非同期スニペット

検索を誘導させる是非

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

検索を誘導させる是非

更新日

テレビCMや広告などで、会社名や商品名を用いた「○○で検索」、あるいは名前そのものの入力を誘導する表記は今も見かけることは少なくありません。適切な検索キーワードを設定すればより精度の高い誘導やブランディングが可能です。

しかし、キーワードの設定いかんで効果がかなり左右されるのは否めません。
キーワードが長い(8文字以上)、変換候補で一番に出ない単語などの一般的でない言葉や、半角スペースの存在で「キーワードの揺らぎ」が生じ、設定したキーワードでの誘導の精度が下がってしまいます。

参考記事:Yahoo!検索 スタッフブログ

また、検索誘導は安全なサイト作りからも問題があるといえます。web上の検索は必ずしも「正しい」サイトが上位に出てくるわけではありません。検索誘導させるサイトの偽サイトを作成し、そこでユーザー登録などと偽って個人情報を入力させるフィッシングも理論上は可能です。
会社名など固有名詞はそれほど危険ではないですが、一般的な言葉で誘導するとそのような危険性があるため、ユーザー登録が存在するサイトを運営する場合は検索誘導を使わないほうが賢明かもしれません。

参考記事:安全なWebサイト利用の鉄則

Posted by Fujii

ページトップへ