非同期スニペット

リスティング広告代行

無料 ご相談承ってます!

電話 078-855-8183(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-855-8183
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

リスティング広告代行

更新日

当社の強み5大ポイント

リスティング広告はSEO対策よりも取り組みやすい為個々人でやることも可能です。ただ取り組みやすいといっても本業と並行して仕組みをゼロから覚えて始めることはやはり大変なものです。そんなときはリスティング広告の代行を検討してみましょう。その際の料金面での選択ポイントを当社と他社(A社、H社)の比較でご紹介したいと思います。

料金比較(広告予算は除く) 当社 A社 H社
初期費用 3万円 0円 15万円
運用費用 2万円~3万円 広告予算の20% 5万円
広告の最低利用予算 無し 50万円~ 無し
広告の最低利用期間 無し 無し 3ヶ月

明確で費用対効果の高い固定料金体系

当社のリスティング広告に関する考えは、費用対効果を高め、いかにクライアントであるお客様の負担を減らし最大限の効果を出すかです。その為、効果が出ていないのに広告予算が消化されておらず、最低利用期間もあるため月額費用を支払い続けたり、広告予算を多くかければかけるほどそれに比例して上限無く運用費用も高くなる比例料金体系ではなく、広告予算が消化されるまで(1ヶ月目安)を一区切りとする上限設定のある固定料金体系です。料金面以外でも他社には無い強みがあるのでご紹介します。

売れるマーケティング分析。質の高い広告とキーワード設定

リスティング広告、ウェブサイト特有の仕組みを活かした質の高い広告、ターゲット、キーワード設定!当社はリスティング代行のみを行っている専門業者ではありません。膝を合わせたヒアリングを元に現場での声を大切にし多種多様な業種におけるクライアント様のウェブサイトを制作し長年その運用も行っています。そういった外からでは見えてこないマーケティングノウハウやクライアント様独自の強みを活かした質の高い広告とキーワードを設定します。

LPO対策

LPO(ランディングページ最適化)を図ることができる!良い広告文とキーワードやターゲット設定で効率的にホームページにユーザーを呼び込むことができてもランディング(初めに見たページ)ですぐに離脱してしまっては意味がありません。最適化する場合別の業者に頼まないといけなく2重に手間と費用がかかってしまいます。その点当社は長年のウェブサイト制作を活かしLPOについてもワンストップで対応が可能です。

企画・設計

コンバージョンを意識した広告設定やホームページの企画設計提案!広告はコンバージョン(成約)を達成することが重要です。質の高い広告とLPOによりユーザーがホームページを訪れ、2ページ目以降を見てくれてもサイト内で目的とするページを見つけることができず離脱してしまっては意味がありません。クライアント様のヒアリングを元にコンバージョンを意識した広告設定をすると共に、豊富なホームページ制作ノウハウを活かしたサイト内導線の見直しご提案も可能です。

PDCA

常に成長していく広告!レポートを元にした最適化!リスティング広告やホームページは一度作ったら終わりではありません。常に変化する情勢の中でデータを収集、改善、実行し最適化に向けて再度検証する必要があります。これらはPDCAサイクルと呼ばれ「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(検証)」「Action(改良)」を行うことで広告における費用対効果の最適化を図る必要があります。その為にも当社では広告予算を消化する毎に掲載レポートを提出させて頂き、それを元に改善や新たな施策提案をさせて頂きクライアント様と共に広告を成長させていきます。

Posted by Nakagawa

ページトップへ