非同期スニペット

SEOに役立つ!?schema.org

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

SEOに役立つ!?schema.org

更新日

schema.orgという言葉をご存知でしょうか。
schema.orgはカタカナ読みすると「スキーマ」となり簡潔に説明すると検索エンジンに、より詳細な情報を伝えるための記法、取組のことです。

検索エンジン(google等)で調べたいものを検索する場合どのように検索するでしょうか。例えばテレビで芸能人○○がホームページで神戸のラーメン屋、四天王という店の紹介をしているという話を聞き気になって調べてみた場合どのような結果になるでしょう。

目的のサイトをすぐに見つけることができる、芸能人のニュース記事ばかりが表示される、神戸の記事が表示される、ラーメン屋のサイトは出るけども違うお店等々調べ方によって色々な結果が出てくると思います。
検索エンジンはどんどん便利に優秀になってきていますが、限界というのもあり基本的にはキーワード単位で関連性の高いものを結果として表示させて行くので検索者が意図しないページが表示されてしまうこともあります。

そのような状況を改善し実際に人に質問して回答をもらっているような結果を検索エンジン上で表示させるための記法が「スキーマ」となります。

schema.orgとは

公式説明ではschema.org(スキーマ)とは、検索エンジン大手のGoogle、Microsoft、Yahoo! がウェブの改善を目的として共同で進めている、構造化データ マークアップの共通仕様を策定する取り組み及び記法のことになります。
schema.orgにより検索エンジンは構造化された情報を取得して検索結果の精度向上に役立てることが可能となります。結果としてユーザーはより的確な検索結果を得られるようになり、ウェブの利便性が向上します。

参考:schema.orgに関するよくある説明

検索エンジンに意味を伝える

先述のラーメン屋の例でいうと「芸能人○○(という人)」が「神戸(という場所)」にある「ラーメン(という食べ物)」のお店、「四天王(という店名)」の紹介をしている。という風に言葉それぞれに特定の意味を持たせる(マークアップする)ことによりGoogleの検索エンジンにより詳しい情報を伝えることができ、検索機能を向上させ検索ユーザーが求めている情報をより適切に表示させることができるようになります。

検索ユーザーが求めている情報を適切に表示させることはサイトをよりよく見てもらえることを意味し、ホームページ上での目的(コンバージョン)を達成しやすくなります。評価を記載すればリッチスニペット上に★などが表示されクリック率の向上も期待できます。

リッチスニペット例
img rich

スキーマはこれから普及していく?

ここまで書くと良い所だらけのようなスキーマですが、実際は14年11月時点では検索結果に評価の★を表示させたりパンくずリストとして反映させるなど検索結果に表示させられる情報は一部に限られています。というのも現在はschema.orgだけでなく従来からある記法Data-Vocabulary.orgと同時に使用されているからです。
ただ、グーグル自身もウェブマスター向けのヘルプで「今後徐々に用途が多様化し、使用されるデータも増えていくことが予想されます。」と記載しているので今後に期待です。

参考:schema.orgに関するよくある説明

スキーマの活用

ではスキーマが実用的かというと既に数十ページ以上の規模のサイトを制作している場合はそれらを全てコーディングし直すとなると現状においては労力の方が期待される効果を上回ってしまうかもしれません。またschema.orgのタグがコードの膨張につながることも懸念されています。
ただ、検索エンジンに適切に情報を伝え、適切に表示してもらい、よりそのサイトにマッチした質の高い訪問者を集めるということはウェブマスターの理想でもあり、今後schema.orgに対応しているしていないの違いも出てくるかと思います。
既にサイトを作っている場合は労力と効果を考え、これからサイトを作る場合は効率的に活用できればよいでしょう。

参考:Googleリッチスニペット対策!初心者向けSchema.org解説!

ページトップへ

nakagawa