非同期スニペット

Facebookをwebマーケティングに活用する

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

Facebookをwebマーケティングに活用する

更新日

Facebookは企業の公式・専用ページなどが多数作られ、マーケティング用のアイテムとして広く用いられています。「いいね!」ボタンやシェアすることによりサービスが得られるなど、企業がFacebookを利用しているのをよく見かけるのではないでしょうか?

ですがTwitterやFacebookといったSNSは、一方的に情報を発信すればいいのではなく、コミュニケーションチャネルとして活用しマーケティング利用することに意味があります。

企業がFacebookを導入する際、まずは目的を明確にしなければなりません。 

Facebookは売上アップ・自社製品の宣伝・情報発信ページ上で情報配信できユーザーに広告を無料で届けられるような魅力ばかりを感じます。しかしFacebookの利用ユーザーと目的とするユーザーの属性やターゲットがあっているのかをよく調べ、顧客ターゲットとマッチしない場合、あわてて取り組む必要はありません。

企業にとってのFacebookとはユーザーやファンとコミュケートし、双方にとって有益な情報をやり取りすることが必要なのです。SNSはあくまで手段でありツールであり、目的に合致しないのであれば利用しないのも見識です。

しかしながら、Facebookから始まり、エジプトなどにデモが派生しソーシャルメディア革命と呼ばれる騒ぎもありFacebookの政治・経済への影響力は大きく、日本でもさらに拡大していくことと言えます。

Facebookページを開設する際は、長期的な運用コストとコンテンツの供給プラン、Facebookの利用法を明確化し正しい使い方で行えば認知度は拡大していくでしょうから、やはり企業としてFacebookの特徴をつかみ準備しておく必要があります。

Facebookをマーケティングに活用するには、それ単独で使うだけでなく、ホームページ・ブログなどとの相互連携を行い、Facebook上でコミュニケーションをとり活用することに意味があるのです。

【参考資料】

Facebookマーケティングでの注意点

facebookでばれる企業のレベル

posted by mizuno

ページトップへ