非同期スニペット

よりセマンティックになった イタリック(i)などのhtml5 タグ 

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

よりセマンティックになった イタリック(i)などのhtml5 タグ 

更新日

HTML5では、タグ自体がセマンティックな意味を持つことになり、装飾関係は全てCSSで行うことになります。

分かりやすいように下記にまとめてみます。

元がW3Cの英文を自分なりに訳してみました。

HTML5では利用する時の用途が新たに定義されました。

i要素は、他の文章から区別する為に表記はイタリック体のテキストです。

ただし、強調や重要といった事に使いません。

使用例は、分類の名称、技術的な専門用語、他言語の慣用的フレーズ、思考、船の名などに使用します。

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/i.html

<i>
i要素を使うときには同時にclass属性を使うことが推奨されます。

一般的には下記の様に定義しています。
i {
font-style: italic; }

http://dev.w3.org/html5/markup/i.html

<b>

b要素は、重要だという事を伝えるのでなく、ただ文章内で意図的に区別するために使います。

例えば、文章内にあるキーワードやレビュー記事などに記述されている商品名です。

一般的には下記の様に定義しています。
b {
font-weight: bolder; }

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/b.html

<em>

em要素は、そのテキスト全体の強調を表します。

一般的には下記の様に定義しています。
em {
font-style: italic; }

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/em.html

<strong>

strong要素は、その文言や文章を強い重要性を表します。

ネストする事により、さらに強く重要性をしめすことも出来ます。

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/strong.html

ちなみに、bigはHTML5から廃止されました。

ページトップへ