非同期スニペット

Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(応用編)

更新日

こちらは過去の記事になります。
最新情報は下記をご参照下さい。

最新:Googleアナリティクスで参照サイト(リンク元)の調べ方

応用編

通常状態でのグーグルアナリティクスではリンク元のドメインレベルまでしか分かりません。フルパスを知りたい場合はカスタマイズが必要になりますのでご紹介致します。

  • ①アナリティクスの設定画面を開きます。
  • ②プロファイルから該当プロファイルのデータをクリックします。写真では「すべてのウェブサイトのデータ」です。
  • ③フィルタのタブを選択し新しいフィルタを追加します
  • ④フィルタ名を記入(任意)しカスタムフィルタを選択します。
  • ⑤詳細を選択し、引用Aの左に「参照」右に「(.*)」と入力します。
  • ⑥引用Bの項目はそのままにし構成左を「ユーザー定義」右に「$A1」と入力します。
  • ⑦最後にチェックを
    フィールド A は必須「はい」
    フィールド B は必須「いいえ」
    出力フィールドを上書き「はい」
    大文字と小文字を区別「いいえ」の順にチェックしていき保存すると完了です。

比較的簡単な設定で詳細レベルまで分析することができるようになりますのでリンクからの訪問割合が高い場合はカスタマイズしてみることをお勧めします。

Analytics。リンク元のURLが知りたい!そんな時(基本編)

ページトップへ

nakagawa