非同期スニペット

無効なクリックが自動フィルタシステムをすり抜けた場合

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

無効なクリックが自動フィルタシステムをすり抜けた場合

更新日

「広告の無効なクリックと表示に対する Google の対策」では、

Google システムでは広告の無効なクリックと表示はほとんどの場合、自動的に除外され、このような操作に対して広告主に料金が請求されることはありません。

と、システムによる自動検出とスタッフによる確認で広告に対しての不正なクリックを排除してくれます。

それでもこの「システムによる自動処理」をすり抜けた場合の対処は、どうしているのでしょうか。

専門チームが特殊な各種ツールや、ユーザーの行動の追跡と監視や事例分析などの幅広い経験に基づくさまざまな技術を駆使して、無効な操作を検出します。Google では、検出システムを常に改善し、無効な操作に対して積極的に対処しております。

上記の様に「専門管理チーム」が分析しているんです。

ここがすごいですね。

ちなみに「無効なクリック」「無効なクリック率」は、キャンペーンの表示項目で項目を選択して数値を確認する事ができます。

ページトップへ

taromiki