別に表示分けをしていなければその後公開したブログで記事が埋もれてしまうということにもなります。
そんな時の対処法ご紹介します。

公開日時の編集で目立たせる

ワードプレスには公開日時という概念があります。通常は記事を公開した日付、時間が公開日時として自動的に設定されますが、この公開日時を編集することにより過去に投稿したようにみせたり、過去の記事を最近投稿したように見せることができます。
未来に関しては予約投稿という形になります。

表示日付を変えるだけではなく、デフォルト設定では日付順での表示になっているかと思うので再設定した日付順に並べ直すことができます。

編集手順

  • ワードプレスの投稿一覧より投稿画面を開きます
  • blog1

  • 右上に公開というスペースがあるので、その中の「公開日時」の編集をクリックします
  • blog2

  • 年月日時間と出るのでこちらを直近(最新記事の公開日よりも後)に設定します
  • blog3

  • OKを押して更新をクリックします
  • ※OKを押しても更新をクリックしなければ反映されないので注意

もしくは投稿一覧画面からクイック編集で中の記事を表示させずに編集も可能です。

  • 投稿一覧を開きます
  • タイトルにマウスオーバー(カーソルをあわせる)
  • blog cuick

  • クイック編集をクリック
  • 日時を編集後更新

公開日を変更したら記事内容に矛盾が生じる場合もあるので一度確認した方が良いと思います。

公開日時の編集でイベント情報のアップを後からでもできる

何かイベントを開催しその様子をブログにあげようと考えた時。
当日や翌日に公開すれば問題ないですが、日々の忙しさについ更新を後回しにしているとイベントより日が経ちすぎてしまって公開機会を逸してしまう。
そんなケースもよくありますが、こちらも公開日時の編集でイベントの当日や翌日に設定して公開すれば積極的に情報発信している風に装うことができます。
あくまで装うということなので、御社のファンで常にウェブサイトをチェックしている方にはいきなり過去の記事が出てきたとばれてしまうかもしれませんが、初めてウェブサイトを訪れた人は実際にいつ更新されたかは分かりません。

せっかくの情報を公開しないよりは公開した方が良いので公開日時の編集を使ってみましょう。

おすすめは続報として新しく記事を公開orカテゴリ別に表示する

公開日時を編集することで大切なお知らせを常に目立つ場所にキープすることも可能です。
但し、おススメとしては一つの記事を公開日時編集で移動させるよりも、続報として新しい記事を公開した方が良いかと思います。
もちろん同じ本文の使い回しではなく+情報を入れてですが。
そちらの方が間口も広がりますし(検索されやすくなる)、定期的にウェブサイトに訪れてくれている方への違和感を減らし期待感を高めることができます。

また一つのカテゴリーでお知らせとブログを同じ場所に表示させるのでなく、別カテゴリーにしてしまいデザイン上分けてしまった方が後々使いやすくなることもあります。

ウェブサイトの立ち上げやお知らせ、ブログ表示の方法でお困りの際はご相談下さい。

お問い合わせ

ページトップへ

nakagawa